自己破産は弁護士費用を安い価格にできても裁判所費用が必要になる

自己破産は弁護士費用を安い価格にできても裁判所費用が必要に画像

 

自己破産をする際に弁護士に手続きを依頼する人も多いです。

 

自己破産を検討している人は知っているかもしれないですが、自己破産は弁護士費用を負担して手続きすればいいという話ではないです。

 

自己破産の手続きに必要になる費用のほとんどが弁護士の費用の場合には、かなり費用は節約できる可能性がありますが、自己破産には弁護士費用以外にも実際に手続きに必要な費用がかかるんですよね。

 

自己破産の同時廃止の場合には、そこまで手続き費用の負担は大きくならないですが、管財事件の場合には弁護士費用並に手続き費用が大きくなるので注意が必要です。

 

自己破産をする際には弁護士費用と合わせて裁判所費用が必要なことをしっかりと知っておきましょう。

 

参照:自己破産の費用について

自己破産を自分で手続きすると弁護士費用を節約できるのでは?

自己破産を自分で手続きすると弁護士費用を節約画像

 

自己破産に裁判所費用と弁護士費用が必要になることを知った人の中には、それなら弁護士費用を安くするために、自分で自己破産の手続きをしようと検討する人もいます。

 

確かに自分で自己破産の手続きをすると弁護士費用を節約することができますが、正直言ってあまりオススメはしませんね。

 

自己破産の手続きって弁護士が担当したとしても、1年くらい手続きに必要な場合もあるのに、それを個人が行うことでミスせずに手続きできるのか疑問です。

 

自己破産を行う際には破産手続きと免責手続きをすることになりますが、手続きに不備があると免責許可を得ることができずに、借金を免除されないことになってしまいます。

 

それでは自己破産をする意味自体がなくなってしまうので元も子もないです。

 

また自分で自己破産の手続きをすると借金をしている債権者と自分で交渉しなくてはならないです。

 

その際に逆に債権者から訴えられたりしたらそれも自分で対応する必要があり、不測の事態に弁護士など専門家がないと対応が難しい場合も多いです。

 

自己破産を自分でやって弁護士費用を安い価格に抑えるというのは大きなメリットですが、自己破産を弁護士に依頼するメリットもあります。

 

両方のメリットを比較してどっちがいいのか検討してから決めるようにしましょう。

 

参照:自己破産を弁護士に依頼するメリット

自己破産の弁護士費用は同時廃止か管財事件かによっても違ってくる

自己破産の弁護士費用は同時廃止か管財事件かによっても違ってくる画像

 

自己破産には同時廃止管財事件の2種類の手続きがありますが、このどちからによっても弁護士費用が違ってくることが多いです。

 

自己破産には、破産手続きと免責手続きがありますが、同時廃止の場合には破産手続きについては、申請した際にすぐに終了になるので、実質的に免責手続きだけが行われることになります。

 

つまり同時廃止の場合には破産手続きの部分をショートカットできるので、その分だけ弁護士の負担も少なくなり拘束時間も短くなります

 

そのため自己破産の同時廃止の場合には弁護士費用が安くなるということです。

 

逆に管財事件は破産手続きの部分がしっかりとあるので、その分だけ弁護士の負担が大きくなる傾向になります。

 

ネット等で自己破産の費用が20万円程度の安い費用のところがあったりしますが、それは同時廃止の場合である可能性が高いです。

 

自己破産で同時廃止になるか管財事件になるかどうかは、あなたの経済状況次第で違ってくるので、あらかじめ依頼する前に弁護士に確認しておくといいかもしれないですね。

 

自己破産の費用が安い弁護士事務所を選ぶ際には、記載されている金額を鵜呑みにせずに、どういった場合にその金額になるのか確かめてから依頼することが大事になります。

 

基本的にネットなどで自己破産の費用を20万円前後の金額で記載されているような場合には、同時廃止を前提に記載していると思っていいです。

 

自己破産の弁護士費用の安い弁護士事務所どこなのか?

自己破産の弁護士費用の安い弁護士事務所画像

 

自己破産の弁護士費用については、正直言ってそこまで弁護士事務所によって大きな違いはないです。

 

自己破産の弁護士費用については、あまりに高額な場合には裁判所でその費用が認められないことになっているので、ある程度の弁護士費用の相場は決まっています。

 

参照:自己破産の弁護士費用の相場

 

自己破産では安い弁護士事務所を探せばあると思いますが、その際に注意が必要なのが、費用の総額を見て安いのかどうか判断するということです。

 

弁護士費用には、手続き費用と報酬金があり、手続き費用が安いと何となく弁護士費用が安いように錯覚することがありますが、そういった場合には報酬金が設定されている場合が多いです。

 

また同時廃止の金額なのか管財事件の金額なのかのチェックも必要です。

 

そのため相場よりも安い弁護士費用の事務所の場合には、問い合わせフォームなどから、金額が総額なのか、同時廃止の金額なのか管財事件の金額なのかどうかを確認しておいた方がいいと思います。

 

そもそも自己破産の実績が豊富な弁護士事務所の場合には、弁護士費用を値下げしなくても依頼は来るので、普通に自己破産の弁護士費用相場と変わらない額で行っています。

 

逆に自己破産の手続き経験が乏しいような弁護士事務所は依頼人を増やすために弁護士費用を安くしている傾向があります。

 

当サイトでは自己破産を含めた債務整理の実績が豊富な弁護士事務所を多数ピックアップしているので参考にしてはどうでしょうか。

 

弁護士費用は相場通りで特別安いということはないですが高くもないです。その分だけ実績が豊富で、借金問題を多数解決してきている実績もあります。

 

まずは無料相談でどれくらいの費用がかかりそうなのか相談して見てはどうでしょうか。

 

メールで気軽に質問できるフォームがあるので参考にしてください。

 

自己破産等の債務整理について無料相談

 

無料相談できる弁護士事務所一覧はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加