自己破産の費用や料金が安い弁護士事務所ランキング

自己破産の費用・料金が安い弁護士事務所をランキングにして比較しています。

 

自己破産を利用したいけど依頼費用が払えかどうか不安という場合には、下記のランキングにあるような弁護士事務所の無料相談を利用して、まずは具体的にどれくらいの料金がかかるのか話聞いてはどうでしょうか。

 

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所東京ロータス法律事務所レーダーチャート

任意整理 個人再生 自己破産
着手金:\20,000(税別)

報奨金:\20,000(税別)
減額報酬:10%(税別)
その他諸費用

着手金:\300,000

報酬金:\300,000
その他費用

着手金:\200,000

報酬金:\200,000
その他費用

おすすめポイント!

 

・全国対応で自己破産や借金相談を行っている!
・自己破産の依頼費用が安くコスパが良い!
・無料相談を匿名で住所やメールアドレスなしで使える!
・無料相談を回数制限なしで何度も利用できる!

代表弁護士 対応地域 総合評価
河原正和 第二東京弁護士会 (No.10855) 全国対応 東京ロータス法律事務所評価

 

無料相談は下記からどうぞ

 

名村法律事務所

名村法律事務所名村法律事務所評価レーダーチャート

任意整理 個人再生 自己破産
着手金:\20,000(税別)

報奨金:\20,000(税別)
減額報酬:10%(税別)

着手金:300,000円

報奨金:200,000円
諸費用:債権者数×5000円

着手金:200,000円

報奨金:200,000円
諸費用:債権者数×5000円

おすすめポイント!

 

・自己破産や借金相談を全国対応でやっている!
・代表弁護士が東大法学部卒のキャリア25年のベテラン!
・自己破産の依頼費用が安く手続きに強い!
・地方出張に対応している

代表弁護士 対応地域 総合評価
名村 泰三 登録番号第20741号 全国対応 名村法律事務所評価

 

無料相談は下記からどうぞ

 

弁護士法人アドバンス

弁護士法人アドバンス弁護士法人アドバンス評価レーダーチャート

任意整理 個人再生 自己破産
着手金:\20,000(税別)

報奨金:\20,000(税別)
減額報酬:10%(税別)

着手金:200,000円〜

報奨金:200,000円〜

着手金:200,000円〜

報奨金:200,000円〜

おすすめポイント!

 

・全国対応で自己破産や無料相談を行っている!
・月間の問い合わせ実績が500件以上の人気事務所!
・自己破産や個人再生のなど債務整理が総合的に安い!
・無料相談をチャット形式の相談フォームで何度も利用可能!

代表弁護士 対応地域 総合評価
五十部紀英 第一東京弁護士会 No.38698 全国対応 弁護士法人アドバンス評価

 

無料相談は下記からどうぞ

 

自己破産の費用・料金の相場はどれくらい?

自己破産費用料金相場

 

自己破産の弁護士や司法書士の依頼費用や料金の相場は下記のよな感じになります。

 

手続き項目 同時廃止 管財事件

弁護士

40万円〜 50万円〜

司法書士

30万円〜 40万円〜

 

簡単に自己破産の弁護士や司法書士への依頼費用相場をまとめるとこんな感じになります。

 

弁護士の方が司法書士よりも費用が高いですが、司法書士は書類作成業務までしか行ってくれず、裁判所での手続き費用はやってくれないので、単純に業務量が弁護士よりも少ないから安いのだと思っておいた方がいいです。

 

自己破産に関しては裁判所での手続き状況なども免責を得ることに影響する可能性があるので、裁判所での手続きに対応してくれる弁護士に手続きを依頼したほうがいいです。

 

また弁護士に依頼すれば少額管財事件というお得な手続き方法を利用できるというメリットもあることから、自己破産に関しては弁護士に絞って法律事務所を探してもいいと思います。

同時廃止が利用できれば自己破産費用はかなり安くなる!

自己破産の弁護士費用は同時廃止か管財事件かによっても違ってくる画像

 

自己破産には同時廃止管財事件少額管財事件の種類の手続きがありますが、このどれかによって弁護士費用が違ってきます

 

一番費用が安いのは同時廃止手続き!

 

自己破産には、破産手続きと免責手続きがありますが、同時廃止の場合には破産手続きについては、申請した際にすぐに終了になるので、実質的に免責手続きだけが行われることになります。

 

つまり同時廃止の場合には破産手続きの部分をショートカットできるので、その分だけ弁護士の負担も少なくなり拘束時間も短くなります

 

そのため自己破産の同時廃止の場合には弁護士費用が安くなるということです。

 

参照:自己破産の同時廃止とは

 

逆に管財事件は破産手続きの部分がしっかりとあるので、その分だけ弁護士の負担が大きくなる傾向になります。

 

ネット等で自己破産の費用が30万円程度の安い費用のところがあったりしますが、それは同時廃止の場合である可能性が高いです。

 

自己破産で同時廃止になるか管財事件になるかどうかは、あなたの経済状況次第で違ってくるので、あらかじめ依頼する前に弁護士に確認しておくといいかもしれないですね。

 

自己破産の費用が安い弁護士事務所を選ぶ際には、記載されている金額を鵜呑みにせずに、どういった場合にその金額になるのか確かめてから依頼することが大事になります。

 

基本的にネットなどで自己破産の費用を30万円前後の金額で記載されているような場合には、同時廃止を前提に記載していると思っていいです。

自分で自己破産手続きをすれば安い費用で抑えられるのでは?

自己破産自分で手続き安い

 

自己破産による債務整理を検討している方の中には「弁護士費用を払いたくないから自分で自己破産手続きをする」という方もいますが、単純に費用の節約のために自己破産手続きを自分でやるというのはやめておいた方がいいです。

 

自己破産の手続きって弁護士が担当したとしても、1年くらい手続きに必要な場合もあるのに、自分で手続きしてミスせずに手続きできるのかという疑問があります。

 

自己破産を行う際には破産手続きと免責手続きをすることになりますが、手続きに不備があると免責許可を得ることができずに、借金を免除されないことになってしまいます。

 

さらに弁護士に依頼せずに自己破産手続きをする場合に、同時廃止を利用できないときに、弁護士に依頼しておけば予納金が安い少額管財事件を利用できますが、弁護士に依頼してないと管財事件しか選択できずに、裁判所での予納金が高額になってしまって結局費用がかかってしまうということも珍しくないです。

 

そもそも自己破産手続きを失敗してしまうと、自己破産の代わりになる債務整理方法はないので、自分でやって失敗してしまったらどうしようもない状況に追い込まれてしまう可能性があります。

 

自己破産は借金整理の最終手段になる手続き方法で、絶対に失敗することはできないので、費用節約のために自分で手続きするということはやめておいた方がいいです。

まとめ

自己破産の弁護士費用の安い弁護士事務所画像

 

自己破産の弁護士費用については、正直言ってそこまで弁護士事務所によって大きな違いはないです。

 

自己破産の弁護士費用については、あまりに高額な場合には裁判所でその費用が認められないことになっているので、そこまで高額な料金を請求する事務所はないです。

 

自己破産では安い弁護士事務所を探せばあると思いますが、その際に注意が必要なのが、費用の総額を見て安いのかどうか判断するということです。

 

弁護士費用には、手続き費用と報酬金があり、手続き費用が安いと何となく弁護士費用が安いように錯覚することがありますが、そういった場合には報酬金が設定されている場合が多いです。

 

また同時廃止の金額なのか管財事件の金額なのかのチェックも必要です。

 

そのため相場よりも安い弁護士費用の事務所の場合には、問い合わせフォームなどから、金額が総額なのか、同時廃止の金額なのか管財事件の金額なのかどうかを確認しておいた方がいいと思います。

 

そもそも自己破産の実績が豊富な弁護士事務所の場合には、弁護士費用を値下げしなくても依頼は来るので、普通に自己破産の弁護士費用相場と変わらない額で行っています。

 

逆に自己破産の手続き経験が乏しいような弁護士事務所は依頼人を増やすために弁護士費用を安くしている傾向があります。

 

自己破産の利用を考えているなら、まずはランキングにあるような自己破産手続きに慣れていて依頼費用がリーズナブルな事務所の無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

 

手元にお金が無くても自己破産は可能です!
自己破産は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる自己破産におすすめな弁護士事務所は、自己破産の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

自己破産が得意な弁護士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

自己破産対応の弁護士の特徴から選ぶ

料金・費用が安い
分割払い後払い
電話相談無料
土日祝日相談

自己破産する理由や状況から選ぶ

カードローン
クレジットカード
無職退職
母子家庭
ギャンブル
株取引FX
不動産投資
闇金
奨学金
慰謝料養育費
サラ金・消費者金融
家賃滞納
自動車ローン
教育ローン
医療費
病気・ケガ
税金・社会保険料
公共料金・水道光熱費
損害賠償金
ゲーム課金