サラ金(消費者金融)からの借金は自己破産できる?

サラ金(消費者金融)自己破産

 

サラ金(消費者金融)からの借金というのは、借金では一番よくある借入先なので、自己破産によって借金返済の負担を軽くすることができます。

 

というかサラ金(消費者金融)からの借金は自己破産による借金整理の対象として一番多いのではないかという借金の借入先なのではないかと思います。

 

サラ金(消費者金融)からはある意味では一番手軽に借金できる借入先でなので、複数の借入先から借金があるようなケースでは、ほぼ間違いなく借入先の一つとして含まれていることが多い借入先です。

 

自己破産に関しては借入先よりも、何に利用したかによって自己破産できるかどうかが影響されるので、サラ金からお金を借りたという理由で自己破産できないということはないので安心してもらっていいです。

 

サラ金(消費者金融)からの借金を自己破産するメリット

サラ金(消費者金融)自己破産メリット

 

サラ金(消費者金融)からの借金を自己破産するとどのようなメリットがあるのかまとめています。

 

自己破産を利用することによるメリットは自己破産する理由にもつながる重要な情報なので、最低でも自己破産するとどようなことが起こるのかということは正確に把握しておくといいと思います。

 

サラ金(消費者金融)からの借金を自己破産するメリット
  • 借金返済の義務がなくなる!
  • 借金の取り立てがなくなる
  • 新しい生活をスタートできる

 

借金返済の義務がなくなる!

 

自己破産する一番のメリットは借金返済の義務がなくなって、事実上借金がゼロになるということです。借金返済で困っていて自己破産を検討している方からすると、借金がなくなる以上のメリットは存在しないと思います。

 

他の債務整理方法と比較しても、借金返済の義務がなくなるという債務整理方法はこの自己破産だけです。

 

どんなに莫大な借金があっても、自己破産手続きで裁判所から免責が認められれば借金返済の必要がなくなるので、借金額が大きくて返済することができないという場合には最終手段とも言える手続き方法だと思います。

 

借金の取り立てがなくなる

 

自己破産に限ったことではなく、債務整理手続きに共通するメリットですが、自己破産などの債務整理手続きを弁護士や司法書士に依頼すると、弁護士や司法書士から受任通知が発送されて、借金の取立てがストップします。

 

これまで借金を滞納していて、サラ金(消費者金融)などから借金の取立てや資産の差し押さえなどの通知が来ていたとしても、自己破産を依頼することによって、そういった取り立てがストップします。

 

手続きを弁護士や司法書士に依頼すれば、今後は窓口が弁護士や司法書士になるので借金の取立てに悩まされることなく、精神的に安定した生活を取り戻すことができます。

 

新しい生活をスタートできる

 

自己破産を利用すればそれまでの借金を全て清算することができるので、借金返済の負担で困っていた生活から脱出して新しい生活をすることができます。

 

借金返済で悩んでいた生活から離れて新しい生活をすることができるので、何かのきっかけで新しい生活の区切りをつけたい時に自己破産するという選択をする方もいます。

 

返済する見込みがない借金を抱えているなら、そのままにしていても先が見えない返済を続けるだけなので、借金のない新しい生活のために自己破産を検討する価値は十分にあると思います。

サラ金(消費者金融)からの借金を自己破産するデメリット

サラ金(消費者金融)自己破産デメリット

 

サラ金(消費者金融)からの借金を自己破産すれば、借金返済の義務がなくなるので借金がゼロになりますが、これだけ都合のいい手続き方法が何のデメリットもなく利用できるわけはないです。

 

そのため自己破産する場合にはしっかりとデメリットも把握してから手続きするようにしましょう。後でデメリットを知ったとしても手続き後では意味がないので、あらかじめデメリットは把握しておくことが大事です。

 

サラ金(消費者金融)からの借金を自己破産するデメリット
  • 信用情報がブラックリストに登録
  • 連帯保証人に迷惑がかかる
  • 一定期間職業制限を受ける
  • 自動車や持ち家などの資産が没収

 

信用情報がブラックリストに登録

 

サラ金(消費者金融)からの借金を自己破産など債務整理手続きで整理すると、信用情報がブラックリストに登録されてしまい、クレジットカードが利用できなくなったり借金できなくなったりローンが組めなくなるなどのデメリットが生じます。

 

サラ金などの金融業者は信用情報機関という、借金の情報を共有している情報機関を利用して共有しており、自己破産などの債務整理をすると、その共有している情報に自己破産したことが載せられてしまい、他の金融業者にも自己破産したことが知られてしまいます。

 

自己破産したことが知られると、当然ですがお金の信用がないので、カードやローンなどが利用できなくなってしまいます。

 

自己破産の場合は5年から10年くらいは信用情報がブラックリストに登録された状況になると思ったほうがいいです。

 

参照:自己破産の信用情報について

 

連帯保証人に迷惑がかかる

 

サラ金(消費者金融)からの借金でもしも連帯保証人が設定されているような借金があった場合には、自己破産することによって、連帯保証人に借金の取立てが移ることになってしまいます。

 

そのためサラ金(消費者金融)からの借金で連帯保証人が設定されているようなものがあるようなら、自己破産する前に事前に話をしておくといいと思います。

 

自己破産は対象にする借金をこちらで選ぶことはできないので、自己破産したら自動的にすべての借金が自己破産対象になってしまいます。

 

もし連帯保証人に迷惑をかけたくないなら、事前に相談して「連帯保証人が設定されている借金に関しては自分が代わりに払う」などの対策を考えておくといいと思います。

 

一定期間職業制限を受ける

 

自己破産の場合は他の債務整理方法とは違い、裁判所から免責が出るまで一定期間だけ就くことができない職業があります。

 

具体的には税理士や弁護士、司法書士などの士業や警備員など特定の職業に限定されます。自己破産すると、免責が出るまでの数か月間はこれらの仕事をすることができないので、仕事に影響が出る可能性があります。

 

とはいっても制限があるのは自己破産手続き中の数か月の間だけなので、そこまで長期間影響を受けるというわけでもないです。

 

具体的にどのような職業が影響を受けるかということについては下記を参考にしてください。

 

参照:自己破産の職業制限

 

自動車や持ち家などの資産が没収

 

自己破産すると自動車や持ち家などの高額資産が没収されるというデメリットがあります。

 

他の債務整理方法だと、ローンなどを完済しているような状況なら資産を没収されることはないですが、自己破産の場合は借金が全て免責されるということで、高額資産は債権者への配当になります。

 

まあ、借金が帳消しになるのだから資産が没収されるのは仕方のないことだと思います。むしろ高額資産をそのままにして自己破産可能だと悪用する人も出てきそうですしね。

 

ただ自己破産する方の多くは借金返済ができない状況に追い込まれて自己破産するケースが多いので、高額資産がないという場合の方が多く、資産がない方からするとまったく意味のないデメリットになります。

サラ金(消費者金融)からの借金で自己破産しても借金がなくならないケース

自己破産しても借金がなくならない

 

自己破産の手続きをすれば100%借金がなくなるというわけではないです。自己破産して借金がなくなるのは裁判所で免責が認められたらです。

 

つまり自己破産しても裁判所から免責が認められなかったらそのまま借金残ってしまい、自己破産は意味のない手続きになってしまうということです。

 

では具体的のどようなケースで自己破産手続きで裁判所から免責が認められないのでしょうか?

 

自己破産しても借金がなくならないケースとは
  • 借金理由がギャンブルや浪費・投資の場合
  • 自己破産手続きで問題があった場合
  • 自己破産してから7年以内の場合

 

借金理由がギャンブルや浪費・投資の場合

 

自己破産には免責不許可事由というものがあり、自己破産しても免責が認められない要件がいくつかあります。

 

その中に借金理由として、ギャンブルや浪費、投資による借金は免責不許可事由に該当するので自己破産しても借金がなくならない可能性があります。

 

確かに生活苦などによるやむにやまれぬ借金事情なら自己破産を認めてあげたくなりますが、借金理由がギャンブルや浪費、投資などの自業自得による理由の場合は、国の制度で借金を整理することに疑問を感じる方もいると思います。

 

ただ借金理由がギャンブルや浪費、投資という理由だったとしても必ずしも自己破産が認められないわけではないです。裁判所の判断で裁量免責ということで自己破産が認められることも多いです。

 

自己破産が認められるかは自己破産に慣れている弁護士に相談して判断を仰ぐのが一番確実です。まずは専門家に相談して自己破産可能か話を聞いてみましょう。

 

参照:自己破産の免責不許可事由と裁量免責

 

自己破産手続きで問題があった場合

 

自己破産の手続きで資産を隠したり破産管財人に協力しなかったりなどの、手続き上で問題があった場合にも自己破産で免責が認められない可能性があります。

 

借金を免責してもらうのだからしっかりと隠し事はせずに、資産調査にも協力しなさいということでしょうかね。まあ、手続きで資産を隠したり誤魔化しがあったとしたら、免責が認められないのは当然ですよね。

 

とはいっても自己破産に慣れている弁護士に手続きを依頼すれば手続き上で何か問題が発生することはないので、このことが理由で自己破産で免責が得られななくなるということはあまり多くないと思います。

 

自己破産してから7年以内の場合

 

前回自己破産してから7年経過してない状況だと免責不許可事由に該当することになるので、場合によっては自己破産で免責が認められない可能性があります。

 

7年以上経過していれば免責不許可事由にはならないですが、7年以内という短い期間に何度も自己破産するようなケースだと、2度目の自己破産の判断は厳しくなると思ったほうがいいです。

 

特にギャンブルや浪費、投資などによる借金理由の場合だと、免責不許可事由が2つも該当することになるので、さらに裁判所から免責を得ることが難しくなります。

サラ金(消費者金融)からの借金と闇金からの借金は違う!

サラ金闇金自己破産

 

サラ金(消費者金融)からの借金をする際に、間違って闇金から借金をしてしまうようなケースがあります。

 

街金からお金を借りる際に、サラ金(消費者金融)だと思って借りたら実は闇金だったというケースはあり、闇金は昔のような「The 闇金」というような怪しい雰囲気ではなく、ソフト闇金と呼ばれるような物腰が柔らかい人が担当するようなところが増えてきています。

 

そのため一見するとサラ金(消費者金融)と闇金が見分けがつかないということもあり、間違って闇金からお金を借りてしまうことがあります。

 

では自己破産する場合に闇金からお金を借りていたら何か問題があるのでしょうか?

 

闇金からの借金は自己破産できない?

 

闇金からの借金の厄介なところは、自己破産を含めた債務整理手続きの効果を期待できないということです。

 

法的には自己破産すれば借金返済義務はないのですが、そもそも闇金には最初から返済義務はないです。それでも返済してしまうのは借金の取立てがエグイからです。

 

自己破産しても闇金からの借金の取立てはなくならないので、結果的に闇金では自己破産は期待できないということになります。

 

参照:闇金の自己破産

 

サラ金からの借金は自己破産で解決することができますが、闇金からの借金が混じっている場合には、別途で闇金からの借金対応のために弁護者や司法書士に相談する必要があるので若干面倒です。

 

とはいっても解決できないことはないので堅実に対処していくようにしましょう。

まとめ

サラ金(消費者金融)自己破産まとめ

 

サラ金(消費者金融)からの借金は問題なく自己破産することができ、自己破産することによって借金返済を免除してもらって事実上借金をゼロにすることができます。

 

ただ借金理由がギャンブルや浪費、投資などのような理由の場合には自己破産したとしても免責不許可事由に該当してしまって、裁判所から免責を得られない可能性があります。

 

自己破産は手続きすば必ず借金がゼロになるというわけではなく、裁判所から免責を得ることができてようやく借金返済の義務がなくなります。

 

そのため自己破産をする場合には、できるだけ自己破産の手続き経験が豊富な弁護士に手続きを依頼することが重要になってきます。

 

依頼費用が安いということで、手続き経験が浅い弁護士に依頼して、裁判所から免責を得られなかったら最悪なので、とにかく免責を得られるくらい経験豊富な弁護士に相談することが重要です。

 

当サイトでは都道府県別に自己破産に強い弁護士をランキングにしてまとめているので、まずは無料相談を利用して気軽に話を聞いてみてください。

 

手元にお金が無くても自己破産は可能です!
自己破産は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる自己破産におすすめな弁護士事務所は、自己破産の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。
自己破産が得意な弁護士を探す!

都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

自己破産対応の弁護士の特徴から選ぶ

料金・費用が安い
分割払い後払い
電話相談無料
土日祝日相談

自己破産する理由や状況から選ぶ

カードローン
クレジットカード
無職退職
母子家庭
ギャンブル
株取引FX
不動産投資
闇金
奨学金
慰謝料養育費
サラ金・消費者金融
家賃滞納
自動車ローン
教育ローン
医療費
病気・ケガ
税金・社会保険料
公共料金・水道光熱費