自己破産した親がいる場合でも子供は奨学金を借りれるのか?

親自己破産奨学金

 

自己破産すると本人はもちろんですが、家族の生活にも少なからず影響を与えることがあります。

 

そのため親が自己破産している場合に、子供が奨学金を借りれるのか不安に感じる人は多いと思います。

 

 

親の立場からすると自分の自己破産の影響で、子供が奨学金を借りることができなくて大学に行けないというのはつらいものです。

 

しかし親が自己破産したとしても子供は奨学金を借りることができます

 

親の自己破産は子供の奨学金に影響しない

 

基本的に親の自己破産は子供の奨学金に影響はないと思っていいです。

 

そもそも奨学金を借りるのは、自己破産をした親ではなく子ども自身なので親の自己破産はまったく関係ないということです。

 

ただ親の自己破産が奨学金を借りるのに、まったく影響がないかということそうでもないです。

 

奨学金を得るためには審査があるのは知っていると思いますが、その審査の条件を満たす場合に、親の自己破産が障害になる可能性があります。

自己破産した親は連帯保証人や保証人になれない

親自己破産奨学金連帯保証人

 

自己破産すると金融機関などが共有している信用情報のデータベースにブラックリストとして登録されてしまいます。

 

ブラックリストに掲載されるとクレジットカードを作れなかったり、ローンを組むことができなくなるデメリットが生じます。

 

奨学金を借りる審査では、返済できないことを想定して連帯保証人や保証人を求めることになっていますが、自己破産している親は連帯保証人にや保証人になることはできないです。

 

奨学金を所管している独立行政法人日本学生支援機構は審査の際に信用情報のデータベースを確認しているので、連帯保証人や保証人に自己破産者がいると審査に通らないようになっています。

 

では親が自己破産している子供はどのように連帯保証人や保証人を選べばいいのでしょうか?

 

自己破産した以外の親族に連帯保証人や保証人を頼む

 

父親が自己破産しているようなケースの場合だと、連帯保証人は母親に頼んで、保証人は親族に頼むというのが一般的だと思っていいと思います。

 

父親が自己破産している場合だと、父親は連帯保証人や保証人にはなれないですが、配偶者である母親いは影響はないので、とりあえずはこういった形で申し込んでみるといいと思います。

 

基本的には頼れる親族がいれば、そういった人たちに保証人を頼んで、連帯保証人は自己破産してない方の親がなるのが一般的です。

 

連帯保証人と保証人の違いとは?

 

連帯保証人と保証人という言葉が出てきていますが、そもそも連帯保証人と保証人でどのような違いがあるのかよくわからないという人もいるのではないでしょうか。

 

連帯保証人は奨学金を借りた本人が返済できない場合に、代わりに返済義務を負う人のことをいいます。

 

保証人は返済請求について「債務者に請求してください」と求めることができ、連帯保証人よりも責任は軽いです。

 

つまり返済義務の順位としては、1位は本人、2位は連帯保証人、3位は保証人ということにあります。

 

保証人は本人と連帯保証人が支払えない場合に請求が来る可能性がありますが、そうでない場合にはこれといった影響はないです。

奨学金の連帯保証人や保証人が見つからないなら機関保障を利用しよう!

奨学金機関保証

 

奨学金を借りる際に、両親共に自己破産していたり、親族が極端に少ないような場合だと、連帯保証人や保証人が見つからないということは普通にありえることです。

 

奨学金の連帯保証人や保証人は親や親族でないといけないという決まりはないですが、近年は奨学金返済で自己破産する若者が増えているというニュースもあるので、他人に連帯保証人や保証人を依頼してもなかなか受けてくれることはないと思います。

 

しかし連帯保証人や保証人が見つからないと奨学金の審査は通りません。そこで利用するのが機関保障になります。

 

奨学金の機関保障とは?

 

奨学金の連帯保証人や保証人が見つからない場合には機関保障を利用するのが一般的です。

 

機関保障は保証機関を利用して奨学金を申し込むという制度になっており、保証料を支払うことによって保証機関が連帯保証人になってくれるというものです。

 

機関保障を利用すれば、連帯保証人や保証人が必要ないのはもちろんですが、仮に奨学金が払えないくて自己破産した場合には親や親戚に迷惑をかけることもないというメリットがあります。

 

ただ毎月の奨学金から保証金が差し引かれるので少し奨学金が少なくなるというデメリットがあります。

 

このように奨学金の連帯保証人や保証人については親や親族が無理な場合でも機関保証を利用すれば審査を通すことができるので、検討してみるといいです。

奨学金の自己破産の相談は弁護士を利用しよう!

奨学金自己破産弁護士

 

奨学金は親が自己破産していても借りることはできますが、実際に奨学金を借りて卒業した後に返済できるかどうか不安に感じている人は多いのではないでしょうか。

 

近年では奨学金が返済できなくて自己破産する若者が多いというのはニュースにもなっているので、奨学金を検討している学生からしたら不安材料の一つだと思います。

 

ただ自己破産をすると連帯保証人や保証人に迷惑がかかるので、それを心配して、生活が苦しいのに自己破産できなくて困っている人も多いです。

 

こういった現実があることをあらかじめ知っておくと対処方法を考えておくことも大事だと思います。

 

親や親族に迷惑かけないようにあえて機関保証を利用する

 

機関保証を利用すれば自己破産した際に、親や親族に迷惑をかけずに奨学金による借金を整理することができます。

 

まあ、これは万が一自己破産するようなことがあったらという予防策ではありますが、終身雇用が崩れた現在では自己防衛の一つの手段かもしれないですね。

 

とは言ってもこれは私が勝手に思っていることで、別に推奨しているわけではないので誤解しないようにしてください。

 

もし奨学金を払えなくなってしまった場合には、弁護士等の専門家による無料相談を利用するといいです。

 

奨学金が払えないという人は悩んでないで、弁護士に返済方法がないかどうか無料相談を利用して現状を話してみるといいです。

 

奨学金返済ができないなら無料相談

 

奨学金返済問題対応の弁護士事務所の無料相談はこちらから