自己破産相談窓口簡単検索!リセット
詳細検索

日本法規情報はどんなサービス?

日本法規情報

対応エリア 全国対応
営業時間 24時間365日対応
サービス内容 借金問題の相談サポートサービス
運営会社 日本法規情報
評価 日本法規情報評価

 

日本法規情報やじるし

 

 

日本法規情報は弁護士事務所や司法書士事務所と個人を結ぶようなサービスをしており、地元にある法律事務所を入力した条件に従ってピックアップして教えてくれるというサービスをやっています。

 

つまり住んでいる地元の自己破産などの借金整理手続きに対応している法律事務所を教えてくれるということです。

 

そのため日本法規情報は弁護士事務所や司法書士事務所ではないです。法律事務所ではないので、法律相談や自己破産手続きはやってないので注意しましょう。

 

ではそんな日本法規情報を利用して自己破産を検討する場合に、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

日本法規情報で自己破産する4つのメリット

日本法規情報自己破産メリット

 

日本法規情報を利用して自己破産手続きを考える場合に、どのようなメリットを考えることができるのでしょうか。

 

下記で日本法規情報を通して自己破産するメリットとデメリットについて4つにまとめて記載したのでよかったら参考にしてください。

 

日本法規情報で自己破産する4つのメリット
  • 住んでいる地元の法律事務所を絞り込める
  • 1000以上の法律事務所とネットワークがある
  • 完全無料でサービスを利用できる
  • 24時間365日対応している

 

住んでいる地元の法律事務所を絞り込める

 

自己破産する場合には、弁護士事務所や司法書士事務所に手続きを依頼するのが普通で、その前に無料相談などを利用して、自己破産可能なのかということや、現在の収入状況や借金状況から自己破産することが適切なのかなどの詳しい話をします。

 

その場合、人によってはできるだけ近場の法律事務所を利用したいという方もいます。ただ日本人は普段から法律事務所を利用する機会は多くないので、地元にどんな弁護士事務所があり、その事務所が自己破産に対応しているのかわからないという方も多いです。

 

そこで日本法規情報のようなサービスを利用すれば、住んでいる近所にある自己破産に対応している法律事務所をピックアップしてくれるので探す手間が省けます。

 

また複数の事務所をピックアップしてくれるので、自己破産の利用料金などを比較して選ぶこともできます

 

1000以上の法律事務所とネットワークがある

 

日本法規情報は1000以上の法律事務所とネットワークがあるので、特定の地域でしかサービスが利用できないという事はないです。

 

弁護士事務所や司法書士事務所を絞り込むサービスがあったとしても、登録されている事務所が少なかったら意味がないですからね。

 

そういった意味では、1000を超える事務所と提携しているのであれば、地域依存することもないので安心して利用することができます。

 

「自己破産を考えているけど、どこに相談したらいいのかわからない」というような場合には相談を検討してはどうでしょうか。

 

完全無料でサービスを利用できる

 

日本法規情報のサービスは完全無料で利用することができるので「お金が無い」ということで利用できないことはないです。

 

日本法規情報のサービスは自己破産の法律相談や手続きが可能な弁護士や司法書士の絞り込みなので、そこから料金が発生するという心配はないです。

 

自己破産するくらい借金問題で追い詰められている状況なら、こういった無料で利用できるサービスは徹底的に活用したほうがいいと思います。

 

24時間365日対応している

 

日本法規情報のサービスは24時間365日対応しているので、時間や場所を選ばずに気軽に利用することができます。

 

仕事終わりの夜遅い時間でも、土日でも気軽に利用することができるので、空いている時間に地元にどんな法律事務所があるのかチェックするといいと思います。

 

日本法規情報のサービスはメールフォームからでも直接電話からでも利用することができます

 

急いでいるなら電話を利用するといいですし、急いでないならメールフォームを利用して、じっくりとピックアップされた弁護士や司法書士を比較するといいと思います。

日本法規情報で自己破産するデメリット

日本法規情報自己破産デメリット

 

日本法規情報を利用して自己破産する場合にデメリットはあるのでしょうか?

 

あくまでも私の感想ですが、日本法規情報のサービスを利用することによる大きなデメリットはないように感じます。

 

そもそも日本法規情報では法律相談や自己破産手続きをやっているわけではなく、個人と法律事務所の橋渡し的な役割を行っているだけなので、大きなデメリットが発生する余地はないです。

 

また利用料金は完全無料ということもあり、経済的なデメリットも全くないことから、利用しないことが損という感じがします。

 

しかし借金の滞納が続いていて、資産や給料の差し押さえが迫っているような切迫したような状況の場合だと、法律事務所を比較している余裕がないかと思うので、すぐに弁護士事務所に相談する必要がある場合は利用する余裕がないかもしれないですね。

日本法規情報の利用料金

日本法規情報自己破産利用料金

 

日本法規情報のサービスの利用料金は完全無料です。ただ自己破産手続き自体には料金がかかるので、法律事務所選びでは料金も焦点になってくると思います。

 

日本法規情報のサービスでは複数の法律事務所を比較することができるので、その中から自分に合っていると思った法律事務所の無料相談を利用して、そこから自己破産手続きを依頼していくという流れになると思います。

 

自己破産を利用して裁判所が免責を認めれば借金問題が一気に解決しますが、しっかりと裁判所から免責を受けるためには自己破産に慣れている弁護士に相談する必要があります。

 

自分で法律事務所を探すよりは、無料で利用できる日本法規情報のような法律相談サポートのサービスを利用するのが便利だと思います。

まとめ

日本法規情報自己破産まとめ

 

日本法規情報は弁護士事務所や法律事務所ではないですが、自己破産に対応している法律事務所を絞り込めるという意味では、自己破産を検討している場合には一番最初に利用すべきサービスと言えると思います。

 

日本法規情報は自己破産などの借金問題解決だけなく、相続や離婚などの案件でも同様の法律事務所の絞り込みサービスをやっているので、こうしたサービスに関して実績があります。

 

自己破産をする際に法律事務所選びは一番最初に行うべきことなので、もし地元で自己破産に対応している法律事務所を探している場合には利用する価値は十分にあると思います。

 

利用料金も無料なので損することもないです。下記の公式サイトからメールフォームや電話でサービスを利用することができるので気軽に利用してみてください。

 

日本法規情報やじるし

 

自己破産対応の弁護士の特徴から選ぶ

料金・費用が安い
分割払い後払い
電話相談無料
土日祝日相談

自己破産する理由や状況から選ぶ

カードローン
クレジットカード
無職退職
母子家庭
ギャンブル
株取引FX
不動産投資
闇金
奨学金
慰謝料養育費
サラ金・消費者金融
家賃滞納
自動車ローン
教育ローン
医療費
病気・ケガ
税金・社会保険料
公共料金・水道光熱費
損害賠償金
ゲーム課金

借入先から選ぶ

プロミス
アコム
レイクアルサ
アイフル
SMBCモビット
ジェイスコア