自己破産とは?わかりやすく解説!

自己破産とは

 

自己破産はテレビドラマなどで題材になったりすることから、名前くらいは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

自己破産は簡単に言ってしまうと「借金返済の義務を免除してもらう」という債務整理方法になります。

 

 

自己破産は債務整理方法の中の手続きの一つで、債務整理には他に「過払い金返還請求」「任意整理」「個人再生」という債務整理方法があります。

 

自己破産は借金が実質0円になる唯一の債務整理方法

 

自己破産以外にも、過払い金返還請求や任意整理、個人再生という債務整理方法はありますが、借金額が実質0円になる債務整理方法は自己破産だけです。

 

他の債務整理方法は借金の負担は軽くなりますが、借金が全て0円にするということはできないので、債務整理の中では自己破産が一番強力な手続き方法になります。

 

自己破産は裁判所で手続きを行う方法で、借金で困っている人のために国が用意した制度になります。そのため合法的に借金も免除してもらえるという嘘みたいな手続き方法になります。

 

そのため無職の人や生活保護者でも申請することができ、収入が全くない状況でも問題なく手続きすることができます。

自己破産の手続きの流れ

自己破産の手続きの流れ

 

自己破産の手続きの流れをわかりやすく図で説明すると上記のような感じになります。

 

自己破産を利用する場合には最初に債務整理手続きに対応している弁護士事務所や司法書士事務所の無料相談を利用することになります。

 

そこで自己破産に関する詳しい説明を受けてから手続きをするのか判断して、手続きを進める場合にはその法律事務所に自己破産手続きを依頼することになります。

 

法律事務所側は自己破産の依頼を受任すると、消費者金融などの債権者に受任通知を発送します。これ以後は借金問題に法律事務所が介入したといことになり、借金の取立や返済はストップすることになります。

 

そして債権者から取引履歴などの詳しい資料を取り寄せて、法定利息の引き直し計算を行ったり、自己破産の申し立てに必要な書類を準備することになります。基本的に申立に必要な書類は弁護士で用意してくれるので、当人は資料に必要なことを書くだけです。

 

申立資料ができたら自宅を所管している地方裁判所に申立て書類を出して、自己破産の申立てを行います。

 

破産手続きが開始されると同時廃止か管財事件になるかという自己破産の手続き方法が決まります。

 

その後、裁判所で破産審尋という裁判官から自己破産に至った事情などの質問を受けることになります。緊張すると思いますが、書類に沿った内容について質問されるだけなのでそこまで心配する必要はないです。また弁護士に依頼している場合は同席してくれます

 

そして裁判所から免責許可が決定されると、借金問題から解放されることになります。

 

簡単に手続きの流れを説明することこんな感じになります。

 

基本的に依頼者が行うことで一番重要なことは最初の無料相談の部分くらいだと思います。あとは弁護士や司法書士主導で手続きを進めてくれるので問題ないです。

 

自己破産の手続きに必要な期間とは?

自己破産手続き期間

 

自己破産を利用する場合にどれくらい手続きに期間が必要なのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

自己破産は裁判所で行う債務整理方法ということもあり、簡単に手続きが終わるというものでもなく、その人の借金状況や資産状況などによっても手続きに必要な期間は違ってきます。

 

具体的には同時廃止になるか管財事件になるかによっても大きく手続き期間に影響が出てきます。

 

同時廃止だと早いが管財事件だと時間がかかる

 

自己破産には同時廃止と管財事件という手続き方法があり、自己破産をする場合は資産を清算する必要があるので破産管財人による調査が必要になってきます。

 

しかし資産がないことが最初から分かっている人の場合はその調査が不要といういことで手続きを一部省略した同時廃止という手続きを利用することができます。

 

 

同時廃止だと資産調査の手間が省けるので、その分だけ時間がかからず、手続きを早く終えることができます。それでも半年くらいは手続きに必要だと思っておくといいです。

 

管財事件の場合は資産調査に時間がかかるような場合は1年くらい手続きに時間が必要になる可能性があります。

 

とは言っても手続き期間中は借金返済の必要はないので焦らずに借金の免責を得られるのを待ちましょう。

 

自己破産を検討しているなら無料相談で専門家に話を聞こう!

自己破産無料相談専門家

 

自己破産についてわかりやすく解説しましたが、あくまでも簡単に自己破産の概要について説明しただけに過ぎないです。

 

自己破産は非常に複雑な債務整理方法で手続き完了までに時間がかかるということもあり、しっかりと事前に依頼を検討している弁護士事務所や司法書士事務所の無料相談で説明を受けることは重要です。

 

自己破産に関しては弁護士でも司法書士事務所でも手続きを依頼することができますが、個人的には弁護士事務所に手続きを依頼したほうがいいと考えます。

 

弁護士なら申立てを含めて、破産審尋でも同席してくれたりして裁判所での手続きのほとんどを依頼することができますが、司法書士の場合は、弁護士と違って裁判所では依頼人の代理人になることはできないです。

 

つまり司法書士の場合は書類作成業務までしか担当することができず、実質的に裁判所での手続きは自分で行うことになります。

 

自己破産のような一生を左右するな手続き方法の裁判所での手続きを素人が行うのはリスキーだと私は考えます。そのため個人的には弁護士を中心に自己破産を検討するといいと思います。

 

弁護士なら裁判所での手続きにも精通しているので、無料相談でも詳しい手続き内容について話を聞くことができ参考になると思います。

 

当サイトでは全国対応で自己破産手続きを行っており無料相談も行っている弁護士事務所をランキング形式でピックアップしているので、相談先で悩んでいるなら参考にしてください。

 

都道府県別の自己破産対応法律事務所ランキング
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

自己破産とは?個人の自己破産をわかりやすく解説記事一覧

自己破産は裁判所から免責が決定されると、借金を返済する必要がないので最強の債務整理方法と言われているのですが、この「借金返済の必要がない」というメリットがクローズアップされて、意外とデメリットを理解してない人が多いんですよね。また自己破産についてのデメリットには、デマのような噂が流れたりして意外と正確に理解してない人が多いです。特に自己破産のデメリットを知らずに債務整理して、あとで「やっぱりやめて...

自己破産とはどのようなものなのかを説明する際に避けては通れないのが、自己破産には2種類の方法があるということです。それが「管財事件」と「同時廃止」という手続き方法になります。自己破産をすると資産があったらそれを処分する必要があるということは知っている人も多いと思います。そのため清算する必要がある資産があるのかどうか、またある場合にはその資産は処分する必要があるのかどうかを調査する必要があります。ま...

自己破産には管財事件と同時廃止がありますが、多くの人の場合には同時廃止で手続きが進むことになります。自己破産をする際には、管財事件の場合だと破産管財人がついて手続きが複雑化して面倒になりますが、同時廃止の場合は面倒な破産管財人よる手続きが省略されるのでスムーズに手続きが進みます。自己破産の管財事件と同時廃止の特徴自己破産の手続き方法は資産状況によって管財事件と同時廃止に別れます。それは破産管財人が...

自己破産には管財事件と同時廃止がありますが、どちらも裁判所への破産申立までは申請方法が同じで、そこから申請方法が異なってきます。自己破産をする際の申請方法で誤解している人が多いのですが、いきなり裁判所に行って「自己破産したのですが」と言っても、そこで破産の申し立てができるわけではないので注意しましょう。裁判所に自己破産の申立をするためには色々な流れや手順があります。まずは管財事件や同時廃止でも共通...

自己破産には同時廃止と管財事件がありますが、ここでは同時廃止の手続きの流れについて説明していきます。ちなみに自己破産の同時廃止と管財事件の違いはこちらを参考にしてください。自己破産を行う際には裁判所に破産申立書や、それに必要な資料などを裁判所に提出するところから本格的に手続きが開始されます。この破産申請をする際には「破産手続きの申立」と「免責許可の申立」を一緒に行うことになります。破産手続きの申立...

自己破産などを含めた債務整理の場合には弁護士と司法書士のどちらにも手続きを依頼することができますが、このどちらかによって手続きの内容やスピードに大きな違いがでてくるので注意が必要です。何となく適当に自己破産の手続きを弁護士や司法書士に依頼すると後で後悔することになるかもしれないです。債務整理などを含めた自己破産の場合には何となく弁護士に依頼するというイメージを持っている人も多いですが、実際には司法...

自己破産の手続きには同時廃止と管財事件があるというのは当サイトでも説明していますが、管財事件の中には少額管財事件という手続き方法も選択することができる場合があります。参照:自己破産の同時廃止と管財事件の違い自己破産って昔は同時廃止と管財事件という手続き方法しかなくて、管財事件になると最低でも50万円の予納金を裁判所に納める必要があったので、手続きするのにかなりハードルが高かったんですよね。そもそも...