個人再生するなら依頼費用相場と手続き期間は確認しよう!

個人再生依頼費用手続き期間

 

個人再生を利用する際には依頼費用と手続きに必要な期間が気になる方は多いと思います。特に依頼費用がどのくらいになるのかは非常に重要で、借金問題を抱えている状況だと、できるだけ安く手続きしたいと思うのは当然のことだと思います。

 

個人再生は裁判所で手続きする債務整理方法で、再生計画案を債権者に承認してもらうことで、その再生計画案に沿った返済を行っていくという債務整理方法になります。借金を元本から大幅に減額することができるので、任意整理や特定調停では完済しきれない方が利用したりします。

 

また自己破産のように借金理由が問われない債務整理方法なので、自己破産を利用したくても借金理由などが原因で利用することができない方が、代わりに個人再生を利用することもあります。

 

そんな任意整理・特定調停と自己破産の中間のような個人再生について依頼費用と手続き期間についてわかりやすく解説しようと思います。

 

個人再生の依頼費用の相場

個人再生の依頼費用の相場
  • 住宅ローン特則あり:60万円〜70万円
  • 住宅ローン特則なし:50万円〜60万円

 

個人再生の依頼費用の相場は上記のような感じなのではないかと思います。上記の数字はあくまでも私が感じた相場観によるものだということを理解しておいてください。

 

個人再生には住宅ローン特則という、住宅ローンを残して持ち家に住みながら借金を大幅に減らせる仕組みがあります。住宅ローン特則を利用するとプラス10万円くらいかかると思っておくといいです。

 

また個人再生は弁護士事務所・司法書士事務所で依頼費用が違ってきますが、上記は弁護士事務所による依頼費用の相場を載せています。司法書士だと上記の相場から10万円から15万円くらいは安くなると思っておくといいです。

 

つまり依頼費用なら司法書士の方が弁護士よりも安いのですが、裁判所に支払う手続費用は司法書士の方が圧倒的に高いです。司法書士に依頼すると個人再生委員という専門家をつけられることになり、この人達の報酬はこちらで支払うことになります。

 

東京地裁だと弁護士に依頼したケースだと15万円、司法書士だと25万円支払うことになります。その他の地裁では弁護士なら個人再生委員の選任はないので報酬の支払いは必要ないです。司法書士の場合は20万円程度の報酬を支払うことになります。

 

依頼費用と裁判所への手続費用を加味すると、合計費用で弁護士の方が司法書士よりも安くなることがあり、さらに弁護士なら裁判所での手続きも任せられることから、明らかに弁護士の方が有利なため、司法書士は候補から除外してもいいと思います。

個人再生の手続き期間の目安

個人再生手続き期間目安

 

個人再生の手続き期間については、裁判所のスケジュールや依頼した弁護士や司法書士の手腕によっても違ってきますが、大体6ヶ月くらいが手続き期間の目安になってくるのではないかと思います。

 

基本的な手続きの流れは、弁護士・司法書士への相談から手続きの申立を行い、手続きを開始することになります。そして再生計画案を制作してそれを債務者に認可してもらって手続完了させるという感じになります。

 

東京地裁などの大都市で案件が多いような裁判所で手続きすることになると混み具合によって手続き期間が長くなる可能性もあります。このあたりは依頼する弁護士や司法書士に確認しておくといいかと思います。

 

手続きを依頼してから半年も借金がそのままになるということで不安を感じる方もいると思いますが、手続きを依頼すれば債権者からの取り立てもストップしますし、手続完了までは返済の必要もないので、その間に依頼費用を貯めたり生活を立て直すことができます。

 

そのため手続き期間が長くてもそこまで不安を感じる必要はないと思います。手続き期間中は手続き後の返済の準備などを行っておくといいと思います。

個人再生の借金返済期間はどのくらい?

個人再生返済期間

 

個人再生は借金返済期間がある程度決まっています。つまり無制限に返済期間を伸ばせるわけではないので注意が必要です。

 

個人再生は基本的には3年での返済が基準になります。ただ特別な事情があるような場合に最長5年での返済が認められることになります。つまり個人再生は3年から5年で借金を返済していくということになります。

 

ただ個人再生が認可されたあとに途中で返済が不可能になってしまったようなケースだと追加で2年間延長できる可能性があるので、仮に途中で返済が難しくなってしまったら個人再生を依頼した弁護士や司法書士に相談して返済期間を伸ばしてもらうなどの対応が可能です。

 

ちなみに個人再生の弁済に関しては3年よりも短くすることはできないため、1年や2年での完済はできないということは覚えておきましょう。まあ、返済期間を伸ばしたいという方は多いと思いますが、短くしたいという方は少ないので問題ないと思います。

 

個人再生は借金の減額幅が大きい債務整理方法なので、ある程度の借金額なら3年から5年で十分に返済することはできると思います。もしこの期間で完済が難しいようなケースなら個人再生ではなく自己破産の利用を検討したほうがいいかもしれないです。

個人再生の詳細な費用と期間は無料相談で確認!

個人再生無料相談

 

個人再生の詳細な依頼費用や手続き期間を知りたいということなら弁護士事務所や司法書士事務所の無料相談を利用して見積もりを出してもらうのが良いと思います。

 

個人再生の依頼費用や手続き期間については、手続きを行う弁護士事務所や司法書士事務所によって違ってくるので、実際にどの程度の費用が必要で期間がかかるのかは話を聞かないとわからないです。

 

提示された依頼費用や手続き期間が適正なのかどうかは上記の私なりの相場感が参考になると思うので、極端に安かったり高かったりしなければ依頼先の候補として考えてもいいと思います。

 

ただ個人再生に関しては裁判所に収める個人再生委員の報酬負担が大きいので、司法書士ではなく弁護士に依頼したほうがいいと考えます。そのため無料相談も弁護士に絞って選んでもいいのではと考えます。

 

当サイトではメールや電話による無料相談が可能な弁護士事務所や司法書士事務所を載せているので参考になると思います。事務所に出向かなくても空いている時間に気軽に相談できるので、相談先で悩んでいるなら参考にしてください。

 

手元にお金が無くても自己破産は可能です!
自己破産は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる自己破産におすすめな弁護士事務所は、自己破産の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

自己破産が得意な弁護士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

自己破産対応の弁護士の特徴から選ぶ

料金・費用が安い
分割払い後払い
電話相談無料
土日祝日相談

自己破産する理由や状況から選ぶ

カードローン
クレジットカード
無職退職
母子家庭
ギャンブル
株取引FX
不動産投資
闇金
奨学金
慰謝料養育費
サラ金・消費者金融
家賃滞納
自動車ローン
教育ローン
医療費
病気・ケガ
税金・社会保険料
公共料金・水道光熱費
損害賠償金
ゲーム課金

借入先から選ぶ

プロミス
アコム
レイクアルサ
アイフル
SMBCモビット
ジェイスコア