個人間の借金も自己破産で支払いがゼロになる!

個人間の借金自己破産

 

個人間の借金でも自己破産をして裁判所から免責が認められると支払い義務がなくなるので借金がゼロになります。

 

自己破産と聞くと何となく消費者金融からの借金だったり、クレジットカードなどの借金をゼロにできるというイメージを持っている方も多いと思いますが、自己破産は基本的には全ての借金が対象になってしまうので、個人間での借金も自己破産の対象に含まれてしまいます

 

ただ個人間の借金が返済できないということで自己破産する方は少ないのではないでしょうか?

 

個人間の借金の場合だと、多くは友人からの借金だったり、親戚や親兄弟などからの借金という事が多いと思うので、過酷な取り立てがあったり、利息でどんどん借金が増えていくということもあまりないです。

 

個人間の借金は自己破産で支払い義務がなくなるというメリットはありますが、逆に自己破産することによるデメリットの方が大きいのではないかと思います。

 

個人間の借金を自己破産するデメリット

個人間の借金自己破産デメリット

 

友人や親戚、親兄弟などからの借金自己破産で整理する場合のデメリットについて簡単にまとめました。

 

自己破産をする場合のデメリットについてはこちらが参考になると思います。ここでは個人間の借金を自己破産する場合のデメリットのみに関してはわかりやすく解説しようと思います。

 

個人間の借金を自己破産で整理すると下記のようなデメリットが発生するので注意しましょう。

 

借金を踏み倒すことになるので恨まれる可能性がある

 

個人間の借金だとお金を貸しているのは友人や親戚、親兄弟などの顔見知りになるので、そういった人たちからの借金を踏み倒せば、当然ですが恨まれる可能性があります。

 

金融業者などは仕事としてお金を貸しているので、仮に自己破産で踏み倒されたとしてもそれも仕事のうちですし、別に自分が直接お金を出したわけではないので懐が痛むわけではないです。

 

しかし個人間の借金の場合だと、その人個人が好意でお金を貸しており、自分の懐からお金を出しているわけなので、そういった借金を法律の力で踏み倒されると、自分の好意が裏切られたと思ったとしても仕方がないと思います。

 

一般的にお金を貸すというのは親しい人でないと貸さないと思うので、そういった人にお金の問題で不快感を与えてしまうというのは、今後の人間関係で大きなデメリットになると思います。

 

自己破産しても取立てが続く可能性がある

 

自己破産を弁護士に手続き依頼すると、弁護士が受任通知を債権者に発送することになるので、そのことによって消費者金融やカード会社は直接借金を取り立てることができなくなってしまいます。

 

これは貸金業法などによって定められていることなので、自己破産手続きをすることによって取立てを止めることが可能になります。

 

ただ個人間の借金の場合は貸金業法では規制できないということを知っておく必要があります。友人や親戚などの一般人は貸金業者ではないので、貸金業法で規制できないです。そのため借金の取立てをされても止めることができないということになります。

 

あまりにも取立てが酷い場合には弁護士に相談して止めることも可能かもしれないですが、個人間の借金では自己破産しても取立てが続く可能性があるということは知っておきましょう。

自己破産直前に個人間の借金を返済しても大丈夫?

個人間の借金自己破産返済

 

自己破産する場合に友人や親戚、親兄弟に迷惑をかけたくないという理由で、個人間の借金を自己破産直前に優先して返済しようとする方は少なくないです。

 

お金を借りている側としては、これからも付き合いが長く続く友人や親戚、親兄弟と借金問題でわだかまりを残したくないというのは当然のことなので、自己破産前に個人間の借金を優先して返済したいという気持ちはよくわかります。

 

ただ自己破産直前に特定の借金だけを優先して返済してしまうと、免責不許可事由の「特定の人に優先的に返済する行為」に該当してしまって、自己破産手続きが失敗することになる可能性があります。

 

自己破産前に特定の借金だけを優先して返済してしまったら、他の債権者との公平性が保てないことになります。

 

そのため自己破産前に、個人間の借金だけを優先して返済したいという思いがあったとしても、安易に返済してしまうと自己破産手続きに影響が出てしまう可能性があるので注意しましょう。

 

参照:自己破産の免責不許可事由

個人間の借金を自己破産する場合にトラブルを避ける方法

個人間の借金自己破産解決方法

 

個人間の借金を自己破産すると人間関係が壊れてしまうというトラブルが発生する可能性がありますが、だからと言って自己破産直前に個人間の借金だけを優先して返済してしまうと、免責不許可事由に該当してしまい、裁判所から免責を得ることができずに自己破産が失敗する可能性があります。

 

では個人間の借金がある場合に自己破産するとしたら、どのような方法でこうした個人間の借金でのトラブルを避ければいいのでしょうか?

 

自己破産前に事前に話し合う

 

自己破産するまで何も話さずに、いきなり借金だけ踏み倒されてしまったらトラブルになる可能性が高いですが、事前に自己破産することについて話をしておくことによって、ある程度トラブルを避けることが可能です。

 

友人や親戚、親兄弟などからの借金の場合なら、自分の現在の苦しい状況や、自己破産せざるえない経済状況を説明すれば納得してくれる可能性は十分にあると思います。

 

また自己破産は借金返済の義務がなくなりますが、個人的に借りたお金を返済することは禁じてないので、自己破産後に借りたお金は返すということを事前に話し合っておくこともいいと思います。

 

ただ自己破産前に優先的に返済してしまうと免責不許可事由に該当してしまうので、あくまでも返済するなら自己破産後にしましょう。

 

自己破産以外の債務整理方法を利用する

 

自己破産によって友人や親戚、親兄弟からの借金を踏み倒すことに抵抗がある場合には、別の債務整理方法を利用することを検討してもいいと思います。

 

自己破産以外の債務整理方法だと、個人再生や任意整理がよく利用されていますが、個人再生は自己破産と同様に全ての借金が債務整理対象になってしまうので、任意整理が利用候補になってきます。

 

任意整理は借金整理の対象を選ぶことができるので、個人間の借金だけを除外して債務整理することができます。

 

ただ任意整理は自己破産のように借金が全額免除されるわけではないので、借金額が大きい場合には利用しにくいと思います。

まとめ

個人間の借金自己破産まとめ

 

個人間の借金は自己破産などの債務整理方法で解決するよりは話し合いで解決するのがベストだと思います。

 

ただ自己破産の場合は、消費者金融や住宅ローンなど他の借金が理由で自己破産する場合でも、個人間の借金もまとめて整理されてしまうという問題があります。

 

自己破産では、借金整理の対象にしたくない借金もまとめて整理されてしまうので、そのことを前提に、自己破産前には事前にしっかりと個人間の借金がある友人や親戚・親兄弟に話をしておくことが大事になってきます。

 

自己破産することを友人や親戚・親兄弟に知られたくないという方もいると思いますが、知らないうちに自己破産されて借金を踏み倒すよりは、事前にしっかりと話をしておいた方が後にトラブルになる可能性は小さいです。

 

また自己破産を検討している場合には事前に自己破産手続に慣れている弁護士や司法書士の無料相談を利用して、自己破産に関する詳しい相談をしておくといいと思います。

 

当サイトでは自己破産を含めてた借金問題に関する無料相談を行っている弁護士や司法書士を下記で都道府県別にまとめています。載せている弁護士事務所や司法書士事務所はメールや電話で気軽に無料相談できるようになっているので活用してください。

 

手元にお金が無くても自己破産は可能です!
自己破産は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる自己破産におすすめな弁護士事務所は、自己破産の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

自己破産が得意な弁護士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

自己破産対応の弁護士の特徴から選ぶ

料金・費用が安い
分割払い後払い
電話相談無料
土日祝日相談

自己破産する理由や状況から選ぶ

カードローン
クレジットカード
無職退職
母子家庭
ギャンブル
株取引FX
不動産投資
闇金
奨学金
慰謝料養育費
サラ金・消費者金融
家賃滞納
自動車ローン
教育ローン
医療費
病気・ケガ
税金・社会保険料
公共料金・水道光熱費
損害賠償金
ゲーム課金