自己破産してもスマホや携帯電話の契約はできるのか?

自己破産スマホ携帯電話契約

 

自己破産を検討している人が気になるのが、スマホや携帯電話を新規に契約することができるのかということではないでしょうか。

 

 

自己破産するとそれまで借金返済に回していたお金を私生活にある程度戻すことができるので、新たにスマホや携帯電話を契約しようと思う人も多くなってきます。

 

ただ自己破産していると金融会社間で共有されている信用情報のデータベースにブラックリストとして掲載されてしまうので、携帯電話やスマホを新規に契約できるのか不安に感じている人も少なくないです。

 

スマホや携帯電話の新規契約については回線と端末に分けて考えるようにすると分かりやすいと思います。

 

スマホや携帯電話の回線契約は未払いがなければ契約できる

 

回線契約の場合には、自己破産前までに未払いなどがないような状況なら普通に回線契約が可能です。

 

自己破産すると基本的にすべての借金が帳消しになるので、スマホや携帯電話の回線料金の未払いがあったりすると、自己破産によってその未払い料金も債務整理されてしまいます。

 

未払いの回線料金が自己破産によって債務整理されてしまうと、当然ですが、キャリア間のブラックリストに掲載されるようになってしまって、回線契約に影響が出てしまうので注意しましょう。

 

スマホや携帯電話の端末は割賦契約分割払い購入は難しい

 

自己破産しているようなケースだと、信用情報がブラックリストとして掲載されてしまっているので、ローンや割賦契約による分割払いは難しいと思ったほうがいいです。

 

携帯電話やスマホ本体のような、そこまで高額でないような割賦契約でも、自己破産していると信用情報のブラックリストが影響してしまって割賦契約できない可能性が高いと思ったほうがいいです。

 

そのため新規に端末購入するような場合には、基本的に一括購入するしか方法がないと思ったほうがいいです。

 

ちなみに携帯電話やスマホ関連の信用情報のブラックリスト掲載は、5年間は登録されたままなので、5年後にには普通に携帯やスマホを割賦購入できると考えていいです。

現在持っているスマホや携帯電話の自己破産による影響とは

自己破産スマホ携帯電話影響

 

自己破産した場合に、新規に携帯電話やスマホを契約する場合には上記のような感じで、未払いがないようなら回線は普通に利用でき、端末購入は一括なら普通に利用できるということがわかったと思います。

 

では現在持っているスマホや携帯電話は自己破産後にはどうなってしまうのでしょうか?

 

これまで使っていたスマホや携帯電話については、自己破産前までにどのような支払状況だったかによって取扱いが違ってくるので注意が必要です。

 

自己破産によるスマホや携帯電話の支払状況別の影響

 

端末料金の支払が終わり回線料金を滞納してないケース

 

スマホや携帯電話の端末料金を一括購入していたり、割賦契約での購入がすでに支払い済みのようなケースで、回線料金を滞納してないような場合なら自己破産してもスマホや携帯電話に影響はないと思っていいです。

 

端末料金も支払い終わっており、回線料金を滞納してないようなら、自己破産によって未払い料金が整理されることはないので、これまで通り普通にスマホや携帯電話を利用できると思った大丈夫です。

 

ただ自己破産した経歴は残るので、新規に端末購入する場合には分割払いできない可能性があることは知っておきましょう。

 

端末料金を割賦分割払いしており回線料金は滞納してないケース

 

スマホや携帯電話の端末料金を現在割賦で分割払いしているような場合だと、自己破産によってその端末が使えなくなってしまう可能性があります。

 

回線料金を滞納してないなら回線は使えますが、本体は自己破産によって割賦で分割払いしている残りのローンが債務整理されてしまうので、その結果、ローンが未払いのまま整理されてしまうので利用できなくなるということです。

 

携帯電話やスマホの割賦料金くらいなら自己破産せずに支払いたいと思うかもしれないですが、自己破産は平等にすべての債務が整理されるので携帯やスマホの分割払いも影響は免れないです。

 

ただ分割払いの債務が少ない場合には、場合によっては弁護士に相談することによって何とかなる可能性があるので、まずは相談してはどうでしょうか。

 

端末料金の支払は終わり回線料金は滞納しているケース

 

スマホや携帯電話の端末料金の支払が終わっている場合には、端末料金による未払いは発生しないので、問題ないですが、回線料金を滞納しているようだと自己破産後に一時的に利用できなくなると思っておくといいです。

 

ただ自己破産の免責が決まったあとに、滞納している回線料金を支払うことによって再度利用できるようになります。

 

こうして見ると、回線料金の方が対応が甘い感じがしますね。まあ、回線料金の滞納って借金という感じとはちょっと違いますからね。

 

スマホや携帯の端末の分割払いはローン購入のようなものなので債務整理されたら借金を踏み倒されたことになりますしね。

 

あらかじめ自己破産をする前に、自分のスマホや携帯電話の支払がどのような状況なのか知っておくようにするといいかもしれないですね。

自己破産後に機種変更することはできるのか?

自己破産スマホ携帯電話機種変更

 

自己破産後のスマホや携帯電話については、最低でも5年くらい影響を受けるというのは上記でも解説していますが、機種変更するような場合にはどうなのでしょうか?

 

自己破産後の機種変更の場合では、新規契約と同じような感じで、端末を一括購入するなら問題なく契約することができるのではないかと思います。

 

ただ端末分割払いしており、その際にローンを自己破産によって債務整理していた場合にはキャリアによって対応が違ってくるので、購入前に問い合わせてみるといいかもしれないですね。

 

自己破産によって携帯やスマホが利用できなくなってしまった場合に、それまではソフトバンクを利用していたけど、自己破産後にはauやdocomoを利用すれば違う会社だから大丈夫なのではないかと思う人もいます。

 

ただ自己破産で端末の分割ローンなどを踏み倒してしまった場合には、ソフトバンクだけでなく他のauやdocomoでも情報が共有されているので、対応は変わらないと思ったほうがいいです。

 

自己破産の影響を受けた会社は自社のデータベースにずっと残る

 

ちなみに自己破産による影響は5年間と説明しました。これは共有されているデータベースに5年間掲載されるということで、5年間経過すれば共有のデータベースのブラックリストから削除されるということです。

 

つまり実際に自己破産の影響を受けた会社では、その情報が社内でずっと保管されるということになります。

 

それが大きなグループ会社だと結構大きな影響を受けるので厄介なんですよね。

 

特に多角経営しているソフトバンクなどは注意が必要かもしれないですね。

 

携帯やスマホと関係ない部分でもグループ会社ということで、自社データベースのブラックリストによって影響を受ける可能性があります。

 

とは言っても一生影響を受けるということはなく、10年くらい経過したらさすがに自社データベースによるブラックリストによる影響も小さくなってくると思います。

 

こういった部分はその会社によって違ってくるので注意しましょう。

自己破産によるスマホや携帯電話の影響はあらかじめ弁護士に相談しよう

自己破産スマホ携帯電話弁護士

 

自己破産によるスマホや携帯電話の影響については、弁護士の無料相談を利用すれば、自己破産後にどのような扱いになるのか詳しく教えてくれます。

 

基本的には上記のように記載されているとおりになると思っていて大丈夫ですが、債務整理に慣れているような弁護士が自己破産を行うと、できるだけ私生活への影響を最小限にして自己破産の手続きをしてくれます。

 

上記でも載せていますが、端末料金の支払が残りわずかな場合には、弁護士によっては融通を利かせてくれて、端末が自己破産によってスマホや携帯電話が利用できなくなる状況を回避してくれる可能性がああります。

 

ただそのためにはできるだけ自己破産に慣れている弁護士事務所を選ぶ必要があります。

 

自己破産に慣れている弁護士事務所を選ぶことは非常に重要で、手続き時間の短縮はもちろんですが、こういったスマホや携帯電話などへの影響についても緩和できる可能性もあります。

 

自己破産による影響を考えると、できるだけ生活への影響を少なく債務整理を行いたいものです。

 

当サイトでは自己破産に慣れているおすすめの弁護士事務所をいくつか載せているので参考にしてください。

 

スマホや携帯電話の事に限らず、借金問題についてメールや電話で無料相談に応じている弁護士事務所を載せているので、まずは気軽に相談してはどうでしょうか。

 

都道府県別の自己破産対応法律事務所ランキング
北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県