自己破産すると家族や親せきに直接影響は出るのか?

自己破産家族への影響

 

自己破産する場合に気になるのが家族や親せきに影響が直接出るのかどうかということです。

 

自己破産すると資産が没収されてしまったりするので、そういった影響が家族や親せきに及んでしまうのではないかと不安に感じるのは当然だと思います。

 

ただ結論を言ってしまうと、自己破産することによって、家族や親せきに直接影響が出るという事はないです。

 

つまり自己破産したからといって、自分の家族や親戚の資産が強制的に直接没収されるということはないということです。

 

ただ直接的に影響がないとしても、間接的に影響が出るという避けられないです。では具体的に自己破産するとどのような影響が家族や親せきに及んでしまうのでしょうか?

 

自己破産した場合の家族への影響とは?

自己破産家族

 

自己破産したとしても家族や親せきに直接影響することはないですが、自己破産した方の影響によって、家族に間接的に不利益になる可能性は十分にあります。

 

そこで自己破産することによって、間接的に影響がありそうな事例をいくつかまとめたので参考になればと思います。

 

自己破産した場合の家族への間接的な影響
  • 家や自動車を失う可能性がある
  • クレジットカードなど家族カードが利用できなくなる
  • 家族が借金の保証人の場合は注意!

 

家や自動車を失う可能性がある

 

自己破産すると借金返済の義務がなくなりますが、自己破産することによって持ち家や自動車などの高額資産を持つことができず、処分することになってしまいます。

 

そのため持ち家を失うことによって、家族全員で引っ越しをすることになり、生活に大きな影響を与えることになってしまいます。妻や子供が自己破産したわけではなくても、持ち家の名義人である夫が自己破産したら持ち家は高額資産として没収されてしまうということです。

 

また自動車も同様で、自動車を失うことによって、家族全員の足が奪われてしまうということになるので、結果的に自己破産してない家族にも間接的に影響が出ることになってしまいます。

 

クレジットカードなど家族カードが利用できなくなる

 

自己破産に限ったことではなく、債務整理手続きをして借金を減額するとクレジットカードが利用できなくなってしまいます。

 

クレジットカードでのキャッシングやショッピングローンが債務整理されれば、カードの借金を踏み倒すことになるので利用できなくなるのは当然ですよね。また仮にクレジットカードが自己破産の対象にならなかったとしても、カード更新のタイミングで自己破産したことがバレるので、結局カードが利用できなくなります。

 

カード契約は個人だけに影響が及ぶものですが、家族カードを利用している場合には、家族カードの主契約者が自己破産することでカードが利用できなくなってしまうので、当然ですか家族カードもりようできなくなります。

 

参照:クレジットカードを自己破産した場合

 

家族が借金の保証人の場合は注意!

 

借金の中には家族や親せきが保証人や連帯保証人になっている借金も含まれているケースがあります。

 

家族や親戚が借金の保証人や連帯保証人になっていると、自己破産した場合に、その際の借金が保証人や連帯保証人に請求されることになるので、借金負担がそのまま家族や親せきに移行するだけになります。

 

夫が自己破産して、連帯保証人になっていた妻に支払い請求が行き、専業主婦の妻は支払うことができないということで、夫婦一緒に自己破産したというケースもあります。

 

夫婦の場合なら家計が一緒なので、一緒に自己破産することも可能だと思いますが、連帯保証人や保証人が親せきの場合は、別の家庭の経済状況も破壊することになるので注意が必要です。

夫が自己破産したら妻や子供名義の家族の貯金はどうなる?

自己破産家族の財産

 

夫や自己破産した場合に、妻や子供名義の預金口座がどうなるのか不安に感じる方もいると思います。

 

ただ家族それぞれの貯金に関しては、名義人が別々なので、夫が自己破産したからといって、妻や子供の貯金は自己破産の資産没収の対象にならないというのが一般的です。

 

とはいっても夫婦共有で生活費などに利用している口座の場合だと、妻名義の口座だったとしても夫世帯の家計を調査するために通帳を提出することを求められる可能性があります。

 

また子供の定期預金の場合も、名義人が子供だったとしても、実質お金を出しているのは夫の場合だと、夫の資産だとみなされてしまうこともあります。

 

しかし基本的には自己破産の場合は名義人を重要視して誰の資産なのか判断するのが一般的なので、妻や子供の預貯金や定期預金などを細かく申告する必要はない場合もあります。

 

この辺りは裁判所の判断や担当弁護士などの判断によって変わってくるの一概に断言することはできないです。

 

ちなみに自己破産前に夫の預貯金を妻や子供の口座に急に移動したりすると、資産隠しだと思われてしまって自己破産手続きが失敗する可能性があるので注意しましょう。

親が自己破産した場合の子供への影響

自己破産連帯保証人家族

 

親が自己破産した場合に子供にどのような影響があるのか気になる方も多いと思います。

 

あらかじめ自己破産することによって子供にどのような影響があるのかということを知っておけば、それに対する対応策も考えることができるので、下記のような子供への影響については把握しておくといいと思います。

 

親が自己破産した場合の子供への影響
  • 奨学金の連帯保証人になれない
  • 学資保険の解約を迫られる
  • 就職や結婚に影響はある?

 

奨学金の連帯保証人になれない

 

奨学金を利用する場合には連帯保証人が必要になりますが、親が自己破産している状況だと連帯保証人にはなれないので、子供は他に連帯保証人になってくれる人を探す必要があります。

 

親としては子供の奨学金の保証人になれないということに情けない気持ちを感じる方もいるかと思います。

 

ただ奨学金に関しては、学部などによっては1000万円近くになるケースもあり、子供が大学卒業後に就職に失敗してしまったら返済できなくなってしまう可能性があります。そうなると子供は連帯保証人のために自己破産できず、払えない借金で苦しむことになる可能性があります。

 

実際に就職氷河期で大学卒業後に就職できなかった方の中には、就職できなくて生活にも苦労しているのに、連帯保証人に迷惑をかけられないということで自己破産できない方も多いです。

 

そのため近年は親が保証人になれたとしても、あえて保証機関を利用して奨学金を借りる方が増えてきています。そのため奨学金の保証人に関しては大きなデメリットではなくなってきています。

 

参照:奨学金の自己破産

 

学資保険の解約を迫られる

 

学資保険は保険が満期になった場合には保険金が受け取れることになっている保険で、多くの場合は子供が被保険者になっており、親が保険料金を支払っていると思います。

 

学資保険は子供が被保険者になっているので子供の資産という考え方もあるのですが、実際にお金を払って積み立てているのは親なので、親が自己破産した場合には学資保険は解約対象の資産になってしまいます。

 

ただ全ての学資保険が解約を迫られるというわけではなく、解約した際に戻ってくるお金が20万円以下の場合には高額資産とはされないので、没収対象にはならないです。

 

そのためそこまで解約した場合の金額が大きくない場合にはそのまま残すことができる可能性もあります。

 

就職や結婚に影響はある?

 

親が一番心配になるのは、自分が自己破産したことによって子供の就職や結婚に影響が出てしまうのではないかという不安です。

 

ただ親が自己破産したからといって、子供の就職に影響することはないですし、また子供の結婚に影響が出るとは考えにくいです。

 

就職の方では全く問題はなく、そもそも就職で親が自己破産したかどうかなんて聞かれることはないですし、エントリシートにもそのようなことを記載する欄はないです。

 

就職は基本的に個人の能力が問われるものなので、親が自己破産したからといって、そのことによって就活に失敗することはないです。

 

結婚に関しても、親が自己破産することで子供の戸籍に影響が出るという事はないので、これといって問題は生じないと思います。

 

ただ子供が親の借金の連帯保証人になっており、親の借金を被ってしまったようなケースだと、経済的な問題で結婚を敬遠される可能性はあると思います。

 

そういった事情がない限りは、親の自己破産が子供の結婚に影響することはないと思います。

家族にばれないように自己破産は可能?

自己破産家族にばれない

 

自己破産する際に妻や子供に秘密にして自己破産したいという方もいます。確かに家族や親せきに自己破産するということを話すのは抵抗があることだと思います。

 

ただ家族に秘密で自己破産手続きするのは非常に難しいです。特に下記のようなケースではほぼ家族に秘密での自己破産は無理だと思ったほうがいいです。

 

家族に内緒で自己破産できないケースとは
  • 持ち家や自動車を持ってない
  • 連帯保証人が設定されてる借金がない
  • 学資保険など家族で情報共有されている高額資産がない

 

自己破産をする場合に、持ち家や自動車を持っている場合だと、これらの資産は高額資産だとみなれてしまい、自己破産では没収対象になってしまうので、どうやっても家族に自己破産のことがバレてしまいます。

 

また連帯保証人が設定されているような借金がある場合だと、自己破産すると連帯保証人に借金の請求がいくことになるので、連帯保証人からの問い合わせなどによって家族に知られる可能性が高いです。また家族や親戚が連帯保証人になっているような場合ならなおさら隠すことは不可能です。

 

他にも学資保険などの子供が関係していて夫婦で共有されている財産が差し押さえられるようなケースでも自己破産のことが家族にバレてしまいます。

 

自己破産の場合は家族に知られずに手続きするのは難しく、賃貸で家族にそれぞれ収入があるような場合でないとバレずに手続きすることは難しいです。

 

むしろ秘密にしていて後からバレたほうが状況が悪くなりそうなので、自己破産するくらい借金で追い詰められているようなケースなら、早めに家族に話をしておいた方がいいと思います。

まとめ

自己破産家族財産まとめ

 

自己破産すると借金返済の負担が免除されるので、これまでの借金の悩みが一気に解決することになります。

 

ただ自己破産は高額資産が没収されたりするリスクのある債務整理方法なので、そのことによって家族に影響が生じる可能性があります。

 

自己破産によって家族の資産が直接没収されたり差し押さえられることはないですが、自己破産した人が持ち家や自動車を保有していたようなケースだと、自己破産によってこれらの資産が没収されてしまうので、引っ越しが必要だったり、移動手段が制限されるなどの間接的な影響をうけます。

 

とはいっても自己破産して借金を整理することができれば、そこから経済的な再生も可能なので、今後の生活の見通しも立てやすいと思います。

 

自己破産による家族への影響については、その人の借金状況や資産状況によっても変わってくるので、まずは専門家である弁護士に相談して詳しい話を聞くのがベストだと思います。

 

当サイトでは都道府県別に自己破産などの借金問題について無料相談できる弁護士事務所をランキングにして比較しているので参考にしてください。

 

公式サイトからメールや電話で気軽に無料相談できる弁護士事務所を中心に載せているので、気軽に借金問題解決について相談してみてください。

 

手元にお金が無くても自己破産は可能です!
自己破産は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる自己破産におすすめな弁護士事務所は、自己破産の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

自己破産が得意な弁護士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

自己破産対応の弁護士の特徴から選ぶ

料金・費用が安い
分割払い後払い
電話相談無料
土日祝日相談

自己破産する理由や状況から選ぶ

カードローン
クレジットカード
無職退職
母子家庭
ギャンブル
株取引FX
不動産投資
闇金
奨学金
慰謝料養育費
サラ金・消費者金融
家賃滞納
自動車ローン
教育ローン
医療費
病気・ケガ
税金・社会保険料
公共料金・水道光熱費
損害賠償金
ゲーム課金