自己破産の手続き方法は2種類ある

自己破産の手続き方法は2種類ある画像

 

自己破産とはどのようなものなのかを説明する際に避けては通れないのが、自己破産には2種類の方法があるということです。

 

 

それが「管財事件」と「同時廃止」という手続き方法になります。

 

自己破産をすると資産があったらそれを処分する必要があるということは知っている人も多いと思います。

 

そのため清算する必要がある資産があるのかどうか、またある場合にはその資産は処分する必要があるのかどうかを調査する必要があります。

 

また残すべき資産についても調査されたりするので、自己破産の一番基本的な部分でもあります。

 

ここで自己破産には必要な調査方法として、破産管財人が関わるかどうかによって「管財事件」と「同時廃止」に別れてしまいます。

 

下記で「管財事件」と「同時廃止」についてそれぞれ説明しているの参考にしてください。

自己破産の管財事件とは

自己破産の管財事件とは画像

 

自己破産をする際には、自分の持っている家や車などの高額資産が処分されて、債権者に分配されるというのは良く知られていることだと思います。

 

借金をなくす代わりに、処分できる資産を債権者の数や債権額に応じて分配するということです。

 

こういったことをするためには予めしっかりと資産などを調査して、債権者にそれを分配する役目の人が必要になってきます。

 

ただこういった自己破産の案件は、個人の自己破産だけでも年間で7万件以上くらいあるとされているので、これを裁判所がなどがいちいち調べて手続きしていたら膨大な時間がかかってしまって手続きが滞ってしまいます。

 

そのため資産を調べたり資産を分配するために破産管財人が選任されるのです。

 

この破産管財人から報告によって裁判所が破産の手続きや免責許可を出したりするので、この破産管財には非常に重要な役目と言えると思います。

 

こういった破産管財人が選出されて自己破産の手続きが進んでいく方法を「管財事件」といいます。

自己破産の同時廃止とは

自己破産の同時廃止とは画像

 

自己破産には管財事件のほかに同時廃止という手続き方法もあります。

 

破産管財人が選出されるのは、自己破産を申請した人の資産を調査して、それを債権者に分配したりするのが仕事です。

 

他にも免責許可を出してもよいのかを裁判所などに報告するための調査なども行うのですが、こういったことは非常にお金や時間がかかるというのは何となく想像できますよね。

 

資産をすべてしっかりとと把握するのも大事ですし、それを公平適切に債権者に分配するというのも非常に手間のかかることです。

 

しかしこれって資産がある人の場合には当然の手続きですが、資産がない人にこういった時間や労力のある手続をしても意味があるでしょうか?

 

そもそも破産手続きを賄うだけの資産がないことが明らかな場合に破産管財人を選出しても意味がないですよね。

 

そういった場合には破産手続きが始まるのと当時に終了させる制度が「同時廃止」という手続き方法になります。

 

この同時廃止は、破産手続きをするとすぐに手続きが終了するので破産管財人が選出されることはなく免責手続きだけが進むことになります。

 

個人の資産がない人が自己破産すると多くの場合にはこの同時廃止で手続きが進むことになります。

個人の自己破産の多くは同時廃止で行われる

個人の自己破産の多くは同時廃止で行われる画像

 

自己破産には上記のように管財事件と同時廃止がありますが、個人の場合にはほとんど同時廃止で手続きが進むと思っていいと思います。

 

基本的に自己破産する人の場合には資産がないような場合がほとんどなので、あまり気にせずに同時廃止だと思っておけばいいと思います。

 

まあ、持ち家や車などがある場合には管財事件になるかもしれないですが、車の場合には評価額によっては資産価値がないとみなされることもあるので、その辺りは弁護士などにあらかじめ相談しておくといいです。

 

やはり自己破産する場合には上記のような違いを見ると、管財事件よりも同時廃止の方がいいということは分かったと思います。

 

実際に破産管財人がつくと時間がかかるのももちろんですが、お金もかかるんですよね。

 

破産管財人は弁護士から選任されるのですが、その報酬は申立人が支払うことになるので自己破産にかかる費用がさらに高額にしまうという面倒なことになります。

 

そのため自己破産を行う際にはいきなり手続きするのではなく、しっかりと弁護士と相談して管財事件にならずに同時廃止になるのか確認してから行うようにするといいです。

 

当サイトでは自己破産を含めた債務整理に慣れている弁護士事務所について載せているので良かったら参考にしてください。

 

メール等で気軽に無料相談できるので、借金で悩んでいるなら一度専門家に相談してはどうでしょうか。

 

借金問題で悩んでいるなら専門家に相談しよう

 

借金返済の無料相談はトップページから