鹿児島県の自己破産におすすめな無料相談対応の依頼費用が安い弁護士を徹底比較!

鹿児島市を含めた鹿児島県全域で自己破産や借金相談に強い評判の良いおすすめな有名弁護士事務所をランキングにしています。

 

ランキングの弁護士事務所は自己破産経験が豊富で手続きに強いというだけでなく、全ての弁護士事務所で無料相談を行っているので、自己破産を検討している場合には、無料相談を利用して専門家に話を聞いてはどうでしょうか。

 

弁護士法人アドバンス弁護士法人アドバンス評価レーダーチャート

代表弁護士 対応地域 特徴
五十部紀英 全国対応 チャット形式で匿名でアドレスや住所不要で無料相談可能

 

弁護士法人アドバンスは鹿児島県全域に対応している弁護士事務所で、鹿児島市からの借金相談や債務整理の依頼もある人気の弁護士事務所です。事務所が九州地方にもあるので、借金問題を抱えているなら相談候補になるのではないかと思います。

 

弁護士法人アドバンスは借金問題に強い弁護士事務所で、お問い合わせ実績は月間500件を超えてくるので債務整理実績はかなり多い部類に入ると思います。また弁護士法人アドバンスは債務整理の依頼料金が一般的な相場の中でも安いので実はコスパも良いです。

 

無料相談は何度でも利用できるようになっており、下記でLINEのようなチャット形式での無料相談「弁護士相談ナビ」を始められます。匿名でメールアドレスや住所不要で気軽に相談できるので試してみてください。

 

無料相談は下記からどうぞ

 

日本法規情報日本法規情報ロゴ画像

運営会社 対応地域 特徴
日本法規情報 全国対応 法律事務所と個人のマッチングサービス

 

日本法規情報は弁護士事務所や司法書士事務所と個人をマッチングさせるサービスをやっており、自己破産する際の法律事務所に非常に便利なサービスです。つまり日本法規情報は弁護士や司法書士ではないということです。そのためレーダーチャートによる評価は行ってません。

 

自己破産する場合には、自己破産に関する説明を受けるために弁護士や司法書士の無料相談を受けることになります。ただ鹿児島県の地元近くに自己破産に対応している法律事務所がどこにあるのか探すのは面倒です。そういった場合に日本法規情報のサービスは便利です。

 

日本法規情報のマッチングサービスは完全無料で利用できるので、鹿児島で自己破産に対応している弁護士を探しているなら事務所の絞り込みができ便利です。下記の公式サイトからメールや電話で利用できるのでよかったらご覧ください。

 

無料相談は下記からどうぞ

 

東京ロータス法律事務所東京ロータス法律事務所レーダーチャート

代表弁護士 対応地域 特徴
河原正和 全国対応 自己破産の依頼料金が安く無料相談回数制限なし

 

東京ロータス法律事務所は鹿児島県を含めた全国対応で自己破産手続きや借金相談を行っている弁護士事務所になります。「東京」という文字がありますが、鹿児島県からの自己破産や借金相談も可能なので、鹿児島市を含めた鹿児島県で借金問題を抱えているなら相談候補になります。

 

東京ロータス法律事務所は事務所として自己破産などの債務整理手続きに力を入れている弁護士事務所ということもあり、土日でも自己破産などの借金相談を受け付けているので、仕事で時間が取れない場合でも休日を利用してじっくりと相談することができます。また依頼料金が安いというのも魅力です。

 

さらに無料相談を回数制限なしで行っているので、自己破産のような複雑な債務整理方法でも相談料金を気にせずに何度でも気軽に相談できます。下記の公式サイトでは匿名メールアドレス不要で無料相談を利用できるフォームがあるので気軽に利用してください。

 

無料相談は下記からどうぞ

 

 

その他の鹿児島県の弁護士事務所一覧

鹿児島あおぞら法律事務所 鹿児島県鹿児島市船津町5-23
橋総合法律事務所 鹿児島県鹿児島市易居町6-5石崎ビル2階
小山法律事務所 鹿児島県鹿児島市中央町15-2パレロワイヤルマツモト2階
なかま法律事務所 鹿児島県鹿児島市加治屋町15-20肝付ビル2階
弁護士法人グレイス 鹿児島県鹿児島市金生町1-1ラウンドクロス鹿児島6階

 

 

鹿児島県で自己破産による債務整理手続きを考えているなら上記のランキングにあるような弁護士事務所へまずは相談するといいと思います。

 

弁護士法人アドバンスは個人の自己破産手続きに慣れているのはもちろんですが、企業などの自己破産案件にも強みがあるので、自己破産に関しては総合的に取り扱っており非常に頼りになります。九州に事務所があり、依頼料金も良心的で、無料相談は回数制限なしで何度でも利用できるので言うことなしです。

 

名村法律事務所は自己破産手続きに力を入れている弁護士事務所なので、自己破産による債務整理を考えているなら相談候補に入れておきたい事務所です。自己破産に強い事務所なので、無料相談で話を聞くだけでもかなり参考になると思います。

 

東京ロータス法律事務所は鹿児島県を含めた全国対応で自己破産手続きをやっているだけでなく、依頼料金が安いので利用しやすいと思います。また公式サイトからの無料相談は匿名で利用することができるので、とりあえず話を聞きたいという場合でも利用しやすいと思います。

 

鹿児島県で自己破産による債務整理手続きを考えているなら上記のような有名弁護士事務所の無料相談を利用してから正式に手続きの依頼をしましょう。

鹿児島県の自己破産に関係する機関

鹿児島県で自己破産する場合に関係機関をまとめてみました。鹿児島県で自己破産する場合には下記のような機関を利用する可能性があると思うので、必要に応じて参考にしてください。

 

機関名 住所
鹿児島県弁護士会 鹿児島県鹿児島市易居町2番3号
鹿児島県司法書士会 鹿児島県鹿児島市鴨池新町1-3
鹿児島県行政書士会 鹿児島県鹿児島市与次郎2-4-35
法テラス鹿児島 鹿児島県鹿児島市金生町4-10 番号6階 アーバンスクエア鹿児島ビル
鹿児島県消費生活センター 鹿児島県鹿児島市新屋敷町16-203 県住宅供給公社ビル2階
鹿児島地方裁判所 鹿児島県鹿児島市山下町13-47
鹿児島家庭裁判所 鹿児島県鹿児島市山下町13-47
伊集院簡易裁判所 鹿児島県日置市伊集院町下谷口1543
鹿児島公証人合同役場 鹿児島県鹿児島市山下町17-12 平正ビル
鹿児島市役所 鹿児島県鹿児島市山下町11番1号
鹿児島地方法務局 鹿児島県鹿児島市鴨池新町1-2
鹿児島財務事務所 鹿児島県鹿児島市山下町13-21

鹿児島県で自己破産をする人の借金理由とは

鹿児島県自己破産借金理由

 

鹿児島県は平均年収が都道府県の中で42位という給料が安い地域ということもあり、ちょっとした借金でも利息などによってどんどん借金が増えていってしまい返済できない状況になってしまい自己破産する結果になってしまうというケースは普通にあります。

 

鹿児島県は日本の歴史ではなくてはならない地域で、戦国時代には島津氏が九州に覇を唱え、島津義弘や島津家久、島津歳久など勇猛な武将を数多く輩出してきた地域です。

 

また幕末には西郷隆盛や大久保利通、小松帯刀などの明治維新の傑物を出している地域で質実剛健ながら頭の良い人が集まっている地域でもあります。

 

そんな優秀な人がそろっている地域なのに平均年収が低いのには、お金に執着しないという鹿児島県民の県民性が大きく関係していると思います。

 

お金に執着せず清廉な人柄は賞賛すべきものがありますが、現実的に考えるとあまりにお金に執着しないのも問題です。

 

また鹿児島県は上下関係が重要視されている県民性で、先輩の言葉には従わなくてはならないというような風潮があり、これも借金を作る大きな原因になっています。

 

上下関係が厳しくて先輩から「事業を興すため」と言われて連帯保証人を頼まれて、断り切れずにサインしたが、後に先輩が自己破産して自分が多額の借金を背負うことになり、自分も自己破産することになったというケースが普通にあります。

 

基本的に鹿児島県民は合理的でお金に関しては堅実な人が多いですが、情にもろい一面があるので、他人を助けるために自分が犠牲になってしまい借金を背負ってしまうということがあり、こういった理由での自己破産が鹿児島県民だとあり得るので注意しましょう。

鹿児島県で自己破産で借金整理した人の体験談や感想

鹿児島県自己破産口コミ評判

 

鹿児島県で自己破産した人は数多くおり、自己破産によって経済的に立ち直って新しい生活をしている人は多いです。

 

何となく自己破産と聞くとネガティブなイメージを持つ人も多いですが、返済できない借金でずっと苦しむよりは自己破産で借金をすっきり整理して再出発した方があなたのためになります。

 

下記で実際に鹿児島県で自己破産した人の体験談や感想を載せているのでよかったら参考にしてください。

 

鹿児島県で自己破産で借金整理した人の体験談や感想

 

鹿児島県在住 男性

 

中小企業のサラリーマンとして働いていたのですが、リーマンショックの影響を受けて会社を解雇されてしまい収入が途絶えてしまいました。当時の収入は手取りで18万円くらいだったので、家賃や水道光熱費、税金などを支払うとほとんど残らない状況で、解雇後の生活は失業保険だけが頼りでした。

 

しかしリーマンショックの影響でどこも人員削減ばかりで新しく雇ってくれるところは見つからず、仕事が見つからないまま失業保険が切れてしまい、借金して生活費を工面することになってしまいました。

 

それでも見つからずアルバイトでの収入が頼りという状況になり、こういった状況では借金の利息すら払えないので、借金の督促で精神的に参ってしまった時にネットで調べて自己破産を考えるようになりました。

 

最初は自己破産するつもりはなく、話だけ聞くつもりで弁護士の無料相談を利用したのですが、話を聞いているうちに自己破産への抵抗がなくなり、思い切って手続きをお願いすることにしました。

 

自己破産後はしらばく生活保護を受けて、現在は新しい会社に再就職することができ安定した毎日を送っています。

鹿児島県在住 女性

 

当時好きになった男性と同棲しており、その男性とは将来結婚するという約束をしていました。しかしそんな彼が突然働かなくなり、そのため私が車のローンを肩代わりしたり、借金の連帯保証人になったりしてかなりお金で苦労させられました。

 

その当時はすごく好きだったということもあり、彼のためだと思ってお金を都合してきたのですが、そんな彼とある日連絡が取れなくなり音信不通になりました。さらに彼が借金を踏み倒したみたいで、連帯保証人である私のところに借金の督促が来るようになりました。

 

正直ってその時は借金を返済するほどの心の余裕もなく、すぐに自己破産手続きするために弁護士に相談しました。自分になりに調べた結果、私が自己破産しても失うものはないということはわかっていたので、とにかく早く自己破産して楽になりたい思いました。

 

その後、弁護士のおかげで裁判所から免責をえることができ、借金返済が免除になりました。その頃には借金返済しなくていいという精神的に解放されたという感覚を今でも覚えています。

 

若気の至りとはいえ、自分の男の見る目のなさを身を持って知るきっかけにもなったので、人生の教訓として心するようにしています。

鹿児島市在住 男性

 

大学を奨学金で卒業して一般企業に就職しました。当時は自分の周りは奨学金で大学に通う人ばかりだったので、あまり意識してなかったのですが、卒業して奨学金を返済するようになって、奨学金の負担の重さを実感しました。

 

また就職した会社がとんでもないブラック企業で、ほぼ休みがない状況ということもあり、仕事を辞める人が多く、その度に仕事の負担が重くなり私も最終的には体を壊してしまいました。ただ奨学金返済や生活のことを考えると簡単に止めることはできず、無理して働きました。

 

しかし結局病院からドクターストップがかかってしまい退社することになり、治療費と生活費と奨学金で一気に借金生活に落ちてしまいました。

 

もちろん仕事がない状況でそんな借金を返済できるわけもなく、専門家である弁護士に相談したら自己破産を提案されました。

 

しかし奨学金は親戚の叔父が連帯保証人になってくれているので、簡単に自己破産するわけにもいかず、叔父に借金について話をすることにしました。

 

叔父に事情を詳しく説明すると「自己破産後に少しづつ自分のペースで私に返済してくれればいい」という温かい言葉をもらい自己破産をすることを決めました。

 

自己破産後は叔父の紹介もあり、しっかりとした会社で働くことができ、叔父への返済も続けています。あと2年で完済予定なので叔父には感謝しかないです。

 

鹿児島県で自己破産によって借金整理した人は多く、体験談や感想でも経済的に追い込まれた人が最終手段として利用しているのがよくわかります。

 

近年は奨学金の取り立てが厳しいので、奨学金に関連した自己破産が多くなっているように思います。

 

自己破産は借金返済の必要がなくなるという強力な債務整理方法ですが、生活への影響が多い気債務整理方法なので、いきなり弁護士に手続きを依頼するのではなく、無料相談を利用して詳しい話を聞いてから手続きを依頼するか検討するといいです。

鹿児島県で自己破産をする場合の弁護士事務所の選び方とは

鹿児島県自己破産弁護士選び方

 

鹿児島県で自己破産する場合には弁護士に手続きを依頼するのが普通ですが、ネットを調べると司法書士事務所でも自己破産手続きを行っていることを知ると思います

 

しかし当サイトでは自己破産手続きに関しては司法書士ではなく弁護士が良いと思っており、基本的には弁護士事務所を中心に自己破産手続きに慣れている法律事務所を集めています。

 

司法書士に自己破産手続きを依頼してはダメなの?

 

自己破産手続きを依頼する場合に依頼料金を比較すると思いますが、総じて司法書士の方が自己破産の手続き費用が安いです。

 

そのため債務整理に詳しくない人は安易に司法書士の方がお得だと思って司法書士に自己破産手続きをしてしまうケースがあります。

 

依頼料金が安い方がお得なのは間違いないですが、そもそも司法書士は自己破産手続きに関しては書類作成業務までしか担当できないのです。つまり自己破産の業務を一部までしか担当できないから安いのであって、お得だから安いわけではないです。

 

また自己破産では裁判所で手続きをすることになるのですが、司法書士だと裁判所で手続きできないので自分で手続きすることになります。その際に裁判所から専門家を付けられます。この専門家の費用はこちら負担で数十万円くらい必要になります。

 

しかし弁護士に依頼しておけばこれらの手続きを弁護士が代行してくれるので手続き費用は弁護士の方が明らかに安いです。つまり総合的な費用では弁護士と司法書士であまり違いがなく手続きを一部しかできない分だけ司法書士の方が不利ということです。

 

このように手続き面と費用面を比較しても司法書士に自己破産を依頼することにあまりメリットはないので、普通に弁護士に手続きを依頼した方がいいと考えます。

 

では弁護士に依頼する場合にはどのような弁護士に依頼するといいのでしょうか?

 

自己破産は免責を勝ち取れる手続きに慣れている弁護士に依頼しよう

 

自己破産は手続きすれば誰でも借金返済の必要がなくなると思ったら大間違いです。

 

自己破産は非常に手続きが複雑な債務整理方法で、裁判所から免責を得ることができないと借金がなくなることはないです。つまり手続きしても裁判所から免責が下りなかったら借金が残るということです。

 

自己破産手続きして借金が残ったら意味がないので、とにかく自己破産手続きでは免責を得られるかどうかが非常に重要になってきます。

 

そのため自己破産手続きはできるだけ経験豊富な弁護士に依頼するようにするといいです。自己破産で免責が認められるかどうかは借金問題解決に大きな影響を及ぼすので、とにかく経験重視で弁護士を選ぶようにしましょう。

 

鹿児島県にも自己破産手続きに対応している弁護士事務所はありますが、初回相談については鹿児島県内の弁護士事務所はあまりオススメできないです。

 

理由は多くの事務所が無料相談について「初回限定」や「1時間限定」など無料相談に制限があるからです。自己破産は複雑な債務整理方法なので、おそらく1回の相談ですぐに全てを理解するのは難しいと思います。

 

最低でも無料相談で弁護士が自己破産に慣れているのか確認し、自分の自己破産後の生活への影響や、自己破産に必要な費用の見積もりなどはしっかりと出してもらうようにした方がいいです。

 

当サイトでは無料相談が利用しやすい弁護士事務所をいくつかピックアップしています。また弁護士法人アドバンスのように「無料相談回数制限なし」という弁護士事務所も載せているので、まずはこういった有名法律事務所の無料相談を利用するといいと思います。

 

鹿児島県自己破産やじるし

 

自己破産対応の弁護士の特徴から選ぶ

料金・費用が安い
分割払い後払い
電話相談無料
土日祝日相談

自己破産する理由や状況から選ぶ

カードローン
クレジットカード
無職退職
母子家庭
ギャンブル
株取引FX
不動産投資
闇金
奨学金
慰謝料養育費
サラ金・消費者金融
家賃滞納
自動車ローン
教育ローン
医療費
病気・ケガ
税金・社会保険料
公共料金・水道光熱費
損害賠償金
ゲーム課金

借入先から選ぶ

プロミス
アコム
レイクアルサ
アイフル
SMBCモビット
ジェイスコア