ジェイスコアの借金は自己破産で支払い免除可能!

ジェイスコア自己破産

 

ジェイスコアはみずほ銀行とソフトバンクが提携して設立された消費者金融業者で、これまでのアコムやプロミス、アイフルなどとは違って、AI審査によるスコアレンディングを行っているという特徴がある新しい消費者金融業者です。

 

設立して数年程度なので、大手消費者金融と比べると知名度もまだまだですが、みずほ銀行とソフトバンクによる消費者金融ということもあり、利用者としては大手企業系列の会社という事で安心してお金を借りることができる消費者金融の一つになっています。

 

そんなジェイスコアは消費者金融ではありますが、金利が銀行並みに低いという特徴があり、初めて契約で最大30日間利息実質0円というサービスも行っています。

 

そのため利用者としては金利を抑えながら気軽にお金を借りれるということもありメリットが大きいです。もちろんスマホやパソコンから気軽に借りることができるので、家族に秘密で借金することもできます。

 

ただ気軽に借りれるということで、借金しすぎてしまって中は返済できなくなってしまったという方もいます。ジェイスコアに限ったことではないですが、気軽に借りれる消費者金融だと、借金しすぎて完済できなくなるというケースは珍しくないです。

 

借金多くなってしまった方の中には、収入がなくなってしまって返済する見込が全くなくなってしまったというようなケースもあります。そういった場合には自己破産などの債務整理手続きの利用を検討するといいと思います。

 

下記でジェイスコアの借金を自己破産するメリットやデメリットについてわかりやすく解説しているので参考にしてください。

 

 

ジェイスコアの借金を自己破産するデメリット

ジェイスコア自己破産デメリット

 

ジェイスコアからの借金が返済できなくなってしまって自己破産を検討する場合に、実際に自己破産するとどのようなデメリットがあるのかをわかりやすく解説しています。

 

自己破産についてはデメリットを勘違いしている方が多く、実際よりも過剰にデメリットを意識している方が多いです。「戸籍や住民票に自己破産歴が残る」や「家具や家財道具など全ての資産が差し押さえられる」などデマのようなデメリットも流布されていたりします

 

そのため実際にジェイスコアなどの借金を自己破産すると、どのようなデメリットがあるのかを正確に伝えようと思います。

 

ジェイスコアの借金を自己破産するデメリット
  • 信用情報がブラックリストに登録
  • 一部の職業で職業制限が生じる
  • 官報に名前が掲載される
  • 自動車や持ち家などの高額資産が没収

 

信用情報がブラックリストに登録

 

ジェイスコアの借金を自己破産を含めた債務整理手続きで整理する場合のデメリットの一つとして「信用情報がブラックリストに登録」というものがあります。

 

信用情報というのは借金の履歴書のようなもので、信用情報は信用情報機関を通じて他の金融業者に情報共有されることになるので、自己破産などの債務整理手続きをしたということが他の金融業者にも知られることになります。

 

自己破産をしたと方にローンなどの借入審査が通るわけはないので、信用情報がブラックリストに登録されると、借金やローンが組めなくなったりクレジットカードが作れないというデメリットが生じることになります。

 

自己破産すると借金を踏み倒すことになるので、その後はローンや借金ができなくなるというのは仕方がないことです。ただブラックリスト登録は5年から10年経過すると登録解除されるので、その後は普通に借入審査を受けられることになります。

 

ちなみに信用情報のブラックは、債務整理しなくても、借金を滞納したりしても登録されてしまうので、すでにジェイスコアなどからの借金を滞納しているならブラックになっている可能性がありますし、滞納する可能性があるなら自己破産しなくても信用情報がブラックになる可能性があります。

 

参照:信用情報のブラックリストとは

 

一部の職業で職業制限が生じる

 

ジェイスコアなどの借金を自己破産すると、自己破産手続き期間中は一部の職業で職業制限が生じることになります。

 

職業制限に関しては自己破産だけでのデメリットになります。職業制限の対象になる職業は、弁護士や税理士、公認会計士、弁理士、行政書士などの士業系の仕事が多く、他にも警備員なども職業制限の対象なります。

 

ただ一般のサラリーマンの多くは職業制限の対象にはならないと思います。また制限が生じるのは自己破産手続き期間中だけなので、自己破産手続きが完了すれば職業制限は解除されます

 

自己破産手続きは同時廃止か管財事件かによって手続き期間は大きく違ってきます。管財事件だと半年以上かかる可能性がありますが、同時廃止だと3カ月くらいで手続きが完了することもあります。

 

自己破産で職業制限の対象になる職業は下記に載せているので参考にしてください。

 

参照:自己破産の職業制限

 

官報に名前が掲載される

 

自己破産手続きをすると官報に名前が掲載されてしまって、家族や知り合いに自己破産したことがバレる可能性があります。

 

官報とというのは政府が発行する機関誌のことで、自己破産すると名前が掲載されてしまうので、官報を読んでいる人に自己破産したことが知られてしまう可能性があります。

 

ただ官報って読んでる人はあまりいないんですよね。実際にあなたの周りで官報を読んでいる人っていますか?私の周りでは誰も官報を読んでないです。

 

そういった意味では仮に官報に名前が載ったとしても、家族や知り合いが日常的に官報を呼んでなければ自己破産のことがバレる可能性は低いです。

 

自動車や持ち家などの高額資産が没収

 

自己破産の一番大きなデメリットは、自動車や持ち家などの高額資産が没収されてしまうということです。

 

ジェイスコアからの借金が返済できないので自己破産したいけど、自動車は手放しなくないという方は多いです。都心や大都市などのアクセスが良い地域に住んでいれば自動車は必要ないかもしれないですが、郊外に住んでいると自動車は必須です。そうした状況で自動車がなくなると生活に困るという方も多いかと思います。

 

ただ自己破産すると必ず自動車がなくなるというわけではないです。自己破産で没収されるのは高額資産だけなので、評価額が20万円以下の資産は手元に残すことができます。そのため型の古い自動車で評価額が20万円以下ということなら自動車を手元に残せる可能性があります。

 

自己破産で没収されるのはあくまでも高額資産だけで、テレビやスマホ、パソコンや生活家電や家具などの生活に必要なものは普通に手元に残せます。「自己破産すると全ての資産が没収される」という誤解をしている方がいますが、自己破産してもある程度の資産は残せるので心配しなくても大丈夫です。

ジェイスコアの借金を自己破産するメリット

ジェイスコア自己破産メリット

 

ジェイスコアからの借金を債務整理するデメリットは上記のようにいくつもありますが、逆にジェイスコアの借金を自己破産するメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

 

自己破産は知名度がある債務整理方法なので、何となくメリットを把握している方も多いかと思います。

 

ジェイスコアの借金を自己破産するメリット
  • ジェイスコアなどの借金返済の義務が免除
  • 強制執行をストップできる

 

ジェイスコアなどの借金返済の義務が免除

 

ジェイスコアの借金を自己破産する一番大きなメリットは、裁判所が免責を認めれば借金返済の義務がなくなるということです。

 

借金を抱えてて債務整理を利用する立場としては、借金がなくなることが何よりも大きなメリットだと思います。こういった借金返済の義務が免除されるという事実上借金がゼロになるという債務整理方法は自己破産だけのメリットです。

 

ジェイスコアからの借金も自己破産すれば支払いが免除されることになるので、ジェイスコアの借金が返済できないという場合には自己破産することによって借金問題を一気に解決することができます。

 

ちなみに自己破産は全ての借金が債務整理対象になるので、ジェイスコア以外にも複数の金融業者から借金しているようなケースなら、それらの借金もまとめて整理されることになるので、多重債務で悩んでいる方も一気に借金問題が解決することになります。

 

強制執行をストップできる

 

ジェイスコアなどの金融業者の借金を滞納すると、最終的には裁判になってしまい強制執行によって資産や給料が差し押さえられることになります。

 

借金を数日滞納したくらいなら、いきなり強制執行されることはないですが、1カ月以上など長期で借金を滞納してしまっているようなケースだといつ強制執行になってもおかしくない状況です。

 

借金を滞納すると最初は手紙や電話などによる督促を行いますが、それでも借金の滞納が続けば最終手段として強制執行で資産や給料などを差し押さえてきます。ジェイスコアも仕事なので、借金を取り立てるために資産や給料を差し押さえるのは仕方がないことです。

 

ただ自己破産するとこういった強制執行をストップすることができるというメリットもあります。強制執行の手続きが進んでいて、このままだと資産や給料が差し押さえられてしまうという状況なら思いきって自己破産することを検討してもいいと思います。

 

差し押さえられてから自己破産しても意味がないので、早めに決断することが重要になってきます。

自己破産後にジェイスコアからの借入は可能か?

ジェイスコア自己破産後借入

 

自己破産して借金を整理することができたとしても、その後、生活環境が変わって借金が必要になることもありえます。そういった場合にジェイスコアから新たに借金をすることが可能なのでしょうか?

 

結論を言うと、自己破産してすぐの状況だと、信用情報がブラックリストに登録されている状態になるので、仮にジェイスコアの借金を申し込んだとしても審査に落ちることになります。

 

ジェイスコアに限ったことではなく、自己破産してまだそこまで年数が過ぎてない状況だと他の金融業者からも借金することは難しいです。

 

信用情報のブラックリストは最低でも5年は経過しないと削除されないので、その間は借金せずに生活をしていくことが求められます。通常はこういった借金できない期間を乗り越えて借金し体質から脱却していくことになります。

 

ただどうしても借金が我慢できない方の中には闇金から借金してしまう方もいます。信用情報がブラックの状態だと、お金を貸してくれるのは闇金業者くらいになります。

 

そのためお金を貸してくれる業者を探していたら闇金業者で、後で闇金業者だと知ったという方もいます。最近は闇金業者も「ソフト闇金」という物腰を柔らかくして普通の金融業者を装うところもあるので注意が必要です。

 

ちなみに闇金業者からの借金は債務整理手続きでは解決することができないので、闇金専門の弁護士や司法書士に別途相談する必要に迫られることになります。

家族に内緒でジェイスコアの借金を自己破産できる?

ジェイスコア自己破産家族にバレずに

 

家族に内緒でジェイスコアの借金を整理したいと思う方は多いです。

 

ジェイスコアはネットで簡単にお金を借りることができるため、家族に内緒でお金を簡単に借りることができる金融業者です。そのため家族に内緒で借金するのは非常に便利な金融業者です。

 

そのためジェイスコアからの借金が返済できなくなると、家族に内緒の借金が返済できなくなることになり、滞納を続けると借金の督促などによって家族に借金がバレてしまい修羅場になる可能性があります。

 

ではジェイスコアの借金を家族に内緒で自己破産することは可能なのでしょうか?

 

結論を言ってしまうと、自己破産は家族に内緒で行うのは難しいです。自己破産は裁判所で手続する債務整理方法なので、裁判所から書類や連絡が来ます。裁判所に「家族にバレないように連絡してほしい」と要望することは難しいので、裁判所からの連絡で家族にバレる可能性があります。

 

さらに自己破産は資産調査なども行われるので、調査によって家族に自己破産のことがバレる可能性があります。

 

自己破産を家族にバレずに行えるかどうかは、家族と同居しているかということや、家族と同一家計ということかに影響されます。同居家族なら普段の生活の中で自己破産のことがバレる可能性はありますし、同一家計の場合だと、資産調査などの影響で自己破産のことがバレる可能性があります。

 

逆に家族と別居していたり、家計が別というケースだと家族にバレずに自己破産できる可能性があります。

 

ちなみに家族にバレずに債務整理するなら任意整理が一番バレにくい債務整理方法になります。

 

参照:任意整理と自己破産の違いとは?

ジェイスコアの借金を自己破産するなら無料相談から

ジェイスコア自己破産無料相談

 

ジェイスコアからの借金を自己破産で整理したいと考えているなら、まずは弁護士事務所が行っている無料相談を利用するといいと思います。

 

自己破産は手続きが複雑なので弁護士事務所に手続きを依頼するのが通常です。また自己破産はメリットも大きいですが、デメリットもいくつかある手続き方法なので、あらかじめ自己破産するとどのような影響があるのかということを知るためにも、専門家である弁護士に話を聞いて手続きするか判断するといいと思います。

 

また借金がジェイスコアからのものだけなら自己破産以外にも任意整理や個人再生などの債務整理方法も検討することができるので、まずは無料相談を利用して、借金問題の解決方法について相談するところから始めるといいかと思います。

 

当サイトでは自己破産を含めた債務整理手続きや借金問題について無料相談を行っている弁護士事務所や司法書士事務所をまとめています。

 

メールや電話で気軽に無料相談できる事務所を載せているので、ジェイスコアの借金を自己破産など債務整理で整理しようと考えているなら気軽に相談することができます。相談先で悩んでいるなら参考になると思うので下記をご覧ください。

 

手元にお金が無くても自己破産は可能です!
自己破産は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる自己破産におすすめな弁護士事務所は、自己破産の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

自己破産が得意な弁護士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

自己破産対応の弁護士の特徴から選ぶ

料金・費用が安い
分割払い後払い
電話相談無料
土日祝日相談

自己破産する理由や状況から選ぶ

カードローン
クレジットカード
無職退職
母子家庭
ギャンブル
株取引FX
不動産投資
闇金
奨学金
慰謝料養育費
サラ金・消費者金融
家賃滞納
自動車ローン
教育ローン
医療費
病気・ケガ
税金・社会保険料
公共料金・水道光熱費
損害賠償金
ゲーム課金