自己破産者が保証人や連帯保証人を頼まれるケースとは

自己破産者が保証人や連帯保証人を頼まれるケース画像

 

自己破産をした人は自分が保証人や連帯保証人になれないのではないかと思う人は多いです。

 

 

ただ実際には自己破産した場合でも連帯保証人や保証人になって欲しいと頼まれることってあるんですよね。

 

下記のようなケースで連帯保証人や保証人を頼まれることは珍しくないです。

 

自己破産者に保証人や連帯保証人を頼まれるケース

 

・賃貸住宅の連帯保証人や保証人
・配偶者への融資のための連帯保証人や保証人
・奨学金を得るための連帯保証人
・住宅ローンの連帯保証人

 

基本的には上記のような場合に保証人や連帯保証人を頼まれるケースが多いんですよね。

 

正直言って、保証人や連帯保証人を頼まれるのってきついんですよね。

 

断るとそれまでの人間関係に影響がでるような気がして安易に断るのは難しいという現実があります。

 

また、自己破産しているからといって断る場合でも、相手に自分が自己破産をしていると知られてしまうというデメリットもあります。

 

ただそもそも自己破産した人が普通に保証人や連帯保証人になれるのかという問題もあります。

自己破産したら保証人や連帯保証人なれない可能性が高い

自己破産したら保証人や連帯保証人なれない可能性が高い画像

 

自己破産した人の場合だと多くの場合は保証人や連帯保証人なれない可能性が高いです。

 

自己破産すると金融会社で自己破産した人の情報がブラックリストとしてデータで共有されることになるので、保証人を依頼している業者がそのデータベースを閲覧できるような場合には、自己破産していることを知られる可能性が高いです。

 

自己破産しているということは経済的に問題があったという証拠なので、保証人や連帯保証人になれる資格がないと判断される可能性があります。

 

ただまったく保証人や連帯保証人になれないということでもないです。

 

自己破産者が保証人や連帯保証人になれないという規定はない

 

自己破産者は確かに保証人や連帯保証人になれない可能性は高いですが、それは該当する機関が判断した結果です。

 

つまりどういうことかというと、自己破産者が保証人や連帯保証人になれないという法律的な規制はないということです。

 

現在の経済状況などをみて、業者が保証人や連帯保証人になっても問題ないと判断したら、自己破産者でも保証人や連帯保証人になることは可能だということです。

 

つまり自己破産者が保証人や連帯保証人になれるかどうかというのは、保証人を必要とする業者の意向次第だということになります。

 

自己破産したとしても宝くじを当てて経済力のある人は保証能力があるとみなされるので、自己破産しているかというは保証人や連帯保証人の重要な審査項目かもしれないですが、それがすべてではないということです。

 

また自己破産者だけの保証人や連帯保証人では不足ということで、もう一人の保証人を求められることもあります。

 

そのため、とりあえずは申し込んでみたり、業者に状況を説明して判断を聞いてみてはどうでしょうか。

自己破産者が保証人や連帯保証人になれるまでの期間とは?

自己破産者が保証人や連帯保証人になれるまでの期間画像

 

自己破産したからといって一生保証人や連帯保証人になれないわけではないです。

 

では自己破産後にどれくらいの期間が経過すると保証人や連帯保証人になることができるようになるのでしょうか。

 

自己破産による信用情報のブラックリストが削除されるまで

 

自己破産した人が保証人や連帯保証人になることを断られる原因は、金融業者の間で共有されているデータベースにブラックリストとして掲載されているのが原因です。

 

つまり自己破産による信用情報のブラックリスト掲載がなくなれば普通に保証人や連帯保証人になれるということになります。

 

自己破産の場合には最大で10年くらい経過しているようならブラックリスト掲載は終了していると思っていいです。

 

こうしてみると自己破産者が保証人や連帯保証人に普通になれるまでにはかなりの期間が必要だということがわかります。

 

自己破産の場合には最大で10年くらいですが、任意整理の場合だともうちょっと早くブラックリストから削除されると思います。

 

個人再生や任意整理の場合だと5年だったり7年だったり期間が変わってきたりするので、そのあたりについては、債務整理を依頼した弁護士などに確認してみるといいと思います。

自己破産の対象になった金融機関だとずっと保証人や連帯保証人なれない可能性もある

自己破産の対象になった金融機関だとずっと保証人や連帯保証人なれない可能性もある画像

 

自己破産して10年以上経過しているような信用情報がブラックリストから削除されているので普通に保証人や連帯保証人になることができます。

 

しかし自己破産した際に、借金の免責をした金融機関やその金融機関の関連企業に、保証人や連帯保証人を申し込んだ場合には断られる可能性があります。

 

具体的には消費者金融のプロミスでの借金を自己破産した場合には、系列銀行の三井住友関係の金融業者で保証人や連帯保証人をも申し込んでも断られる可能性があるということです。

 

確かに自己破産後に10年間経過すれば、信用情報のブラックリストから情報が削除されるので、金融業者間でも自己破産したという情報は共有されなくなります。

 

しかし実際に自己破産の被害を受けた金融業者では、自分の会社のデータベースで事故を起こした人の情報を残しているようなケースがあるので、そういった場合には共有のデータベースから削除されたとしても、自社管理のデータベースにはデータが残ってしまうということになります。

 

とは言っても、それならその金融業者系列のサービスを避ければ問題ないということになりるのでそこまで大きな問題では無いと思います。

 

このように自己破産すると保証人や連帯保証人になるのに色々な制限があったりします。

 

基本的に自己破産者した人が保証人や連帯保証人になるのは難しいケースが多いので、別の人にお願いした方が無難なのかなという感じがします。

 

どうしてもほかに人がいないという場合に頼むようにした方がいいと思います。

 

自己破産を検討していたり、自己破産に関する悩みがあるなら下記のランキングから無料相談を利用して話を聞いてはどうでしょうか。

 

手元にお金が無くても自己破産は可能です!
自己破産は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる自己破産におすすめな弁護士事務所は、自己破産の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。
自己破産が得意な弁護士を探す!

都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

自己破産対応の弁護士の特徴から選ぶ

料金・費用が安い
分割払い後払い
電話相談無料
土日祝日相談

自己破産する理由や状況から選ぶ

カードローン
クレジットカード
無職退職
母子家庭
ギャンブル
株取引FX
不動産投資
闇金
奨学金
慰謝料養育費
サラ金・消費者金融
家賃滞納
自動車ローン
教育ローン
医療費
病気・ケガ
税金・社会保険料
公共料金・水道光熱費