自己破産するとクレジットカードが使えなくなる理由とは?

自己破産クレジットカード使えない

 

自己破産するとクレジットカードが利用することができなくなります。クレジットカードに限らず、自己破産するとローンなども組めなくなるので借金をすることができなくなってしまいます。

 

自己破産の債権者から借金できなくなったり、クレジットカードが利用できなくなるのは仕方ないですが、他の金融業者からも借金できなくなったり、他のカード会社のカードも新たに発行できなくなってしまいます。

 

ではどうしてこのように自己破産すると多くの金融業者のサービスを利用できなくなってしまうのでしょうか?

 

信用情報機関のデータベースに事故情報としてブラックリストの掲載されるため

 

自己破産後にカードを利用できなくなるのは信用情報機関のデータベースに自己破産したという情報がブラックリストして掲載されるので、そのデータベースを利用して与信審査などの発行審査をしている会社に自己破産したことを知られてしまうので、ローンを組んだりクレジットカードを新規に発行できなくなってしまうのです。

 

金融会社としては自己破産した人にお金を貸すなんて怖くてできないですからね。自己破産した経歴がわかればローン審査やカード発行審査で落ちるのは当然です。

 

普通のカード会社や銀行、消費者金融などの金融関連会社は全て信用情報機関に入会していると思うので、自己破産した情報は信用情報機関を通して共有されてしまいます。

 

自己破産後に債務整理してないカードはそのまま使えるのか?

自己破産後債務整理してないカード

 

自己破産したとしても全てのクレジットカードを債務整理したわけではないという方もいると思います。

 

クレジットカードの中には利用してないカードもあり、債務整理されてないので自己破産後も利用できているというカードもあると思います。そのような自己破産の対象になってないカードはそのまま利用することができるでしょうか?

 

自己破産対象になってないカードも更新のタイミングで利用できなくなる

 

結論を言ってしまうと自己破産の対象になってないカードも更新のタイミングで与信審査から自己破産したことを知られてしまうので、利用できなくなってしまいます。

 

ただ裏を返せば、更新までの間は利用できる可能性が高いということなので、自己破産後もしばらくの間は利用できるかと思います。

 

自己破産したとしても、自己破産の対象になってないカードの場合は、カード会社の方でもその人が自己破産したかということを把握できないので、与信審査で信用情報が調べられるタイミングまで破産したことを把握できない可能性が高いということです。

 

とは言っても最終的には利用できなくなってしまうということは理解しておきましょう。

自己破産後何年間クレジットカードは作れないのか?

自己破産後何年クレジットカード作れない

 

自己破産すると信用情報機関のデータベースにブラックリストとして掲載されるので数年間はクレジットカードの利用もできなければ、新たにカードも作れないです。そのため自己破産後に何年経過すれば新しいクレジットカードが作れるのか気になっている方も多いです。

 

結論から言ってしまうと5年以上は新しくクレジットカードを作ることはできないと思っておいた方がいいと思います。年数に関しては信用情報機関によって違ってくるので下記を参考にしてください。

 

信用情報機関 ブラックリスト掲載年数 対象金融機関
CIC 5年 カード会社/信販会社
JICC 5年 カード会社/消費者禁輸
全銀協 10年 銀行

 

このように信用情報機関によってブラックリストの掲載される年数が違ってくるので、自分が利用しようと思っているカードがの信用情報機関がどれなのかを把握して選ぶといいと思います。

 

全銀協は銀行を対象にした信用情報機関なので掲載年数が他よりも厳しいということがよくわかります。信用情報機関の情報から銀行系のカードを作る場合には10年間くらい待たないといけないということがわかります。

自己破産後に残せるカードとは?

自己破産後残せるカード

 

自己破産後に残せるカードは簡単にまとめると3つあります。自己破産後のカード利用を考えている場合の参考になるかと思います。

 

自己破産後に残せるカード3種類を解説

 

自己破産対象なってないクレジットカード

 

自己破産対象になってないクレジットカードは自己破産後の次の更新までは利用することができる可能性があります。カードを作ったタイミングによっては3、4年くらいそのまま利用できるかもしれないです。

 

最終的には利用できなくなってしまうので確実に残せるというわけではないですが、クレジットカード生活を改めるまでの助走期間を稼ぐことはできるので、十分に利用価値があるカードだと思います。

 

また次のカード更新のタイミングもある程度はわかると思うので、カード利用できなくなるタイミングで別のカードを利用することを検討するといいと思います。

 

デビットカード

 

デビットカードはクレジットカードではないですが、クレジットカードのような感覚で利用できるかカードということで、自己破産後にクレジットカードの代わりに利用する人が多いです。

 

デビットカードはクレジットカードのようにローンとして翌月引き落とされるというわけではなく、利用したらその場で口座からすぐに料金が引き落とされるという仕組みなので、借金が発生するということがないことから、自己破産後も残せます。

 

使ってみるとクレジットカードとそこまで大きな違いはないので、自己破産後は重宝するカードだと思います。

 

家族カード

 

自己破産後にできるだけ早く普通のクレジットカードを利用したいと思っているなら家族カードを作るといいと思います。

 

家族カードは所有者が追加で家族のために発行するカードでなので、自分が自己破産したら、夫や妻に家族カードを発行してもらえばクレジットカードを利用することができます。

 

とは言っても支払いは所有者が行うことになるので、無理な使い方をするとカードの名義人に迷惑がかかるので注意しましょう。

自己破産後に新たにクレジットカードを作る方法

自己破産後クレジットカード作る方法

 

自己破産後に新たにカードを作るにはいくつかのポイントがあります。

 

自己破産後は信用情報の関係もあり、簡単にカードを作ることはできないです。そのため下記のようなポイントを意識しながらカードを申し込むといいのではないかと思います。

 

自己破産後に新たにカードを作るポイント
  • 与信審査の緩い業者を選ぶ
  • 自己破産した際の債権者系列のカードは申し込まない
  • 全銀協の会員ではない団体のカードを選ぶ
  • 短期間に複数のカード会社に申し込まない
  • 利用限度額を低くして申し込む

 

与信審査の緩い業者を選ぶ

 

クレジットカードの与信審査は会社によって基準が違ってくるので、審査の緩い業者のカードなら、自己破産後でも数年経過すれば利用することができる可能性があります。

 

クレジットカードは色々な業種から発行されていたりしますが、中でも審査が緩めだと言われているのが「流通系のクレジットカード」になります。

 

具体的には「Yahoo! JAPANカード」や「イオンカード」、「エポスカード」あたりが知名度が高くて人気があり、審査が緩めなクレジットカードだと思います。

 

流通系のクレジットカードは日常的に買い物で利用する頻度が高い店があれば非常にメリットが大きいので、普段使いのカードとしても利用しやすいです。

 

自己破産した際の債権者系列のカードは申し込まない

 

当然ですが自己破産した際に債権者だったところのカードに申し込んでも審査で落とされる可能性が高いので止めておきましょう。

 

仮に信用情報のブラックリストが解除されたとしても、会社内のブラックリストとしてデータが残されている可能性があるので、ブラックリストが解除された後でも審査に落ちる可能性が高いです。

 

また単純に債務整理した債権者というだけでなく、その会社の系列企業でも社内データが共有されている可能性が高いので申し込まないほうがいいです。

 

クレジットカードを申し込むなら自己破産の債権者とはまったく関係ない会社のカードを申し込むといいとです。

 

全銀協の会員ではない団体のカードを選ぶ

 

全銀協は銀行を対象にした信用情報機機関で他の信用情報機関ではブラックリスト掲載が5年なのに対して、全銀協は10年という厳しさです。

 

また銀行系のクレジットカードは審査が厳しいので、自己破産後はこういった銀行系のクレジットカードには申し込まないほうがいいと思います。

 

まあ、普通にブラックリスト掲載期間のことを考えると、CICやJICCに加盟しているカードを利用したほうがいいということはわかると思います。

 

短期間に複数のカード会社に申し込まない

 

クレジットカードが欲しいと人は短期間に複数社のカードを申し込んでしまう傾向がありますが、カード会社では信用情報を見れば別の会社にカードをを申し込んだことを知ることができます。

 

つまり「短期間に複数のカードを作るということは何かあるのではないか?」とお金のトラブルがあると思われてしまい与信審査で落とされてしまう可能性があります。

 

そのためカード審査に通るためには、時間がかかるとしても1社ごとに審査結果を待ってから、新たにカードを申し込むようにしましょう。

 

利用限度額を低くして申し込む

 

意外と知らない人が多いのでは利用限度額を低くして申し込むという方法です。クレジットカードで自己破産した経験がある人は、後の事を考えて、利用限度額を高くして申し込みがちですが、それだとカード会社としては不安を感じます。

 

利用限度額を低くすればカード会社としてはリスクを限定することができるので、限度額を高くしている人よりは審査に通りやすくなると思います。

自己破産後にクレジットカード審査が通りやすくなる3つのポイント

自己破産後クレジットカード審査

 

自己破産後にクレジットカードを申し込む場合にカード会社選びの方法や申し込む際のコツは上記のような感じになりますが、それだけは自己破産後のクレジットカード作りには不足です。

 

最後に自己破産後にクレジットカードを作りやすくする3つのポイントについて説明していこうと思います。

 

何も考えずに適当にクレジットカードを申し込むと信用情報が傷ついてしまい、審査に通る可能性がさらに低くなってしまうので、しっかりとポイントを抑えてカードの申し込みをしましょう。

 

自己破産後にクレジットカード審査が通りやすくなるポイント
  • 自己破産から5年以上経過している
  • 毎月の収入が安定している
  • クレジットカードヒストリーを磨く

 

自己破産から5年以上経過している

 

信用情報がブラックリストに掲載されている状況だと、クレジットカードを申し込んでも審査ではじかれるので、信用情報のブラックリストから外れる5年間を待ってから申し込むようにするといいです。

 

ブラックリスト期間に審査を申し込んでも無駄なのはもちろんですが、申し込んだ際の情報は信用情報機関のデータベースに登録されるので余計不利になるだけです。

 

そのためCICやJICCなどの信用情報機関のブラックリストが削除される5年を待って、自己破産で債権者になってない、全く自己破産とは関係ないカード会社に申し込むようにすると審査が通りやすくなります。

 

ちなみに何度も同じクレジットカード会社に審査に申し込んで落ちると審査担当者の印象も悪くなるので、申し込みは焦らず慎重に行うようにしましょう。

 

毎月の収入が安定している

 

クレジットカードを利用する場合には利用料金を滞納されれないためにも安定した収入があるかということが重要になってきます。

 

正社員など安定した仕事と収入がされば審査にも通りやすくなると思います。また単純に正社員という肩書だけでなく、勤続年数も重要視されるということも知っておくといいと思います。

 

ちなみにクレジットカードを利用する場合に一番有利なのは公務員です。公務員はクビになる可能性が低いということもあり、信用力は非常に高いです。

 

またフリーターや契約社員だとクレジットカードを作るのは厳しいと思われがちですが、近年はフリーターの数の増加や働き方改革で正社員との給料差が以前よりも縮まっているということもあり、以前よりは審査に通りやすくなっているようです。

 

実際にフリーターでもゴールドカードを持っている人もおり、以前よりは正社員という肩書に固執せずにカードを発行しているという印書があります。

 

そのためフリーターや契約社員でもある程度の勤務実績があればクレジットカードの発行は可能だと思います。

 

クレジットカードヒストリーを磨く

 

クレジットカードのこれまでの利用履歴であるクレジットカードヒストリーを磨くこともカード審査が通りやすくなるポイントです。

 

自己破産後に最初に作るカードは流通系の審査が通りやすいカードを作って、そのカードでの利用履歴を積んでいくことで信用力が増して、他の審査が通りにくいようなカードの審査も通るようになります。

 

利用履歴を磨くことはそこまで難しいことではなく、携帯電話の分割払いなどでクレジットカードを利用したりするのが効果的だとされています。

 

自己破産後の最初のカードは審査が緩いカードを利用し、クレジットカードヒストリーを磨いたら本来利用したいと思っていたカードに申し込みうようにすると審査が通りやすくなります。

まとめ

自己破産後クレジットカードまとめ

 

自己破産後にクレジットカードを作る場合には、信用情報機関のデータベースのブラックリストから削除される5年間待ってから審査に申し込むようにするといいです。

 

自己破産後に最初に利用するカードは重要で、そこで審査に何度も落ちると信用情報が傷つくので、できるだけ審査の緩いクレジットカードを利用して、クレジットカードヒストリーを磨く必要必要があります。

 

最初は流通系のクレジットカードがおすすめで、流通系カードの利用で実績を積んでから、本来利用したと思っていたカードに申し込むようにするといいです。

 

自己破産すると5年間はカードを申し込んでも審査に通りませんが、その間はデビットカードや家族カード、プリペイドカードなどを代用していくことになります。

 

最初は不便かもしれないですが、デビットカードの使い勝手はかなり良いので、慣れてくるとクレジットカードの利用とあまり違いを感じないようになると思います。

 

自己破産後の5年間はクレジットカードだけでなくローンや借金も利用できないので苦労することもあると思いますが、借金生活から脱却するためのきっかけだと思うといいと思います。

自己破産対応の弁護士の特徴から選ぶ

料金・費用が安い
分割払い後払い
電話相談無料
土日祝日相談

自己破産する理由や状況から選ぶ

カードローン
クレジットカード
無職退職
母子家庭
ギャンブル
株取引FX
不動産投資
闇金
奨学金
慰謝料養育費
サラ金・消費者金融
家賃滞納
自動車ローン
教育ローン
医療費
病気・ケガ
税金・社会保険料
公共料金・水道光熱費