学生ローンで借金返済できない大学生は多い!

学生ローン大学生借金返済

 

学生ローンを利用する若者は多く、色々な理由でお金が必要になり、学生ローンを利用して借金をしてしまい、ローン返済をすることができずに返済に行き詰り生活に困るという方は少なくないです。

 

学生ローンを利用する大学生が増えてきている背景には、親の経済状況も大きく関わってきており、両親が離婚していて経済状況が厳しい状況になってしまい、生活を支えるために学生ローンを利用しにきたり、親が仕事をリストラになったなどの経済状況の変化で急にお金が必要になったなど利用理由は色々です。

 

また就職氷河期世代の子供が大学生になってくる状況になると、親の収入の関係でさらに経済状況が厳しい若者が増えてくる可能性があるので、学生ローンを借りに来る方は増えてくる可能性があります。

 

学生ローンは経済力がない学生でも借りれるということもあり、審査は厳しくなくて融資も早いので利用しやすいというメリットがありますが、金利は低くはなく、一般的な消費者金融より少し金利が低い程度です。

 

そのため軽い気持ちでお金を借りたのに、利息が膨らんでいつの間にかとんでもない借金額になってしまい返済できなくなったというケースもあります。

 

卒業後に奨学金と学生ローンの返済で生活できなくなる

学生ローン奨学金

 

学生ローンを借りに来る経済的に厳しい状況の学生の多くは、奨学金を借りて大学に通っているというケースも多いです。

 

そのため学生ローンを大学生時代に完済することができずに社会人になってしまうと、学生ローンの返済と奨学金の返済でかなり経済的に追い詰められてしまう可能性があります。

 

大学卒業後に就職することができれば何とか返済できるかもしれないですが、大学卒業後に就職に失敗してしまったり、何かの理由で入社してからすぐに会社を退職してしまうと返済に困る可能性があります。

 

大学の学費は年々増えている状況で、学生ローンまで借りていたらかなりの借金額になってしまうと思うので、大学卒業後にどのようにして返済していくのか、あらかじめある程度のプランを考えておく必要があります。

 

ただ近年は昔よりも就職率が良くなってきているので、新卒で会社に入社できる可能性は高く、金額によっては返済できる可能性は高いです。

学生ローンを滞納するとどうなる?

学生ローン滞納

 

学生ローンを返済できなくなってしまって滞納してしまった場合にはどうなるのでしょうか?

 

学生ローンを滞納するということは借金を滞納するということなので、ローン会社から借金返済の督促をされるのはいうまでもないです。こういった借金返済の督促をされるのは非常に大きなストレスになります。

 

他にも「遅延損害金」と「信用情報がブラックリストに登録される」、「親に借金がバレる」というデメリットが発生します。

 

遅延損害金が発生する

 

学生ローンの返済が滞納すると当然ですが遅延損害金が発生することになり、返済負担はどんどん重くなっていってしまいます。約束の返済期日に借金が返済されない状況だと、罰金として遅延損害金が発生することになります。

 

借金が返済できないために滞納しているのに、さらに遅延損害金で借金が増えていったら、そこから雪だるま式に借金が増えていってしまう可能性があります。

 

信用情報がブラックリストに登録される

 

借金を滞納すると信用情報がブラックリストに登録されてしまいます。これだけだとどういったデメリットがあるのかわからないという方も多いと思います。

 

信用情報は借金の履歴のようなもので、信用情報は信用情報機関を通じて他の金融業者と共有されています。そのため借金を滞納すると、借金を滞納したということが、他の金融業者にも知られてしまうということになります。

 

つまり借金を滞納するくらい経済的に追い詰められているということが他の金融業者に知られることになるので、クレジットカード作成や新たに借金する際の審査に落ちることになります。

 

参照:信用情報のブラックリストとは

 

親に借金がバレる

 

学生ローンは親に内緒で借りることができるというメリットがありますが、学生ローンの滞納が続くとローン会社が実家に督促状を送ることもあるようです。

 

親に内緒で勝手に学生ローンからお金を借りていたようなケースだと、親にローンの事を知られることでトラブルになる可能性もあるので注意が必要です。

学生ローンは自己破産で支払いを免除できる!

学生ローン自己破産

 

学生ローンがどうしても返済できない場合には債務整理という方法で借金を整理することもできます。

 

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産という手続き方法がありますが、自己破産はこの中でも一番強力な債務整理方法になります。

 

そこでここでは自己破産を利用する場合のメリットとデメリットについてわかりやすく解説しようと思います。

 

学生ローンを自己破産するメリット

 

自己破産は裁判所で手続する債務整理方法で、裁判所から免責をが認められれば学生ローンの返済義務がなくなるというのが一番大きなメリットだと思います。

 

そのため自己破産することができれば、借金の元本はもちろんですが借金の利息も全て実質的にゼロにすることができます。

 

ただ借金が学生ローンだけの場合で自己破産するというのは個人的にはあまりお勧めできないです。学生ローンの限度額は通常50万円程度でそこまで大きな金額ではないので、複数の金融業者から借金がないなら別の債務整理方法がいいのではないかと思います。

 

しかし学生ローンだけでなく奨学金も返済できないという場合だと話は違ってきます。

 

学生ローンだけなら借金負担はそこまで大きくはないですが、奨学金は私立大学で学部や学科によっては1000万円近くになることもあるので、学生ローンとは比べ物にならないくらいの負担になる可能性があります。

 

こういった場合なら自己破産の利用を検討する価値は十分にあると思います。

 

学生ローンを自己破産するデメリット

 

学生ローンを自己破産すれば返済義務がなくなるというメリットがありますが、一方でこれだけ強力な債務整理方法なのでデメリットもあります。

 

その一つが信用情報がブラックリストに登録されるということです。ただこれはすでにローンを滞納しているケースだとすでにブラックリストに登録されている可能性があります。

 

他にも持ち家や自動車などの高額資産が没収されるということです。しかし学生ローンを借りるような若者が、持ち家や自動車を持っているとは考えにくいのでそこまで大きなデメリットにはならないです。

 

後は官報に名前が掲載されるということと、破産状態の間は一部の職業で職業制限が生じるということです。

 

こうしてみると学生が学生ローン自己破産するケースだとそこまで大きなデメリットが発生するような感じではないですが、将来就職して返済可能な学生に自己破産が認められるかという問題もあります。

 

自己破産する前に一度は弁護士や司法書士の無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

学生ローンの自己破産以外の返済方法

学生ローン自己破産以外の返済方法

 

借金が学生ローンだけの場合なら、自己破産以外の方法を利用して返済を考えるのが現実的なのではないかと思います。

 

そこで学生が学生ローンを返済する場合に考えられる借金返済の方法についてまとめてみました。

 

親に相談する

 

一番現実的な方法は親に相談するという事だと思います。相談する前に家に返済する余力がないとわかっている場合ならともかく、ある程度実家に返済余力がありそうな場合には親に相談するのが一番の方法だと思います。

 

とはいっても借金理由によっては叱責される可能性はありますが、学生ローンを滞納し続けると、どちらにしても実家に督促状が送られてしまうので、ローン会社からの督促状で借金を知らされるよりは、自分から素直に学生ローンのことを話した方がマシなのではと思います。

 

ただ実家が明らかに学生ローン返済に耐えられる状況ではないという場合には債務整理を利用して返済を検討することになります。

 

個人再生を検討する

 

個人再生は自己破産と同じく裁判所で手続する債務整理方法で、弁護士や司法書士に依頼して手続きする債務整理方法で、債権者に提示した再生計画案に沿って返済していくという債務整理方法になります。

 

自己破産のように借金が全額免除になるというわけではないですが、借金の減額幅が大きく、元本と利息の両方を大きく減額してくれるので、借金額が大きい人向けの債務整理方法になります。

 

ただ借金が学生ローンだけのケースで利用することはあまりないのではないかと思います。自己破産と同じく、学生ローンだけのケースで利用するのには向かない債務整理方法だと思います。

 

参照:自己破産と個人再生の違い

 

任意整理を検討する

 

学生ローンを債務整理する場合に一番の利用候補になるのが任意整理になります。

 

任意整理は手続きを依頼した弁護士や司法書士が金融業者と交渉して借金の利息を免除したり、毎月の返済額を軽くしてもらうなどの効果が期待できる債務整理方法です。

 

裁判所で手続する債務整理方法ではなく交渉で借金返済の負担を軽くする方法なので、依頼する弁護士や司法書士選びが重要になってきますが、親に内緒で借金整理できるというメリットもあります。

 

また借金が学生ローンだけで借入先が少ない場合なら依頼料金も比較的安く抑えることができるので、学生の借金整理には利用しやすいと思います。

 

参照:自己破産と任意整理の違い

まとめ

学生ローン自己破産まとめ

 

学生ローンは経済力のない学生が安易に借りると、利息や遅延損害金によってどんどん借金が雪だるま式に増えてしまい返済できない状況になってしまう可能性があります。

 

そうなってしまった場合には早めに親に相談するとか、債務整理を検討するなどの措置が重要になってきます。滞納を続けていると遅延損害金がどんどん増えていくだけで、状況はどんどん悪化していきます。

 

借金状況は人によって違ってくると思いますが、借金が学生ローンだけのケースなら任意整理で十分に対応できるのではないかと思います。学生ローンと奨学金の負担があって返済できないなら自己破産も利用候補に入ってきます。

 

自分だけで借金問題を解決しようとするとなかなか答えが出ないことも多いので、まずは借金問題解決に対応している弁護士や司法書士の無料相談を利用するといいと思います。

 

当サイトではメールや電話で気軽に無料相談することができる弁護士や司法書士をまとめているので参考になると思います。まずは気軽に学生ローンの返済について相談してはどうでしょうか。

 

手元にお金が無くても自己破産は可能です!
自己破産は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる自己破産におすすめな弁護士事務所は、自己破産の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

自己破産が得意な弁護士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

自己破産対応の弁護士の特徴から選ぶ

料金・費用が安い
分割払い後払い
電話相談無料
土日祝日相談

自己破産する理由や状況から選ぶ

カードローン
クレジットカード
無職退職
母子家庭
ギャンブル
株取引FX
不動産投資
闇金
奨学金
慰謝料養育費
サラ金・消費者金融
家賃滞納
自動車ローン
教育ローン
医療費
病気・ケガ
税金・社会保険料
公共料金・水道光熱費
損害賠償金
ゲーム課金