フクホーの借金は自己破産で支払い免除可能!

フクホー自己破産

 

フクホーは大阪を拠点にしている老舗の中小規模の消費者金融で、創業50年という歴史がある企業ということもあり、地元に根差している利用者も多い消費者金融になります。

 

大阪に事務所がある消費者金融でしっかり登録「大阪府知事(05)第12736号」や貸金業の認可「日本貸金業協会会員第001391号」を受けている消費者金融ということもあり、大阪を中心に利用者が多いです。中小規模の消費者金融ですが、過払い金返還請求からもしっかりと生き残っているということもあり経営はしっかりしているのではないかと思います。

 

そんなフクホーは実質年率7.3%から18%でお金を貸しており、全国どこからでも来店不要で即日融資が可能ということもあり、中小の消費者金融の中でも良心的で利用しやすいのではないかと思います。金利を見ても大手の消費者金融とそこまで大きな違いはないです。

 

またレディースキャッシングや借換えローンなどもやっており、フクホーからお金を借りている方も多いのではないでしょうか。

 

ではそんなフクホーからの借金が返済できなくなってしまった場合にはどうすればいいのでしょうか?

 

借金問題の解決方法については色々あると思いますが、自分で借金問題を解決するなら債務整理を検討するといいと思います。中でも自己破産は法的に借金を整理することができる債務整理方法なので、フクホーを含めた借金が返済できない状況になってしまったら手続きを検討するといいかと思います。

 

ここではフクホーからの借金を自己破産する場合についてわかりやすく解説しようと思います。

 

フクホーの借金を自己破産するデメリット

フクホー自己破産デメリット

 

フクホーからの借金を自己破産するとどのようなデメリットが生じるのかをまずは説明しようと思います。

 

フクホーからの借金は自己破産を利用することによって支払いを免除することができますが、こういった強力な債務整理方法が何のデメリットもなく利用できるということはないです。では具体的にどのようなデメリットが生じるのでしょうか?

 

フクホーの借金を自己破産するデメリット
  • 手続き期間中に職業制限が生じる
  • 依頼費用は数十万円になる
  • 自動車や持ち家などの高額資産が没収

 

手続き期間中に職業制限が生じる

 

フクホーからの借金を自己破産する場合に気を付けたほうがいいのは、自己破産すると職業制限が生じるという事です。

 

自己破産の職業制限では、一部の職業に限って自己破産手続き中には就けないというものです。そのため職業制限に該当する人は会社に自己破産することを伝えないといけないので、会社に自己破産のことが知られてしまうことになります。これってかなり大きなデメリットだと思います。

 

こうして見ると「会社に知られるなら自己破産できない!」と思う方もいるかもしれないですが、職業制限に該当する職業はそこまで多くはないので、一般の公務員やサラリーマンなら該当する方は少ないのではないかと思います。

 

また仮に該当してしまったとしても、自己破産手続き中だけの期間限定のデメリットなので、自己破産手続きが完了して借金が免責になれば普通に元の仕事に就くことができます

 

参照:自己破産の職業制限

 

依頼費用は数十万円になる

 

自己破産は裁判所で手続する債務整理方法なので、手続きが非常に複雑で必要な書類も多いため、手続きは弁護士や司法書士などの専門家に依頼してやってもらうというのが一般的です。

 

そのため弁護士や司法書士に依頼するための依頼費用が必要になってきます。依頼費用は弁護士事務所や司法書士事務所によって違ってきますが、30万円から50万円くらいは必要になってきます。

 

自己破産するする方の多くはお金がないから自己破産するわけなので、依頼費用が手元にないという方もいると思いますが、依頼費用の支払いについては、弁護士や司法書士に相談して決めるといいかと思います。

 

依頼を受ける弁護士や司法書士も自己破産する方にお金がないことはあらかじめ知っていることなので、払い方法について柔軟に対応してくれる事務所は結構多いです。依頼費用が手元にないという方も一度相談してみるといいです。

 

自動車や持ち家などの高額資産が没収

 

自己破産するといくつかのデメリットがありますが、その中でも結構大きなデメリットが、自動車や持ち家などの高額資産が没収されてしまうということです。

 

自己破産すると自動車や持ち家などの高額資産が没収されてしまい、破産管財人によって換価されて債権者に分配されることになります。自己破産すると借金が免除されるのだから仕方がないことだと思います。自己破産しても何も失わないということになったら自己破産を悪用する人も出てきそうですしね。

 

こうしてみると大きなデメリットだと感じますが、自己破産する方は自動車や持ち家などの高額資産を持っている方は少ないので、実際にはそこまで大きな影響がない方が多かったりします。

 

ちなみにテレビやスマホ、パソコンを含めた家電や家具については普通に残すことができるので、自己破産したからといって全てが没収されて失うというわけではないです。そのため高額資産がない方は自己破産しても生活への影響がそこまでないという方も多かったりします。

フクホーの借金を自己破産するメリット

フクホー自己破産メリット

 

フクホーからの借金を自己破産するデメリットは上記のようにいくつもありますが、そのデメリットにも負けないメリットもあります。

 

自己破産については知られている債務整理方法なので、何となくどのようなメリットがあるのか知っている方もいるかと思いますが、改めてしっかりとメリットについて解説しようと思います。

 

フクホーの借金を自己破産するメリット
  • フクホーからなどの借金を免除できる
  • 強制執行をストップできる

 

フクホーからなどの借金を免除できる

 

フクホーからの借金を自己破産する一番大きなメリットは、裁判所が免責を認めれば借金返済の義務が免除されるということです。つまり借金返済する必要がなくなるので事実上借金がゼロになるということになります。

 

借金問題を抱えている側からすると借金返済する必要がなくなるというのは一番大きなメリットではないでしょうか。つまりフクホーからの借金問題が一気に解決するということになります。

 

自己破産には職業制限や高額資産が没収されるなど、いくつもデメリットがありますが、そういったデメリットも借金問題を一気に解決することができるというこのメリットと比較すると小さなデメリットに感じます。

 

ただ自己破産でも税金や罰金などの一部の借金は免除対象にならないので注意が必要です。しかしフクホーなどの消費者金融からの借金は問題なく整理対象になるので、自己破産することによって借金の返済義務が免除になります。

 

強制執行をストップできる

 

自己破産のもう一つのメリットとして、強制執行をストップできるというメリットがあります。

 

フクホーなどの借金を滞納すると最終的には裁判になってしまって、その結果として強制執行によって資産や給料が差し押さえられることになります。これはフクホーに限ったことではなく金融業者の多くは最終的には差し押さえを行ってくると思います。

 

しかし借金を滞納して返済が難しい状況で差し押さえ手続きを止める方法はほとんどないです。当然ですが借金を返済すれば差し押さえをストップすることができますが、そもそもそんな簡単に返済できたら借金を滞納するわけはないので現実的ではないです。

 

そこで自己破産によって差し押さえをストップするという方法を検討します。借金が返済できなくて滞納してしまい、その結果として強制執行が迫っているということは、返済の見込みが立ってないということなので、自己破産を含めた債務整理によって借金を整理することを検討したほうがいいです。

 

ただ差し押さえの通知などが来ていて期日が迫っているようだと、早めに手続きを決断しないと差し押さえられてしまう可能性があるので注意が必要です。

自己破産後にフクホーからの借入は可能か?

自己破産後フクホー借入

 

自己破産すれば借金問題を解決することができますが、自己破産で借金の整理対象になるので自己破産する時点で発生している借金に限ります。つまり自己破産後に発生した借金は免除対象にならないので注意が必要です。

 

そうした状況で自己破産後にフクホーから借入が可能なのかという事ですが、結論を言ってしまうと、自己破産してから5年以下という状況だと新たに借入することは難しいと思います。

 

自己破産などの債務整理手続きをすると信用情報がブラックリストに登録されてしまうので、金融業者から借金をするために借入審査を受けたとしても、過去に行った自己破産などの債務整理の経歴が知られてしまうことによって審査に落ちることになります。

 

信用情報は借金の履歴のようなもので、信用情報機関を通じて消費者金融やカード会社、銀行などの金融業者と共有されることになるので、自己破産したことも他の金融業者の間に情報共有されてしまうため、債務整理した経歴がネックになって借入審査に影響してきます。

 

信用情報のブラックリストは信用情報機関によって登録期間は違ってきますが5年から10年くらいは登録されると思ったほうがいいです。自己破産だと若干他の債務整理よりも登録期間が長くなりがちなので注意が必要です。

 

ただフクホーなどの中小の消費者金融は大手の消費者金融と比べると借入審査が若干緩いので、自己破産後で信用情報がブラックだったとしても、借入額や収入状況によっては借入審査に通る可能性もなくはないと思います。ただ審査に通るかどうかは金融業者の裁量次第なので必ず借りられるとは言い切れないです。

 

参照:信用情報のブラックリストとは

家族に内緒でフクホーの借金を自己破産できる?

フクホー家族に内緒借金

 

フクホーから家族に秘密にして借金している方は結構多いのではないかと思います。

 

フクホーなどの中小の消費者金融でも最近ではネットなどスマホから手軽に借入が可能になったりしているので、家族に内緒で手軽にお金を借りられてしまいます。実際にお金を借りるだけなら家族に内緒で借りるのは簡単なことです。

 

そのためちょっとした欲しいものがあって家族に内緒で購入するためにフクホーなどから借入てしまったという方は少なくないのではないかと思います。借入てもその後でしっかりと完済できていれば問題ないですが、一度借金したことでタガが外れてしまって多額の借金をしてしまうと、利息などによっていつの間にか返済しきれないという事になりかねないです。

 

家族に内緒の借金が返済しきれないという状況になってしますと、自宅に借金の督促などが来ることになるので、そのことによって家族に借金のことがバレてしまう可能性があります。

 

そこでそうなる前にできる対策方法として自己破産などの債務整理手続きがあります。ただ結論を言ってしまうと自己破産を家族に内緒で行うのは難しいです。

 

自己破産すると裁判所での手続きが必要になってくるので、手続き書類や連絡が裁判所から自宅に来る可能があり、さらに資産調査なども行われるのでそういったことから家族に手続きのことがバレる可能性があります。

 

家族に内緒で借金を整理することに重点を置くなら、自己破産よりも任意整理を検討した方がいいと思います。任意整理は裁判所が関係しない手続き方法で資産調査なども行われないので、家族にバレずに借金を整理できる可能性が高いです。

 

参照:任意整理と自己破産の違いとは?

フクホーの借金を自己破産するなら無料相談から

フクホー自己破産無料相談

 

フクホーからの借金が返済できなくなってしまって自己破産を検討しているなら、最初にやるべきことは無料相談を利用して弁護士や司法書士に借金問題を相談することです。

 

自己破産する場合には、基本的には弁護士や司法書士の無料相談を利用して、そこで自己破産に関する詳しい手続き方法や利用条件などについて説明を受けて、それから手続きしようと決めたらそのまま手続きを依頼するというのが通常の流れになります。

 

自己破産のような強力な債務整理方法を何の説明も受けずにいきなり依頼するというのはハードルが高すぎると思うので、あらかじめ弁護士や司法書士から自己破産について疑問点を質問して納得してから手続きを依頼したほうが安心感があると思います。

 

自己破産に慣れているような弁護士事務所や司法書士事務所は借金問題に関する無料相談を行っているのが普通なので、自己破産を検討しているなら、とりあえずは無料相談を利用して話だけでも聞いてみるといいかと思います。

 

当サイトではメールや電話で気軽に空いている時間に無料相談することができる弁護士事務所や司法書士事務所をまとめています。「とりあえず話だけ聞きたい」というような状況でも気軽にメールなどで相談することができるので、自己破産など借金整理についてどこに相談したらいいのか悩んでいるなら参考になると思います。

 

手元にお金が無くても自己破産は可能です!
自己破産は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる自己破産におすすめな弁護士事務所は、自己破産の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

自己破産が得意な弁護士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

自己破産対応の弁護士の特徴から選ぶ

料金・費用が安い
分割払い後払い
電話相談無料
土日祝日相談

自己破産する理由や状況から選ぶ

カードローン
クレジットカード
無職退職
母子家庭
ギャンブル
株取引FX
不動産投資
闇金
奨学金
慰謝料養育費
サラ金・消費者金融
家賃滞納
自動車ローン
教育ローン
医療費
病気・ケガ
税金・社会保険料
公共料金・水道光熱費
損害賠償金
ゲーム課金

借入先から選ぶ

プロミス
アコム
レイクアルサ
アイフル
SMBCモビット
ジェイスコア