自己破産を弁護士に依頼するデメリットはあるのか

自己破産を弁護士に依頼するデメリット画像

 

自己破産を弁護士に依頼する際に大きなデメリットとしてあげられるのは費用の大きさではないでしょうか。

 

自己破産の弁護士費用は任意整理などと比べるとかなり高額になるので、経済的に厳しい状況を考えると自己破産で弁護士費用を支払うのは難しいという人もいるかもしれないですね。

 

ただ自己破産を弁護士に依頼する際のデメリットはこの費用面の問題だけだと思います。

 

この自己破産の費用についてはそこまで深刻なものではないです。

 

弁護士事務所のほうでも自己破産する人にお金がないことは理解しているので、分割払い法テラスを利用した支払方法などできるだけ負担が小さくなるような支払い方法を提示してくれます。

 

実際に自己破産する人の9割以上は弁護士に依頼して自己破産の手続きをするので、費用面の問題はありますがデメリットはそれだけなので、法テラスや分割払いなどを利用しての手続きを検討するといいです。

 

では自己破産を弁護士に依頼するメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

自己破産を弁護士に依頼するメリット

自己破産を弁護士に依頼するメリット画像

 

自己破産の際に弁護士費用を節約するために自分で自己破産を行おうとする人もいますが、自己破産を弁護士に依頼するメリットもあるので、それを見て、自分のやるかどうか判断するといいと思います。

 

自己破産を弁護士に依頼するメリット一覧

 

自己破産に必要な手続きや書類作成を丸投げできる

 

自己破産に必要な書類は非常に膨大で、借金をしている債権者に連絡して送ってもらうことが必要な書類も多数あります。そういった場合に素人が業者に電話して必要な書類を請求しても相手にされない場合があります。

 

自己破産に必要な書類ということは、自分の会社の借金が踏み倒されるということなので、業者としては抵抗したいところですよね。

 

しかし弁護士が資料請求すると素直に出さざる得ないなので、それだけ手続きがスムーズに進みますし、そもそもの資料作成をすべてお願いすることができます。

 

この資料作成は複雑で、少しでも不備があると裁判所で手続ができないので、正直言って素人が自分でやるにはハードルがかなり高いと思います。

 

自己破産の手続きを短縮できる

 

自己破産を弁護士に依頼すると資料作成などでも素人が行うよりも素早く資料を集めることができますが、それだけでなく、弁護士なら裁判所で破産人本人に代わって申し立てを行うことによって即日面接によって手続きを短縮できます。

 

通常は申し立てを行ってから1ヶ月か2ヶ月くらいは必要になるのですが、弁護士の場合には即日面接などによってスムーズに手続きが進みます。

 

これは弁護士が作成した資料が信頼できるとみなされるからの処置になります。

 

そのため素人が作成した書類ではこのようにスムーズに手続きは進みません。

 

少額管財を利用できる

 

自己破産には管財事件と同時廃止があり、資産がある場合には管財事件んという手続きになり、破産管財人を選出して手続きをする必要があり、同時廃止よりも多くの時間と費用が必要になってきます。

 

管財事件の場合には50万円以上の費用が必要になってきますが、弁護士に依頼している場合には少額管財事件を利用することができるケースがあり、費用が20万円程度の抑えることが可能です。

 

管財事件になるような場合には、費用節約効果などを考えると明らかに弁護士を利用した方がお得だということがわかると思います。

 

免責許可を得られる可能性が高くなる

 

自己破産の手続きをすれば自動的に借金が免除されると思っている人もいますが、自己破産の手続きが進んでも、裁判所が免責許可を与えてくれないと借金が免除されることはないです。

 

自己破産をする際には、書類審査だけでなく、面接などもあり、その際に何かやらかすと免責許可を得られなくなる可能性があるので注意が必要になります。

 

最初は自己破産の申立を行なう際に裁判官から質問されますが、ここでは弁護士に依頼している場合には弁護士が対応してくれます。逆に弁護士に依頼してない場合には自分で対応する必要に迫られます。

 

手続きが進んでいくと免責許可を判断する免責審尋というものがありますが、これは本人が対応する必要があります。

 

免責するかどうかの判断の分かれ目なので弁護士のアドバイスを貰いながら行ったほうが安心です。

 

借金の取立をストップしてくれる

 

借金の取立のストップは自己破産だけでなくほかの債務整理方法でも弁護士が行ってくれる大きなメリットの一つになります。

 

弁護士に依頼すると金融業者とのやり取りはすべて弁護士がやってくれるようになるので、取立てもすぐにストップしてくれます。

 

業者からの問い合わせや対応などもすべて弁護士がやってくれるので、依頼人は金融業者を気にせずに暮らすことができるようになります。

 

このように自己破産を弁護士に依頼するためのメリットは色々あります。

 

自己破産を利用する目的は、免責許可をもらって借金を免除してもらうことにあります。

 

そういった意味でも免責許可の可能性が高くなる弁護士への依頼は活用すべきことだと思います。

 

また資産が少しでもあるような場合には、管財事件から少額管財事件にすることで費用節約できるというのも非常に大きいので、管財事件になりそうな場合には特に大事になってきます。

自己破産を弁護士に依頼するかは無料相談してから決めよう

自己破産を弁護士に依頼するかは無料相談画像

 

自己破産をする際には9割以上の人が弁護士に依頼して行っていることからも、普通に考えたら弁護士に依頼して自己破産を行うようにしたほうがいいというのはわかると思います。

 

ただどうしても自分でやりたいという場合には、いきなり手続きするよりは、債務整理の無料相談を行っている弁護士に一度相談してから決めるようにするといいと思います。

 

自己破産の実務を経験している弁護士への相談は、実際にこれから自分で自己破産をする際にも参考になると思います。

 

やはり自己破産をする際には弁護士に依頼した方がいいとは思いますが、何かの事情で自分でやる際には書類作成などでミスをしないようにするようにしましょう。

 

当サイトでは自己破産や債務整理などの借金問題解決方法に慣れた弁護士事務所をいくつかピックアップして載せているのでよかったら参考にしてください。

 

全国対応で無料相談に応じている実績豊富な弁護士事務所を選んで載せているので、借金問題で悩んでいるならとりあえずは相談してみるといいです。

 

無料相談を利用したとしても債務整理しないといけないという制約はなく、公式サイトでは専用のメールフォームがあるので、そこから気軽に問い合わせをしてみるといいと思います。

 

自己破産等の債務整理について無料相談

 

無料相談できる弁護士事務所一覧はこちら