アコムからの借金は自己破産で支払い免除可能

アコム自己破産

 

アコムはテレビCMでもお馴染みの大手消費者金融の一つで、三菱UFJフィナンシャルグループ系列という銀行関連の消費者金融業者になります。

 

三菱UFJフィナンシャルグループという大手銀行系列の消費者金融ということもあり、資金力があり宣伝にも力を入れていることから、自己破産する方の中には、アコムからの借金も含まれているというケースは少なくないです。

 

またアコムではカードローンだけでなく、ACマスターカードというクレジットカードサービスも行っているので、単純に消費者金融としての借金だけでなく、クレジットカードによる借金でも利用している方もいると思います。

 

アコムは審査時間が最短30分で即日融資が可能で、初回利用者は30日間金利0%で借入が可能というメリットがあり、非常に利用しやすい消費者金融業者です。

 

そんなアコムからの借金は自己破産を利用して整理することができます

 

下記でアコムからの借金を自己破産するメリットやデメリットについてわかりやすく解説しているので参考にしてください。

 

アコムの借金を自己破産するデメリットとは?

アコム自己破産デメリット

 

アコムからの借金を返済でいなくて自己破産することになった場合にどのようなデメリットが生じるのか気になっている方も多いと思います。

 

アコムの借金を返済できない状況になってしまって自己破産を検討しているなら、下記のデメリットについて一読してもらうと理解しやすいのではないかと思います。

 

アコムの借金を自己破産する4つのデメリット
  • 信用情報がブラックリストに登録
  • 手続き期間中職業制限を受ける
  • 高額資産を没収される
  • 官報に名前が掲載される

 

信用情報がブラックリストに登録

 

アコムからの借金を自己破産すると信用情報がブラックリストに登録されるというデメリットが発生することになります。

 

信用情報とは借金の履歴のようなもので、信用情報機関を通じてデータベースとして保存されることになり、新たな借入やクレジットカードの与信審査などに利用され、そこで自己破産した経歴が知られることになり、新たな借り入れやクレジットカード作成ができなくなるということになります。

 

つまり自己破産すると、自己破産したことがアコム以外の金融業者に信用情報機関を通じて知られることになってしまい、そのことによって金融サービスで不利益を受ける可能性があるということになります。

 

こうしてみると自己破産すると借金ができなくなったり、クレジットカードが利用できなくなるなど大きなデメリットが生じると感じる方もいるかと思いますが、アコムの借金を滞納していれば自己破産しなくても信用情報はブラックリストに登録されるので、どちらにしてもブラックリスト登録は避けられないです。

 

そのため自己破産するくらい借金に追い詰められているなら、ブラックリスト登録は気にせずに自己破産してしまった方がいいです。

 

参照:信用情報のブラックリストとは

 

手続き期間中職業制限を受ける

 

アコムからの借金を自己破産手続で整理する際に考える必要があるのが、自己破産手続き中に職業制限が生じる可能性があるということです。

 

自己破産の手続き期間中は破産者ということになるので、その間は一部の職業に就くことができないというデメリットがあります。具体的には税理士や弁護士、司法書士、弁理士、公認会計士、行政書士などの士業系の職業が多く、他にも警備員などにも就くことができないです。

 

職業制限に該当しないなら全く問題なく普通に働くことができますが、職業制限に該当するようなケースだと仕事に支障が出てしまう可能性があるので、事前に自己破産する前に職業制限に該当するかどうかを確認してから手続きを検討するといいと思います。

 

下記で自己破産の職業制限についてわかりやすく解説しているので参考にしてください。

 

参照:自己破産の職業制限にについて

 

高額資産を没収される

 

自己破産すると借金が全額免除されることになりますが、こういった強力な債務整理方法なので、高額資産を持ったままで自己破産することはできないという問題があります。

 

つまり持ち家や自動車などの評価額が20万円を超えるような高額資産は、自己破産する際に債権者に配当として分配されてしまうため没収されることになります。

 

自己破産して借金を免除してもらいながら、高額資産をそのまま残せるという都合のいいことはできないということです。

 

ただ自己破産する方の多くは、資産がないという方が多いので、実際にはそこまで大きな影響しないことが多かったりします。

 

官報に名前が掲載される

 

自己破産すると官報に名前が掲載されるというデメリットが生じることになります。

 

官報というのは政府の機関紙のことで、自己破産するとこの官報に名前が掲載されてしまって、家族や会社の人に自己破産したことが知られてしまう可能性が生じます。

 

ただ実際に官報を読んでいるという方はほとんどいないので、自己破産が家族や会社の人に知られる可能性は低いです。あなたやあなたの周りで官報を読んでいる人はいますか?

 

官報はよほど特殊な仕事をしてないとチェックすることはないので、官報に名前が掲載されたとしても、そのことによって自己破産したことを指摘される可能性は低いです。

アコムの借金を自己破産するメリット

アコム自己破産メリット

 

アコムからの借金を自己破産するメリットについてもまとめてみたので参考にしてください。

 

自己破産にはデメリットが複数ありますが、それを上回るメリットがあるので、アコムからの借金で困っているなら下記のメリットをご覧ください。

 

借金返済の義務がなくなる

 

アコムからの借金を自己破産する最大のメリットは「借金返済の義務がなくなる」ということだと思います。借金問題で苦しんでいたとしても、自己破産すれば一気に借金問題が解決することになります。

 

アコムなどからの借金が返済できなくて自己破産などの債務整理手続きを利用するわけなので、借金問題が一気に解決するというのは、借金問題を抱えている側としては何よりも大きなメリットだと思います。

 

債務整理方法の中でも自己破産のように借金返済義務がなくなるという手続き方法は他にはないので、自己破産ならではの非常に大きなメリットと言えるかと思います。

 

自己破産は上記で記載したようにいくつかのデメリットがありますが、「借金返済の義務がなくなる」というのは事実上借金がゼロになるということなので、数あるデメリットを大きく上回るメリットだと思います。

 

強制執行がストップする

 

アコムなどの消費者金融からの借金の滞納を続けていると最終的には裁判になってしまって、強制執行により資産や給料などが差し押さえられてしまう可能性があります。

 

資産や給料が差し押さえられると生活に影響が出てしまう可能性があり、特に給料が差し押さえられると借金問題を抱えていることが会社に知られることになり、手続きで会社に迷惑をかけることになるので、その後の仕事に支障が出てしまう可能性があります。

 

しかし自己破産すると強制執行をストップすることができるので、アコムからの借金を滞納してしまって強制執行の懸念があるなら十分に利用を検討する価値はあると思います。

 

強制執行まで借金問題が進行してしまっているということは、おそらくアコムの借金を完済できる見込みがないということだと思うので、強制執行される前に早めに自己破産を検討してもいいかと思います。

アコムの借金を家族に内緒で自己破産することは可能?

アコム自己破産内緒

 

アコムからの借金を家族に内緒で自己破産したいと思う方は少なくないです。

 

家族に秘密の借金があって、その返済に困ってしまった結果として、自己破産を利用して借金問題を返済したいと考える方もいると思いますが、その際に気になるが、家族に内緒にしながら自己破産することができるのかということです。

 

結論としては同居家族で生計を1つにしているようなケースだと家族に秘密にしながら自己破産することは難しいです。

 

理由は裁判所などから書類が送られてくるので、同居家族でそういった書類から自己破産することがバレる可能性があるということと、生計を1つにしている状況だと資産調査などによって手続きがバレる可能性があるからです。

 

ただ逆に、別居状態で生計が別というようなケースだと自己破産しても家族に手続きのことがバレない可能性もあるということになります。

 

現在の家族の状況によってはアコムからの借金を家族に秘密にしたまま手続きすることが可能なので、まず手続きをしてくれる弁護士などに相談してはどうでしょうか。

自己破産後にアコムから借入は可能か?

自己破産後アコム借入

 

自己破産後にアイフルから借入が可能なのか気になっている方もいると思いますが、自己破産後すぐにアコムから借入することは不可能です。

 

理由は信用情報がブラックリストに登録されてしまうためです。

 

自己破産の場合だと5年から10年くらいは信用情報機関に金融事故としてブラックリストに登録されることになるので、この期間の間は新たに借入をしようとしても融資審査で落ちることになるので借入はできないです。

 

しかし信用情報のブラックリスト登録期間を過ぎれば審査に通って新たに借りることができる可能性があります。

 

ただアコムからの借金を自己破産の対象にしてしまったようなケースだと、信用情報のブラックリスト登録期間を終えても借入ができない可能性があります。

 

それはアコムのような大手の金融会社では、信用情報機関でのデータだけでなく、社内に独自のデータベースがあるので、過去に自社の借金を自己破産で踏み倒した方のデータが残ってしまっているからです。

 

信用情報機関のデータは5年から10年で削除されますが、社内データはそのままずっと残ることになるので、アコムで自己破産して借金を整理してしまった方は、アコムの社内データによって借入審査に落ちてしまう可能性があります。

まとめ

アコム自己破産まとめ

 

アコムからの借金が返済できなくなってしまって困っているなら自己破産を検討するといいかと思います。

 

ただいきなり弁護士に自己破産を依頼するというのはハードルが高いと思うので、まずは弁護士事務所や司法書士事務所が行っている無料相談を利用してはどうでしょうか。

 

自己破産を含めた債務整理手続きや、借金問題に対応している弁護士事務所や司法書士事務所の多くは無料相談をやっているので、まずは話だけでも聞いてみるといいかと思います。

 

無料相談を利用して自己破産を含めた債務整理手続きに関する詳しい話を聞いて、それでも自己破産を依頼したいと思ったら手続きを依頼するといいと思います。

 

当サイトでは自己破産を含めた債務整理手続きや借金問題に関する無料相談をやっている法律事務所を載せているので、どこに相談したらいいのか悩んでいるなら参考になると思います。

 

メールや電話による無料相談が可能なので「自己破産するかわからないけど、とりあえず話を聞きたい」というような方も利用しやすいと思います。借金問題を抱えていて相談先に悩んでいるなら下記を参考にしてください。

 

手元にお金が無くても自己破産は可能です!
自己破産は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる自己破産におすすめな弁護士事務所は、自己破産の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。

自己破産が得意な弁護士を探す!
都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県福島県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 滋賀県京都府大阪府兵庫県
中国・四国地方 岡山県広島県山口県愛媛県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県沖縄県

自己破産対応の弁護士の特徴から選ぶ

料金・費用が安い
分割払い後払い
電話相談無料
土日祝日相談

自己破産する理由や状況から選ぶ

カードローン
クレジットカード
無職退職
母子家庭
ギャンブル
株取引FX
不動産投資
闇金
奨学金
慰謝料養育費
サラ金・消費者金融
家賃滞納
自動車ローン
教育ローン
医療費
病気・ケガ
税金・社会保険料
公共料金・水道光熱費
損害賠償金
ゲーム課金