自己破産したらどうなるの?わかりやすく解説!

自己破産したらどうなるのかということは何となくテレビで知っている人も多く、何とかく「借金がなくなる」と思っている人も多いかと思います。しかし具体的に自己破産するとどのような仕組みで借金がなくなるのかを知らない人は多いです。

 

自己破産したら裁判所の免責を受けて借金返済の義務がなくなる

 

自己破産したらそのまま借金がすぐになくなるというわけではなく、裁判所で手続きをして、裁判所から免責を得ることによって、ようやく借金返済の義務がなくなり、事実上借金がゼロになるというしくみです。

 

当サイトでは自己破産をしたらどうなるのかという詳しい説明はもちろんですが、自己破産の手続きのやり方や手続きの流れ、詳しいメリットやデメリット、利用条件や手続き期間、キャッシングやギャンブル、カードローンによる借金でも借金をゼロにできるのかなど、自己破産に関する情報をわかりやすく解説しています。

 

借金問題を抱えていて困っているなら、まずは自己破産するにはどうすればいいのか知っておきましょう。

自己破産するにはどうすればいい?

自己破産するにはどうすればいい

 

自己破産するには最初に弁護士や司法書士などの法律事務所の無料相談を利用することが必須です。

 

自己破産は裁判所で手続きを行う債務整理方法なので、自分でいきなり裁判所に行って手続きするということはないです。

 

自己破産するには弁護士の無料相談を利用して、そこで自己破産を利用できる条件を満たしているような状況の場合に、弁護士が自己破産手続きを受任して手続きを行っていくという流れになります。

 

自己破産するなら無料相談の利用は必須!

 

自己破産するには弁護士の無料相談を利用して、そこで自己破産に関する詳しい説明を受けて、それから手続きをするかどうか決めるといいです。

 

自己破産は複雑な債務整理方法なので、何となくという知識で手続きをすると、自己破産後に後悔する可能性があります。

 

自己破産などの債務整理手続きに関しては、無料相談を受け付けている弁護士事務所や司法書士事務所が多いので、お金がない状況でも普通に相談することはできます。

 

下記では自己破産する前の無料相談に最適な全国対応の弁護士事務所をランキングにして比較しているので参考にしてください。

自己破産におすすめな全国対応の弁護士をランキング比較!

自己破産におすすめな全国対応の弁護士・法律事務所を探していて、どこがいいのか悩んでいるなら下記のランキングが参考になると思います。

 

ランキングの弁護士事務所は自己破産手続きに慣れているだけでなく、債務整理全般に精通しており、借金問題に関して無料相談も行っています。まずは気軽に無料相談を利用して借金状況について説明しアドバイスを受けてはどうでしょうか。

 

弁護士法人サンク総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所レーダーチャート

 

弁護士法人サンク総合法律事務所は自己破産を含めた債務整理手続きを全国対応で行っている弁護士事務所で、北海道から沖縄までこれまで数多くの自己破産手続きを行ってきた経験豊富な弁護士事務所です。

 

月間相談実績が600件を超える人気事務所ということもあり、自己破産手続きの依頼も多く、これまでに数多くの自己破産事例を経験してきている事務所です。また依頼料金は初期費用0円分割払いにも対応していることから、手元にお金がない人でも自己破産手続きを依頼することができます。

 

サンク総合法律事務所は下記の公式サイトからメールや電話で無料相談を受け付けているので、自己破産を考えていたり、債務整理を検討しているなら話だけでも聞いてはどうでしょうか。

 

代表弁護士 対応地域 総合評価
樋口卓也 東京弁護士会 第29906号 全国対応 弁護士法人サンク総合法律事務所評価

 

無料相談は下記からどうぞ

 

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所レーダーチャート

 

東京ロータス法律事務所は全国対応で自己破産手続きなどの債務整理を行っている東京の弁護士事務所で、債務整理激戦区の東京で債務整理などの借金問題解決案件をやってきた実績のある経験豊富な事務所です。

 

東京ロータス法律事務所は債務整理などの借金案件をメイン案件としてやっているということもあり、自己破産手続きにも強く依頼者も多いです。また自己破産と任意整理の依頼費用が安いということもあり、経験や実績が豊富なのにコスパも良いです。事務所にはベテラン弁護士もおり安心感があります。

 

また無料相談を回数制限なしで利用できるというメリットもあり、無料相談は匿名でも可能でメールアドレスの入力も任意なので気軽に相談することができます。下記の公式サイトで無料相談を行っているので気軽にご覧ください。

 

代表弁護士 対応地域 総合評価
河原正和 第二東京弁護士会 (No.10855) 全国対応 東京ロータス法律事務所評価

 

無料相談は下記からどうぞ

 

名村法律事務所

名村法律事務所

名村法律事務所評価レーダーチャート

 

名村法律事務所は自己破産手続きを得意にしている弁護士事務所で、これまで多くの借金苦や借金地獄で悩んでいる人達を救済してきた実績があるベテランの法律事務所になります。自己破産の依頼費用が安いというメリットもあります。

 

名村法律事務所は東京大学法学部卒で25年以上の実績があるベテラン弁護士がいるので、自己破産のような複雑な債務整理方法も安心して依頼できます。秘密厳守で手続きしてくれるので、内緒で借金整理したいと思っている場合には無料相談を利用してはどうでしょうか。

 

全国対応で借金問題に精通している事務所で、無料相談は匿名でも利用することができるので気軽に下記の公式サイトにある相談フォームから相談してください。

 

代表弁護士 対応地域 総合評価
名村 泰三 登録番号第20741号 全国対応 名村法律事務所評価

 

無料相談は下記からどうぞ

 

弁護士法人アドバンス

弁護士法人アドバンス

弁護士法人アドバンス評価レーダーチャート

 

弁護士法人アドバンスは自己破産手続きなどの債務整理や借金相談を全国対応で行っている弁護士事務所で、個人の債務整理はもちろんですが、法人関係の借金整理にも慣れているので、個人事業主で自己破産を検討している場合にも相談することができます。

 

そんな弁護士法人アドバンスは借金相談の問い合わせ実績が月500件以上と豊富なので、自己破産のような難しい債務整理方法でも安心して依頼することができます。また自己破産の依頼料金が安いというのも大きなメリットだと思います。

 

また、弁護士法人アドバンスは無料相談を何度でも利用できるようになっており、LINEのようなチャットで匿名で住所やメールアドレス不要で相談が始められます。無料相談は「弁士相談ナビ」というサービスで行われており気軽に利用することができます。

 

代表弁護士 対応地域 総合評価
五十部紀英 第一東京弁護士会 No.38698 全国対応 弁護士法人アドバンス評価

 

無料相談は下記からどうぞ

 

 

上記の弁護士事務所は自己破産を含めた債務整理に慣れている弁護士事務所になっており、口コミ評判も高く実績も豊富な弁護事務所になっています。

 

自己破産や個人再生の手続きもスムーズで、任意整理では高い交渉力を発揮して借金の負担軽減を実現してくれます。

自己破産を含めた債務整理方法の特徴を解説

自己破産を含めた債務整理方法の特徴を解説画像

 

自己破産は借金整理の方法の一つに過ぎないのですが、強力な債務整理方法なので、借金整理の方法といえば自己破産しかないと思っている人が多いですが、実際にはそうではないです。

 

債務整理の方法は自己破産以外にも任意整理や個人再生といった方法があります。そのため自己破産にどうしても抵抗があるという人は、任意整理や個人再生で借金整理してはどうでしょうか?

 

自己破産

 

自己破産は債務整理の中でも一番借金の減額率が高い債務整理方法になっており、手続きが完了して免責許可が出れば、借金が免除されるので、借金で生活が苦しい人からすると最終手段になる債務整理方法になります。

 

裁判所を通して行う債務整理で、法的に借金をすべてなくせるので、借金生活から立て直すには最適な債務整理方法になります。

 

ただ自己破産は裁判を通して行うので手続き方法が非常に複雑です。そのため弁護士に依頼して手続きをするのが通常になります。

 

借金の金額が大きい方には一番おすすめできる債務整理方法だと考えます。

 

参照:自己破産の詳細情報はこちら

 

任意整理

 

任意整理は裁判所を通さずに、直接借金している金融機関と交渉して、金利の免除や借金の減額を交渉するという債務整理方法になります。

 

裁判所を通さずに行える債務整理方法なので手続き自体はそこまで難しくはないですが、金融業者との交渉が必要になってくるので、債務整理慣れた弁護士に任せるのが基本になります。

 

車や持ち家などの資産を処分する必要もなく、裁判所を通さないので弁護士費用も債務整理の中では一番安く、債務整理の中では一番頻繁に行われている債務整理方法になります。

 

ただ交渉結果によって借金の減額率などの成果が違ってくるので、交渉する弁護士選びが非常に大事になってくる債務整理方法になります。

 

参照:任意整理の詳細情報はこちら

 

個人再生

 

個人再生は任意整理と自己破産の中間のような債務整理方法になっています。

 

個人再生は自己破産と同様に裁判所を通して行う債務整理方法になっており、任意整理よりも借金の減額率が高いですが、自己破産のように車や持ち家を処分する必要のない債務整理になります。

 

自己破産のように借金が全額免除されるわけではないですが、最大で借金を10分の1にまで減らせるので借金の減額率は自己破産の次に高いです。

 

ただ手続き方法は非常に複雑なので、弁護士に依頼する必要があり、弁護士費用は自己破産と同じくらい必要になります。

 

参照:個人再生の詳細情報はこちら

 

自己破産を含めた任意整理や個人再生の特徴は上記のような感じになります。

 

こうして見ると自己破産以外にも色々な債務整理方法があり、どの債務整理方法が自分には最適なのか良くわからないという人もいるのではないでしょうか。

自己破産は管財事件か同時廃止かで費用や手続きが違ってくる

自己破産管財事件同時廃止

 

自己破産は資産の状況によって、管財事件同時廃止かに分かれて手続きを進めます。

 

自己破産をする際には車や持ち家などの高額資産が処分されますが、その際にどの資産が高額資産になるのか破産管財人が調査します。

 

つまり資産がある人が自己破産をすると、破産管財人が資産の調査や、その資産の分配方法を検討する時間が必要になります。

 

この破産管財人の手続きが必要な自己破産を「管財事件」と呼び、逆に資産がない人が自己破産の手続きをするときには「同時廃止」と呼びます。

 

同時廃止だと弁護士費用が安くなる!

 

資産を処分するための管財事件だと資産調査と分配に手間がかかりますが、資産がない人の同時廃止なら調査や分配の必要がないので手続きがその分だけ楽になり弁護士費用も安くなります

 

参照:自己破産の管財事件と同時廃止とは

 

自己破産では、管財事件か同時廃止かによって弁護士費用はもちろんですが、手続きに必要な時間も大きく違ってくるので、あらかじめ弁護士への無料相談などを活用して、自分の状況ではどちらの手続きになるのか聞いてみるといいです。

自己破産は弁護士と司法書士のどちらに依頼すればいいの?

自己破産弁護士司法書士

 

自己破産は手続きが複雑なので専門家に依頼して手続きするのが普通ですが、その際に弁護士と司法書士のどちらに依頼すればいいのかわからないという人は少なくないです。

 

弁護士と司法書士はどちらも自己破産の手続きを行っているので、双方でどのような違いがあるのか依頼する前に知っておくと良いです。

 

自己破産での弁護士と司法書士の違いは大きく分けて3つあります。

 

業務範囲の違い

 

弁護士なら自己破産を依頼したら基本的に全てを任せられるので、手続きについて余計な負担を背負い込む必要はないです。

 

ただ司法書士だと書類作成が主業務なので、裁判官との尋問には自分で対処する必要があります。

 

つまり司法書士に依頼すると、書類作成以外の手続きについては、申立人のサポートという形になるので、自分でも手続きで動く必要があります。

 

司法書士の場合には担当できる業務に限界があります。

 

費用や料金の違い

 

弁護士や司法書士への自己破産の依頼費用は司法書士の安いです。

 

司法書士は上記で説明したように担当できる業務が限定されているのでその分だけ弁護士よりも料金が安くなっています。

 

ただ裁判所に納める費用を比較すると、司法書士の方が高額になるケースもあったりするので、総合的に費用を比較すると、実は弁護士と司法書士であまり違いがないです。

 

同時廃止なら司法書士に有利かもしれないですが、多くの場合には管財事件か少額管財事件なので弁護士に依頼した方が無難だと思います。

 

単純に弁護士や司法書士の依頼費用だけでなく、裁判所に納める費用も比較して、どちらが安いのか検討しましょう。

 

手続き期間の違い

 

自己破産は管財事件か同時廃止かによって手続き時間が多く違ってきますが、その際に管財事件だと手続きに1年くらいかかる可能性があります。

 

管財事件だと資産調査などが必要になってくるのでその分だけ余計に時間がかかります。

 

弁護士だと事前に資産調査が可能なので、短縮できるだけでなく、一部の裁判所では弁護士だと即日面談制度というものがあり、申し立てをした当日に破産手続きの開始決定が下る制度があります。

 

そのため手続きに必要な期間は弁護士の方が早くて迅速だと思って間違いないです。

 

依頼費用面では司法書士が有利かもしれないですが、スピードや手続きの手間では弁護士の方が圧倒的に有利です。

 

費用面では依頼費用は司法書士の方が有利ですが、裁判所に納める費用では弁護士の方が有利なので、完全に費用面で司法書士が有利かというと疑問です。

 

私は総合的に見ると自己破産では弁護士の方が有利なのではないかと感じます。

 

参照:自己破産での弁護士と司法書士の違い

自己破産等の債務整理の費用相場

自己破産等の債務整理の費用相場画像

 

自己破産を含めた債務整理にドレくらいの費用が必要なのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

下記で上記で紹介している弁護士事務所の債務整理の費用相場についてそれぞれ載せているのでよかったら参考にしてください。

 

当サイトおすすめ法律事務所の自己破産費用相場
事務所名 自己破産料金
サンク総合法律事務所 別途相談
東京ミネルヴァ法律事務所 負債額3,000万円以内の場合、着手金50万円
サンク総合法律事務所 別途相談
名村法律事務所 着手金:200,000円

報奨金:200,000円
その他諸費用

天音法律事務所 別途相談
弁護士法人アドバンス 着手金:20万円〜

報酬金:20万円〜

そうや法律事務所 着手金:300,000円?

報酬金:200,000円?

東京ロータス法律事務所 着手金 \200,000

報酬金 \200,000
その他諸費用

サルート法律事務所 着手金、報酬金(特別の場合を除き):500,000円〜
アヴァンス法務事務所

270,000 円(消費税別)
※管財事件の場合は、別途追加費用

 

自己破産手続きの弁護士事務所の一般的な費用相場は50万円から60万円くらいというケースが多いと思います。

 

そのため東京ロータス法律事務所、名村法律事務所や弁護士法人アドバンスの自己破産の依頼費用は結構お得だと思います。東京ロータス法律事務所も安いと思います。

 

一般的には東京ミネルヴァ法律事務所の依頼料金が一般的な相場だと思っておくといいと思います。

 

こうして費用を比較するとアヴァンス法務事務所が飛びぬけて依頼費用が安いように見えますが、司法書士なので裁判所へ納める予納金が弁護士よりもかなり高額になるので、総合的な費用では弁護士の方がお得です。

 

司法書士の場合だと、20万円以上資産がある場合だと管財事件になり、予納金が50万円以上かかる可能性があるということは知っておきましょう。

 

アヴァンス法務事務所の場合は任意整理などを検討している場合に利用を考えるといいと思います。

 

自己破産を中心に債務整理方法を検討しているならランキング上位の「サンク総合法律事務所」「東京ロータス法律事務所」「名村法律事務所」「東京ミネルヴァ法律事務所」「弁護士法人アドバンス」あたりの無料相談を利用するといいかと思います。

自己破産で依頼してはいけない弁護士の見極め方

自己破産で依頼してはいけない弁護士の見極め方

 

自己破産を利用する場合に最初に相談する弁護士事務所や手続きを依頼する弁護士事務所は非常に重要です。

 

弁護士事務所選びに失敗すると自己破産手続きで失敗してしまったり、自己破産後に説明不足があって後悔するということもありえます。

 

そこで自己破産を利用する場合にどのような弁護士事務所に依頼してはいけないのかをまとめました。

 

自己破産を依頼してはいけない弁護士とは?
  • 弁護士会の登録番号が確認できない
  • こちらの話を聞かずに一方的に話す
  • 安さを唯一のアピールポイントにしている
  • 無料相談を行ってない
  • 電話しても対応してくれない
  • 債務整理をメイン案件にしてない事務所

 

弁護士会の登録番号が確認できない

 

まともな弁護士事務所は弁護士会に登録しているので、ホームページなどに「東京弁護士会所属 第〇〇〇〇〇号」というような感じでしっかりと登録番号を記載しています。しっかりと登録番号があるということは日弁連から審査を受けて登録を受けたという正規の弁護士です。

 

自己破産を行っている事務所の中には、着手金だけを受け取って手続きせずに逃げるようなところもあったります。

 

そういった事務所は登録してない詐欺事務所なので注意が必要です。また悪質な事務所は偽の登録番号を載せているところもあるので、怪しいと思ったら登録番号検索も可能なので確認してみるといいです。

 

参照:弁護士登録番号検索/日本弁護士連合会

 

こちらの話を聞かずに一方的に話す

 

弁護士の中にはこちらの話を聞かずに一方的に説明して、勝手に手続きを進めようとするところもあります。

 

債務整理は借金状況や借金理由、資産状況などによって利用すべき債務整理方法は違ってくるので、しっかりと依頼者の話を聞いて、どのような状況なのかを正確に把握する必要があります。

 

しかし中には話を聞かずに一方的に自己破産を勧めてくる事務所もあったりするので、そういった事務所は利用しないほうがいいです。

 

しっかりとこちらの話を聞いて、こちらの意向に沿った解決案を提示してくれるような事務所を利用するようにしましょう。

 

依頼料金の安さを強調する事務所

 

自己破産を利用する方はお金が手元にないケースが多いので、どうしても依頼料金の安い弁護士事務所を利用したいと思います。

 

もちろん依頼料金が安い事務所を選ぶことは間違ってないのですが、あまりに依頼料金が安い事務所は何か事情があるケースが多いです。

 

自己破産は手続きなのでどこの事務所も手間は同じです。それなのに依頼料金が明らかに安いような場合は、依頼が少ない不人気の事務所だったり、経験が浅くて経験を積みたい実績のない事務所の可能性があります。

 

また大手の事務所で安いケースだと、依頼が多すぎて対応がおざなりになっていて、満足な対応をしてくれないこともあります。

 

単純に依頼料金の安さで事務所を選ぶと失敗する可能性があるので注意が必要です。

 

無料相談を行ってない

 

自己破産などの債務整理案件に力を入れている事務所なら無料相談は当たり前のようにやっているサービスです。

 

借金問題を抱えている人が弁護士の有料相談を利用するわけはないので、無料相談を行ってない事務所は自己破産の依頼は少ないです。

 

実際に債務整理をやっている事務所では無料相談をやっている事務所が多く、当サイトに掲載している事務所は全て無料相談を行っています。

 

離婚や相続などの案件ならともかく、債務整理案件に関して無料相談をやってない事務所は、借金案件に力を入れてないとみなしていいと思います。

 

電話しても対応してくれない

 

自己破産を検討している場合には弁護士に電話やメールで相談するのが普通です。

 

電話した場合に状況によっては席を外していて出れないこともあると思いますが、そういった場合にはその日のうちや翌日には折り返しの電話が来るのが普通です。しかしいつまでも連絡がこないような場合は、多忙なのか対応する人がいないという可能性があります。

 

メールの場合も同様で、何度相談フォームから相談しても返信がないような事務所も対応する人がいない可能性があります。

 

このような事務所だと、依頼したとしても満足の行く対応をしてもらえない可能性があるので除外してしまった方がいいです。

 

債務整理をメイン案件にしてない事務所

 

弁護士事務所にも得意分野とそうでない分野があります。弁護士の公式サイトを見るとよくわかるのですが、事務所によってメインとして前面に出している案件が違うということがわかると思います。

 

事務所によっては交通事故をメインにしていたり、相続や離婚をメインにしている事務所もあります。

 

そのためどうせなら債務整理をメインにやっている事務所をに依頼したほうがいいです。メイン案件は得意案件ということなので手続きにも慣れていて、色々な借金事例も経験してきているので、的確なアドバイスを期待できます。

 

逆にメイン案件でない場合には、どの程度の経験があるのか判断できないので、依頼する場合にリスクがあるのではと思います。

自己破産に関するQ&A

自己破産によくある質問をQ&A形式でまとめています。自己破産に関する疑問の解決に役立てばと思います。

 

自己破産したら家族に影響はないの?

自己破産しても家族や子供に直接影響はないです。ただ自己破産すると持ち家や自動車などの高額資産を失うことになるので、間接的な影響は受けることになります。そのため全く家族や子供に影響がないとは言い切れないです。
参照:自己破産による家族への影響

自己破産手続きが失敗することってあるの?

自己破産手続きは裁判所が免責を認めることによって借金返済の義務がなくなりますが、場合によっては裁判所が免責を出さないこともあり、その場合は自己手続きが失敗ということになります。具体的には免責不許可事由に該当するような事例の場合だと免責が認められないことがあるので注意が必要です。
参照:自己破産の免責不許可事由と裁量免責

自己破産でもゼロにならない借金はある?

自己破産してもゼロにならない借金はあります。基本的に消費者金融などの民間業者での借金は自己破産すればゼロになりますが、税金や罰金などの国に払うようなものは自己破産しても免責されないです。また養育費も免責されないですし、損害賠償金は理由によっては免責にならないです。こういった自己破産しても免責されない借金を非免責債権といいです。
参照:自己破産の非免責債権とは?

自己破産すると退職金は没収されるのか?

自己破産すると退職金も資産だとみなされているので没収対象になります。すでに受け取っている場合は現金になっているので、普通の資産と同じように扱われますが、まだ退職金を受け取ってない場合には、見込み額の4分の1か8分の1が差し押さえ対象になります。
参照:自己破産での退職金の取り扱い

自己破産でスマホ料金を精算するとスマホは没収?

スマホの端末料金を分割払いしていて、自己破産によって滞納料金が免責されてしまったら、その端末が利用できなくなります。端末料金は払い終えて、回線料金を滞納しているような状況だと一時的に利用できなくなります。端末料金も回線料金も滞納してないなら自己破産しても普通に利用可能です。
参照:自己破産によるスマホへの影響

自己破産したら年金は差し押さえられる?

自己破産しても公的年金は差し押さえ対象にならないので普通にもらい続けることができます。ただ個人年金については差し押さえ対象になってしまうので注意が必要です。公的年金は生活のライフラインになっているので、自己破産したとしても影響されないようになっています。ただ注意点もあるので下記を参考にしてください。
参照:自己破産した場合の年金への影響

自己破産後にクレジットカードは利用できる?

自己破産すると信用情報がブラックリストに登録されるのでクレジットカードが一時的に利用することができなくなってしまいますが、5年くらい我慢すればブラックリストから削除されるので、カード審査にも通るようになります。
参照:自己破産後にクレジットカードを作る方法

自己破産を検討しているなら無料相談から利用しよう

自己破産無料相談

 

借金返済で困っていて自己破産を含めた債務整理による借金整理を考えているなら、弁護士の無料相談を利用して借金問題の専門家に話を聞くことが一番重要になってきます。

 

自己破産は裁判所で手続きを行いますが、簡単に免責が認められて借金がなくなるというわけではないです。しっかりと裁判所での手続きを経て免責が認められます。

 

また自己破産ではギャンブルや投資、浪費などの借金理由だと免責不許可事由に該当するので自己破産が認めれないとされていますが、裁判所の裁量免責によって自己破産できるケースもあります。

 

このように自己破産は借金理由でアウトなケースでも免責が認められるケースも結構あったりします。ただそういった判断は素人ではなかなか難しいです。

 

そのため自己破産ができるのかということも含めて、まずは自己破産などの借金問題に強い弁護士の無料相談を利用するといいです。

 

下記で都道府県別に当サイトおすすめの弁護士事務所を載せているのでよかったら参考にしてください。

 

手元にお金が無くても自己破産は可能です!
自己破産は手元にお金がまったくない状況でも手続きするこが可能です。当サイトに掲載してる自己破産におすすめな弁護士事務所は、自己破産の依頼費用の支払い方法についても相談に乗ってくれるので、まずは無料相談を利用して話を聞いてみるといいと思います。
自己破産が得意な弁護士を探す!

都道府県別債務整理や借金相談にオススメな弁護士事務所を厳選!

北海道・東北地方 北海道青森県宮城県
関東地方 茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方 長野県新潟県静岡県愛知県岐阜県三重県
近畿地方 京都府大阪府兵庫県
中国地方 岡山県広島県
九州・沖縄地方 福岡県長崎県熊本県鹿児島県

自己破産対応の弁護士の特徴から選ぶ

料金・費用が安い
分割払い後払い
電話相談無料
土日祝日相談

自己破産する理由や状況から選ぶ

カードローン
クレジットカード
無職退職
母子家庭
ギャンブル
株取引FX
不動産投資
闇金
奨学金
慰謝料養育費
サラ金・消費者金融
家賃滞納
自動車ローン
教育ローン
医療費
病気・ケガ
税金・社会保険料
公共料金・水道光熱費