自己破産後車のローン購入や車の所有の方法を徹底解説

自己破産すると一定期間は車をローン購入することができない

自己破産すると一定期間は車をローン購入することができない画像

 

自己破産をする車のローンはもちろんですが、クレジットカードなどを使うこともできなくなるというのはよく知られていることです。

 

クレジットカードなどが使えなくなるということは、当然ですがローンも使えなくなるのは当然と言えると思います。

 

これは自己破産することによって、金融業者間で共有する信用情報のデーターベースにブラックリストとして掲載されてしまうのが原因になります。

 

金融業者間で共有するデーターベースですので、銀行はもちろんですが、クレジットカード会社やローン会社などでも共有されるので、自己破産して借金を踏み倒したという情報が載ってしまうということになります。

 

金融業者からするとそういったブラックリスト掲載された人にお金を融資して何かあったら困るので、ブラックリストに掲載された人には車のローンを含めた借金などは不可能になります。

 

とは言っても、この金融業者間で共有されるブラックリストについては、一生掲載されるとうことはなく、一定期間が過ぎればブラックリストから削除されるので、ずっと車のローンが組めなかったり、クレジットカードが利用でいないわけではないです。

 

ではどの程度の期間が過ぎると車のローン購入が可能になるのでしょうか?

自己は産後に車のローン購入ができるのは5年から7年経過後

自己は産後に車のローン購入ができるのは5年から7年経過後画像

 

自己は産後に車のローン購入ができるのは、金融機関の間で共有されているブラックリストから削除される5年後から7年後くらいだとされています。

 

自己は産後には、この5年から7年くらい期間が経過すると、自己破産をした事故歴がデータベースから削除されるのでローン審査が通りやすくなります

 

しかし自己破産した際に、借金が免責されて損をした金融業者やその系列会社では個別に事故情報として保管しているので、ローン審査が通らない可能性が高いです。

 

そのため車購入の際にのローンでは、自己破産したい際に借金の免責とは関係ない金融機関を利用すると審査が通りやすくなるので知っておきましょう。

 

ただ5年から7年も車のローン購入ができないのは辛いと感じる人もいるのではないでしょうか。

 

もっと早くに車をローンで購入したいと思っている人もいると思います。特に住んでいる地域によっては車を持てないのは致命的なことになりかねないです。

 

妻名義で車のローンを組むという方法も考えられる

 

自己破産をすると、その人の信用情報やブラックリストに掲載されるので、クレジットカードや車購入の際などにローンを組むことはできないですが、それはあくまでもその人個人のことになります。

 

つまり自己破産をしても妻に影響はでないということです。

 

そのため自己破産後にどうしても車が必要で、車をローンで購入したいと思っているのなら妻名義でローンを組んで購入するという方法が考えられます。

 

まあ、この方法は結婚している人ななどに利用できる方法なのですべての人に利用できるわけではないですが参考にしてください。

 

ではそもそも自己破産をする際に、車を所有した状態で破産することはできないのでしょうか?

車を所有した状態で自己破産することは可能なのか?

車を所有した状態で自己破産することは可能画像

 

自己破産をする際に車がなくなるので自己破産することができないという人も中にはいるのではないでしょうか。

 

都会なら車がなくても普通に生活することはできますが、地方だと車がないと生活がなりたたないという現状があるので、どうしても車が手放せないという人もいると思います。

 

自己破産すると車を強制的に差し押さえられると思っている人もいますが、実際にはそうではないです。

 

車の価値が20万円以下なら処分対象の資産からは外れるので、そのまま所有することが可能です。

 

ただ自己破産する際に、自動車ローンを払い続けているような場合だと、ローン会社によって車が引き上げられてしまうので、上記の車の価値が20万円以下という条件はローンを払い終わっている場合に限ります。

 

車の資産価値が20万円以下なのかの判断基準とは

 

自己破産する際に車の価値が20万円以下の場合には所有できるということで、自分の車の価値が大体どれくらなのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

基本的に車の価値は初年度登録から10年くらい経過すると価値がほぼ0円だと判断されることが多いので、どれくらいの乗っているのかということが一つの基準になっていきます。

 

ただ外車などの特殊な車についてはこういった年数による価値基準の範疇から外れることがあるので注意しましょう。

 

車の価値を詳細に調べるには中古車買い取り店などに査定してもらい査定証をもらうようにすると、それが車の価値証明になります。

 

車の価値が20万円以上でも裁判所の判断で車を所有できる可能性もある

 

自己破産では裁判所の判断によって免責が認められたりするので、自己破産する際には裁判官によって個人の状況が加味されて車の所有が可能になるケースもあります。

 

近年では過疎化によって地域で暮らす人の場合だと車が必須になっていることがるので、持病の影響で車での通院が必要だったり、家族の介護のために車が必要だったりして、生活にどうしても車が必要だというケースがあります。

 

そういった場合には裁判所の判断で車の所持が認められる可能性もあります。

 

何か事情があって車の所有が必要な場合には、自己破産の手続きを依頼する弁護士などと話してみるといいです。

 

自己は産後の家族名義の車の所有は可能なのか?

自己は産後の家族名義の車の所有は可能画像

 

自己破産をすると自分の車が所有できない可能性が高いというのは上記でも説明していると思いますが、家族名義の車はどうなのかと気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

基本的に自己破産してもその家族や配偶者に影響が出ることはないです。

 

つまり自分が自己破産したとしても、妻や夫などの配偶者の車は処分対象にはならないということです。

 

ただそれは別世帯の場合ではないかと思っている人もいますが、これは同じ世帯でも大丈夫なので問題ないです。

 

ただこういったことを利用して自己破産前に急いで車の名義を家族の誰かに変更するようなことをすると、資産隠しと思われてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

資産隠しだと思われてしまうと、自己破産しても免責が認められずに、借金がそのままなくならずに残ってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

焦って車の名義を変えたり、余計なことをすると自己破産自体が無駄になってしまう可能性があるので注意が必要です。

自己破産する前には弁護士に車について相談しよう!

自己破産する前には弁護士に車について相談画像

 

自己破産によって車が競売にかけられて、なくなるかどうかは素人にはなかなか判断できないものです。

 

自己破産後に生活のために車が必要だという場合でも、自己破産の手続きをするのは弁護士なので、弁護士に詳しく事情を話すことが大事になってきます。

 

また自己破産などの債務整理に慣れているような弁護士の場合なら、あなたの車がどうなるのかある程度の見通しができると思います。

 

自己破産では弁護士が裁判官と話す機会があるので、そういった場合にしっかりとした交渉能力のある弁護士に依頼することが大事になってきます。

 

自己破産の場合には裁判所の判断によって例外が認められることも珍しくないので、そういった条件を引き出すためにも弁護士の力量は大事になってきます。

 

自己は産後にどうしても車が必要だと言う場合には、まずは弁護士に相談して可能なのかどうか話を聞いてみるといいと思います。

 

そこで自己破産するかどうか決断するといいです。

 

当サイトでは全国対応で無料相談に応じている弁護士事務所をいくつか載せてるので、自己破産を検討しているならまずは無料相談を利用して自分の希望や自己破産の手続きについて話してみるといいと思います。

 

自己破産について分からないことを相談

 

自己破産でなどの債務整理の無料相談が可能な事務所はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加