自己破産すると家族カードはどうなるのか?

家族カードとはどのような仕組みなのか?

家族カードとは

 

家族カードを利用している世帯はそこまで多くはないと思いますが、家族カードを利用している世帯で自己破産をすると、家族カードにはどのような影響が出るのでしょうか?

 

家族カードとは?

 

家族カードは安定した収入のある契約者がいると、家族もクレジットカードサービスを利用できるというものです。そしてその家族が利用するクレジットカードを「家族カード」と呼びます。そのため専業主婦や学生などの収入がない人がクレジットカードを持つために、家族カードを利用するという感じになります。家族カードを利用した分は契約者の口座からまとめて自動で引き落とされます。

 

家族カードは収入のある人が契約者で、その家族は基本的に無審査でクレジットカードを持つことができるという特徴があるので、本当ならクレジットカードが持てない人も持つことが可能になります。

 

家族カードの対象はクレジットカード会社によって条件が違ってくるようですが、基本的には同一世帯の配偶者、親、子供などが対象になるようです。

 

そんな家族カードですが、自己破産すると当然何かしらの影響が出ると考えられますが、家族の誰が自己破産したかによって家族カードの取り扱いは違ってきます。

自己破産によって家族カードに影響が出る場合と出ない場合がある

自己破産家族カード

 

自己破産をすると家族カードを利用することはできなくなると思う人も多いかと思いますが、必ずしも自己破産すると家族カードにすぐに影響が出るとは限らないです。

 

自己破産した場合に家族カードに影響が出るのは本契約者が自己破産した場合になります。

 

自己破産による家族カードへの影響まとめ

 

自己破産した人が本契約者の場合

 

自己破産したのが家族カードの本契約者の場合には、当然自己破産によって信用情報がブラックリストに掲載されてしまうので、クレジットカードは利用できなくなってします。

 

家族カードでは本契約者がカードを利用できなくなったら、他の家族もカード利用停止になってしまいます。家族カードの場合は、利用料金が本契約者の口座からまとめて引き落とされるので、その人が自己破産したら家族カード自体の仕組みが利用できなくなります。

 

自己破産したのが契約者の家族の場合

 

自己破産したのが本契約者の家族の場合には、自己破産によって家族カードが利用できなくなるということはないです。基本的に自己破産するとクレジットカードを利用できなくなるのが普通なのですが、家族カードについてこの部分は例外になります。

 

そもそも家族カードは他の人の名義で発行されたクレジットカードなので、その名義人以外の人が自己破産したとしても家族カードには影響はでないということです。

 

家族カードで利用料金を支払っているのは本契約者なので、その本契約者以外の人が自己破産しても信用情報に影響はなく、支払も行われるので問題ないと判断されます。

 

つまり旦那が本契約者で家族カードを使っている場合、妻や子供が自己破産したとしても、家族カードはそのまま引き続き利用することができるということです。

 

逆に本契約している旦那が自己破産してしまうと、自己破産してない妻や子供の家族カードも利用できなくなってしまうということになります。

自己破産後に新規の家族カードは作れるのか?

自己破産後に新規の家族カード

 

自己破産した後の新規の家族カードについてはどうなのでしょうか?

 

自己破産した後でもクレジットカードを利用したいと思う人は多く、家族名義での家族カードでもいいので、自己破産後にクレジットカードを持ちたいという人は多いです。

 

自己破産後の新規の家族カードの発行についても、本契約する人と、その家族とに分けて解説していこうと思います。

 

自己破産後の新規の家族カードまとめ

 

自己破産した人が本契約で家族カードを作る場合

 

自己破産した人はクレジットカードを作れないと思っている人も多いですが、自己破産後10年経過した場合には信用情報がブラックリストから外れるので、新規に本契約で家族カードを作ることができます。

 

ただ10年間は自己破産の影響によって家族カードはもちろんですが、普通のクレジットカードも作ることができないので覚悟しておきましょう。

 

自己破産した家族と同居している場合で家族カードを作る場合

 

家族カードの本契約人は自己破産してないけど、家族カードを与える妻や子供や親などが自己破産している場合です。

 

普通なら自己破産してないならクレジットカードを作るのに何の影響もないので、家族カードも発行できると思うのですが、信用審査の過程で同居する家族に自己破産者がいる場合には、審査に落ちる可能性があるようです。

 

必ず審査に落ちるというわけではないですが、カード会社によって判断が違ってくるので、ケースバイケースの場合が多いようです。

 

自己破産した後の新規の家族カード作成については、自己破産した人が本名義人でない場合なら、クレジットカードを発行してもらえる可能性はあるようですが、場合には断られる可能性があるということは知っておきましょう。

自己破産での家族カードの取り扱いまとめ

自己破産での家族カードの取り扱いまとめ

 

自己破産した人が家族カードを利用する場合に、本契約している人が自己破産したのかどうかということが一番の問題になってきます。

 

自己破産した人が家族カードの本契約人の場合だと、信用情報がブラックリストに掲載されるので、家族カードはもちろんですがクレジットカード自体全て利用できなくなると思った方がいいです。

 

また新規にカードを作る場合には10年程度の期間が必要になってきます。

 

家族カードの本契約人が自己破産してない場合なら、妻や子供などが自己破産しても、家族カードは引き続き利用することができます。

 

ただ新規に家族カードを作る場合には、家族に自己破産者がいることによって断られる可能性があります。

 

ちなみに自己破産者と世帯が別で独立しているような場合には、自己破産者の影響なくカードを作ることができます。

 

自己破産での家族カードの取り扱いは、本契約人が経済的にどうなのかということが重要になってきます。