自己破産の無料相談ができる弁護士事務所の比較ランキングを徹底解説

自己破産に対応した弁護士事務所比較ランキングで無料相談

自己破産は借金が免責になるのが特徴の最強の債務整理方法になります。

 

自己破産にネガティブなイメージを持つ人が多い

自己破産と聞くと何となく拒否反応を示す人がして「どうしても自己破産だけは避けたい」という人が意外と多いです。何となく自己破産と聞くと家や車を含めてすべてのものが没収されて無一文になるイメージがある人が多いようですが実際にはそんなことはないんですよね。

 

自己破産について多くの人が間違ったイメージを持っているので、その辺りについて解説しながら、自己破産などの債務整理に最適な弁護士事務所についても解説していこうと思います。

 

もしも、借金が増えすぎて返済しても追いつかないようなら、そのままにしていても借金が増えるだけで何の解決にもならないのでできるだけ早く自己破産を含めた債務整理を検討するようにするといいと思います。

 

借金の状況によっては自己破産の必要がない場合もあるので、まずは弁護士などの法律の専門家に相談するといいです。

 

自己破産などの債務整理については無料相談を受け付けている法律事務所があるので、無料相談を利用すると余計な費用がかからなくて便利だと思います。

自己破産を含めた債務整理の無料相談を行っている弁護士事務所比較ランキング

自己破産等の無料相談できる弁護士・法律事務所ランキング!

弁護士法人天音法律事務所
天音法律事務所

弁護士法人天音法律事務所は口コミなどの評判も良い弁護士事務所になっており、代表弁護士の人見勝行先生は著書も出版しているくらい著名な弁護士です。

 

無料相談もしっかりと対応しており、24時間365日相談を受け付けており、全国対応なので北海道から沖縄まで債務整理などの借金問題を受け付けています。

 

また初期費用0円で分割払いの相談も可能なので、お金がない人でも債務整理しやすいような支払設定になっています。

 

弁護士法人天音法律事務所の大きな特徴は相談が何度でも無料で行えるということです。

 

無料相談は下記からどうぞ

 

天音法律事務所公式サイト画像

無料相談 初期費用 評価
24時間受付 土日夜間も受付OK 初期費用0円 全国無料相談 自己破産,無料,相談,比較,ランキング

弁護士法人サンク総合法律事務所
弁護士法人サンク総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所は債務整理の実績が非常に豊富な弁護士事務所になっており、月600件以上の相談実績を誇っている債務整理に慣れている弁護士事務所になっています。

 

弁護士法人サンク総合法律事務所には女性弁護士も在籍しており、男性に話しにくいことも話せるということで女性から人気の弁護士事務所になっております。

 

弁護士法人サンク総合法律事務所も24時間無料相談に応じており、全国対応で沖縄から北海道まで債務整理に対応しています。初期費用も0円で柔軟に支払い方法について対応してくれるので評判も高いです。

 

無料相談は下記からどうぞ

 

弁護士法人サンク総合法律事務所公式サイト画像

無料相談 初期費用 評価
24時間365日全国対応 初期費用0円 全国借金無料相談 自己破産,無料,相談,比較,ランキング

弁護士法人サルート
弁護士法人サルート法律事務所画像画像

弁護士法人サルートも債務整理の実績が豊富な弁護士事務所になっており、上記の2つの弁護士事務所と同様に24時間365日で無料相談に応じている弁護士事務所になっています。

 

全国対応でこちらも北海道から沖縄まで対応しており、初期費用0円で債務整理を依頼することができます。借金の取立や督促にたいしてもスピーティーに対応してくれるので評判が高いです。

 

無料相談は何度でもいつでもメール等で受け付けているので無料相談で気軽に相談できる弁護士事務所の候補の1つになります。

 

無料相談は下記からどうぞ

 

公式サイト画像

無料相談 初期費用 評価
24時間365日全国対応 初期費用0円で相談料無料 自己破産,無料,相談,比較,ランキング

 

上記の弁護士事務所は自己破産を含めた債務整理に慣れている弁護士事務所になっており、口コミ評判も高く実績も豊富な弁護事務所になっています。

 

自己破産や個人再生の手続きもスムーズで、任意整理では高い交渉力を発揮して借金の負担軽減を実現してくれます。

自己破産を含めた債務整理方法の特徴を解説

自己破産を含めた債務整理方法の特徴を解説画像

 

自己破産は借金整理の方法の一つに過ぎないのですが、強力な債務整理方法なので、借金整理の方法といえば自己破産しかないと思っている人が多いですが、実際にはそうではないです。

 

債務整理の方法は自己破産以外にも任意整理や個人再生といった方法があります。そのため自己破産にどうしても抵抗があるという人は、任意整理や個人再生で借金整理してはどうでしょうか?

 

自己破産

 

自己破産は債務整理の中でも一番借金の減額率が高い債務整理方法になっており、手続きが完了して免責許可が出れば、借金が免除されるので、借金で生活が苦しい人からすると最終手段になる債務整理方法になります。

 

裁判所を通して行う債務整理方法で、法的に借金をすべてなくすことができるので、借金生活から立て直すには最適な債務整理方法になります。

 

ただ自己破産は裁判を通して行うので手続き方法が非常に複雑です。そのため弁護士に依頼して手続きをするのが通常になります。

 

借金の金額が大きい場合には一番おすすめできる債務整理方法だと考えます。

 

参照:自己破産の詳細情報はこちら

 

任意整理

 

任意整理は裁判所を通さずに、直接借金している金融機関と交渉して、金利の免除や借金の減額を交渉するという債務整理方法になります。

 

裁判所を通さずに行える債務整理方法なので手続き自体はそこまで難しくはないですが、金融業者との交渉が必要になってくるので、債務整理慣れた弁護士に任せるのが基本になります。

 

車や持ち家などの資産を処分する必要もなく、裁判所を通さないので弁護士費用も債務整理の中では一番安く、債務整理の中では一番頻繁に行われている債務整理方法になります。

 

ただ交渉結果によって借金の減額率などの成果が違ってくるので、交渉する弁護士選びが非常に大事になってくる債務整理方法になります。

 

参照:任意整理の詳細情報はこちら

 

個人再生

 

個人再生は任意整理と自己破産の中間のような債務整理方法になっています。

 

個人再生は自己破産と同様に裁判所を通して行う債務整理方法になっており、任意整理よりも借金の減額率が高いですが、自己破産のように車や持ち家を処分することなくできる債務整理方法になります。

 

自己破産のように借金が全額免除されることはないですが、最大で借金を10分の1にまで減らすことができるので借金の減額率は自己破産の次に高いです。

 

ただ手続き方法は非常に複雑なので、弁護士に依頼する必要があり、弁護士費用は自己破産と同じくらい必要になるということは知っておきましょう。

 

参照:個人再生の詳細情報はこちら

 

自己破産を含めた任意整理や個人再生の特徴は上記のような感じになります。

 

こうして見ると自己破産以外にも色々な債務整理方法があり、どの債務整理方法が自分には最適なのか良くわからないという人もいるのではないでしょうか。

自己破産は管財事件か同時廃止かで費用や手続きが違ってくる

自己破産管財事件同時廃止

 

自己破産は資産の状況によって、管財事件同時廃止かに分かれて手続きを進めることになります。

 

自己破産をする際には車や持ち家などの高額資産が処分されることになりますが、その際にどの資産が高額資産になるのか破産管財人が調査することになります。

 

つまり資産がある人が自己破産をすると、破産管財人が資産の調査や、その資産の分配方法を検討する時間が必要になってくるということです。

 

この破産管財人の手続きが必要な自己破産を「管財事件」と呼び、逆に資産がない人が自己破産の手続きをする場合には「同時廃止」と呼びます。

 

同時廃止だと弁護士費用が安くなる!

 

資産を処分するための管財事件だと資産調査と分配に手間がかかりますが、資産がない人の同時廃止なら調査や分配の必要がないので手続きがその分だけ楽になり弁護士費用も安くなります

 

参照:自己破産の管財事件と同時廃止とは

 

自己破産する場合には、管財事件か同時廃止かによって弁護士費用はもちろんですが、手続きに必要な時間も大きく違ってくるので、あらかじめ弁護士への無料相談などを活用して、自分の状況ではどちらの手続きになるのか聞いてみるといいです。

 

自己破産後の生活への影響とは?

自己破産後生活

 

自己破産した際に気になるのが、自己破産後にどのような生活になるのかということではないでしょうか。

 

自己破産すると「人生終わり」というような間違ったイメージを持っている人が多いので、自己破産後の生活についてしっかりとした正しい情報を知っておくことは大事なことです。

 

下記で自己は産後の生活への影響についてまとめたので参考にしてください。

 

仕事や会社について

 

自己破産すると会社を解雇されるのか気になっている人もいますが、基本的に自己破産したからといって会社を解雇されることはないです。

 

ただ仕事によっては免責が確定するまで、仕事に就けない職業もあるので注意が必要です。

 

自己破産による影響がある職業については下記でまとめているので参考にしてください。

 

参照:自己破産による仕事や会社への影響とは

 

住宅ローンについて

 

自己破産に限ったことではなく、債務整理をすると住宅ローンを含めてローンを一定期間くめなくなってしまいます。

 

ただ一生ローンが組めなくなるわけではなく、一定期間が過ぎたら普通にローン審査にも通るようになります。

 

それまで待てない場合なら、配偶者名義などでら住宅ローンを組むことができるのでそこまで心配する必要はないです。

 

自己破産後に住宅ローンを組むことを検討する場合にどういったことに気をつければいいのか参考になると思います。

 

参照:自己破産による住宅ローンの取扱い

 

車について

 

自己破産すると車などの高額資産は没収されて、債権者への配当として分配されてしまいますが、全ての車が没収されるというわけではなく、自己破産後も残せる車があります。

 

自己破産後はしばらくはローンを組むことができないので車購入は難しいですが、それでもまったく方法がないわけではないです。

 

自己破産後に車を所有する方法はあるのかどうかについても解説しているので下記を参考にしてください。

 

参照:自己破産による車の取扱い

 

スマホや携帯電話について

 

普段からスマホや携帯電話を手放せないという人はかなり多いので、自己破産によってスマホや携帯電話の契約に影響がでないかどうか心配になっている人も少なくないのではないでしょうか。

 

スマホや携帯電話の料金の支払状況滞納状況によって自己破産後に影響が出るのか大きく変わってくるので注意が必要です。

 

実際に自己破産する人の中には端末料金や回線料金を滞納している人もいるのでではないでしょうか。

 

自己破産後のスマホや携帯電話の分割購入や、新規契約について解説しているので下記を参考にしてください。

 

参照:自己破産によるスマホや携帯電話の取り扱いについて

 

インターネット契約について

 

自己破産の影響がインターネット契約まで及ぶということについて考えが及ばない人も多いのではないでしょうか。

 

現代の日本ではインターネットは当たり前にあるものだと思っている人も多いですが、自己破産によって料金を滞納していたりすると、自己破産の影響を受ける可能性があります。

 

当たり前にあるものが利用できなくなると日常生活に非常に大きな影響を与えることになるので下記を参考にしてください。

 

参照:自己破産によるインターネット契約への影響について

 

年金について

 

自己破産すると資産が差し押さえられるというのは良く知られていることですが、その中に年金も含まれているのではないかと心配する人は非常に多いです。

 

年金が唯一の収入源になっている人も少なくないので、自己破産によって年金が差し押さえられたら生活できないという人もいます。

 

しかし結論を言ってしまうと自己破産しても年金が差し押さえられることはないです。

 

ただ場合によって振り込まれた年金が引き出せないことになる可能性があるので注意が必要では詳細は下記を参考にしてください。

 

参照:自己破産による年金への影響について

 

自己破産によって自分の私生活にどのような影響が出るかというのは、その人の借金の状況や資産状況によって違ってくるので一概に語ることはできないです。

 

ただ自己破産による影響が一生続くというこはないので安心して大丈夫です。

 

自己破産すると、その後生活できないと思っている人もいますが、それはリスクを過度に考えすぎです。人によっては自己破産後も以前と同じで生活に影響をあまり受けない人も少なくないです。

自己破産は弁護士と司法書士のどちらに依頼すればいいの?

自己破産弁護士司法書士

 

自己破産は手続きが複雑なので専門家に依頼して手続きするのが普通ですが、その際に弁護士と司法書士のどちらに依頼すればいいのかわからないという人は少なくないです。

 

弁護士と司法書士はどちらも自己破産の手続きを行っているので、双方でどのような違いがあるのか依頼する前に知っておくことは大事なことです。

 

自己破産での弁護士と司法書士の違いは大きく分けて3つあります。

 

業務範囲の違い

 

弁護士の場合には自己破産を依頼したら基本的に全てを任せることができるので、手続きについて余計な負担を背負い込む必要はないです。

 

ただ司法書士の場合には書類作成が主業務なので、裁判官との尋問には自分で対処する必要があります。

 

つまり司法書士に依頼した場合には、書類作成以外の手続きについては、申立人のサポートという形になるので、自分でも手続きで動く必要があります。

 

司法書士の場合には担当できる業務に限界があるということを知っておきましょう。

 

費用や料金の違い

 

弁護士や司法書士への自己破産の依頼費用は司法書士の安いです。

 

司法書士は上記で説明したように担当できる業務が限定されているのでその分だけ弁護士よりも料金が安くなっています。

 

ただ裁判所に納める費用を比較すると、司法書士の方が高額になるケースもあったりするので、総合的に費用を比較すると、実は弁護士と司法書士であまり違いがないということもあります。

 

単純に弁護士や司法書士の依頼費用だけでなく、裁判所に納める費用も比較して、どちらが安いのか検討することが大事です。

 

手続き期間の違い

 

自己破産は管財事件か同時廃止かによって手続き時間が多く違ってきますが、その際に管財事件の場合だと手続きに1年くらいかかる場合があります。

 

管財事件の場合だと資産調査などが必要になってくるのでその分だけ余計に時間がかかるということです。

 

弁護士の場合だと事前に資産調査が可能なので、短縮できるだけでなく、一部の裁判所では弁護士の場合だと即日面談制度というものがあり、申し立てをした当日に破産手続きの開始決定が下る制度があります。

 

そのため手続きに必要な期間は弁護士の方が早くて迅速だと思って間違いないです。

 

依頼費用面では司法書士が有利かもしれないですが、スピードや手続きの手間では弁護士の方が圧倒的に有利だということがわかります。

 

費用面では依頼費用は司法書士の方が有利ですが、裁判所に納める費用では弁護士の方が有利なので、完全に費用面で司法書士が有利かというと疑問です。

 

私は総合的に見ると自己破産の場合には弁護士の方が有利なのではないかと感じます。

 

参照:自己破産での弁護士と司法書士の違い

自己破産を検討する前に弁護士の無料相談を利用しよう

自己破産を検討する前に弁護士の無料相談を利用しよう画像

 

自己破産を含めて債務整理は任意整理や個人再生がありますが、どの債務整理方法が最適なのかということは、あなたの収入や借金金額、家庭の事情や資産などによって異なってくるので一概にどれがいいということは言えないです。

 

人によっては持ち家があるので、持ち家を残した状態で借金を減額したいと思っていたり、資産はないのでできるだけ借金を減額できる債務整理方法と思ったり、家族や会社の同僚に内緒で借金を整理したいなど、人によって色々な事情があります。

 

そういった状況でどの債務整理がいいのか判断するには、債務整理に慣れた弁護士への相談が重要になってきます。

 

自己破産を含めた任意整理や個人再生に共通するのは、手続きを弁護士に任せるのが通常だということです。

 

つまり自己破産などの債務整理を実際に行う場合には、弁護士に手続きを委任して借金整理してもらうということになります。

 

そのため債務整理に慣れている弁護士は色々な借金事情を抱えた顧客を担当してきており、その経験からどの債務整理が最適なのか判断してくれるということです。

 

債務整理に対応している弁護士事務所の中には無料相談を行っている所があるので、まずはいきなり債務整理を依頼するのではなく、無料相談を利用して自分の借金の状況を相談してみましょう。

 

自己破産等の債務整理の費用相場

自己破産等の債務整理の費用相場画像

 

自己破産を含めた債務整理にドレくらいの費用が必要なのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

下記で上記で紹介している弁護士事務所の債務整理の費用相場についてそれぞれ載せているのでよかったら参考にしてください。

 

任意整理の場合
  着手金 報奨金 減額報酬
天音法律事務所 債権者1件につき\39,800(税別) 債権者1件につき\19,800(税別) 10%(税別)
サンク総合法律事務所 債権者1件につき\39,800(税別) 債権者1件につき\19,800(税別) 10%(税別)
弁護士法人サルート 49,800円(債権者一件あたり) 19,800円(債権者一件あたり) 10%(債権者が主張する債務額の減額、免除された場合)

 

※任意再生の場合には他にも過払い金報酬やその他事務手数料などがかかる可能性があります。。さらに詳しい弁護士費用については公式サイトからご覧ください。

 

個人再生の場合
  料金
天音法律事務所 別途相談
サンク総合法律事務所 別途相談
弁護士法人サルート 500,000円〜

 

自己破産の場合
  料金
天音法律事務所 別途相談
サンク総合法律事務所 別途相談
弁護士法人サルート 500,000円〜

 

自己破産を含めたそれぞれの債務整理に対応した弁護事務所の費用相場は上記のような感じになります。

 

上記の3つの弁護士事務所以外の弁護士事務所もほとんどは上記のような料金相場だと思っておくといいです。

 

債務整理の弁護士費用は普通は相場から大きくかけ離れることはないので、上記のような料金からあまりにもかけ離れて安かったり、高かったりしたら注意した方がいいかもしれないですね。

 

普通の相場からかけ離れた料金設定をしているところはそれなりの理由がある可能性があります。

 

そういった意味でもある程度の弁護士費用の相場は知っておくと弁護士選びの参考になるかもしれないですね。

自己破産等の弁護士費用を安くする方法はあるのか

自己破産等の弁護士費用を安くする方法はあるのか画像

 

自己破産等の債務整理を検討している人が一番心配に感じているのが、弁護士費用をどうするかということではないでしょうか。

 

おそらく借金を何とかしたいと思っていても、弁護士費用が心配で利用を躊躇している人も多いのではないでしょうか。

 

意外と誤解している人が多いのですが、弁護士費用を心配して現在の借金情況を放置するのは賢い選択肢ではないです。

 

また弁護士費用については弁護士事務所のほうでもお金がないことは予めわかっていることなので、支払い方法についてかなり融通をきかせてくれます

 

自己破産等の債務整理を依頼すると借金の督促などがなくなるので、債務整理手続き中は返済に充てる予定だったお金を弁護士費用に充てることができます。

 

また法テラスには弁護士の立替制度などもあり、制度を活用すると負担は少なくなります。

 

さらに生活保護を受給している場合には、弁護士費用を無利子で貸してくれて、生活保護受給中は返済する必要がないので負担自体がないです。

 

経済状況によって弁護士費用を安くする方法はあるので、上記で載せている無料相談に応じている弁護士事務所の無料相談を利用してまずは相談してはどうでしょうか。

 

自己破産無料相談やじるし

 

自己破産無料相談ボタン